思い立ったが吉日

自分の好奇心のままにあれやこれ ドラマ感想を中心に興味あるものを綴っています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1リットルの涙 8

2005-11-30 10:12:56 | '05 秋のドラマ
『1リットルの涙』

自分の限界を感じる話。

今回の話ではいつものように要所要所で涙は流れたのだが、それよりも何か打ちのめされたようなそんな気持ちにさせられた。
手助けすることの大切さ、そして難しさ。
手助けしてもらうことへの感謝、そして難しさ。

亜也の病気は進行性である。昨日まで出来ていたことが、翌日には出来なくなるかもしれない。それは誰にも分からず、その度対応していくしかない。
何かしようとする度に、周りの助けを必要とする。
そしてその助けが一番必要なのが、亜也の生活の大半を過ごす東高。
『車椅子の生活になっても 友達は全然かわらない 友達っていいな。』
前回そう思っていた亜也にとって、今回の学級会での意見を聞いた気持ちを思うと何ともやるせなくなる。
亜也がどんなに頑張っても、彼女から色々なものが奪われていく現実。
学校を去ることを何となく予想しても、どこかでその予想だけは当らないで欲しいと願っているようだった。
自分の力だけは叶えられない願いを思うことが、いかに難しいものかを感じられた。

友だちも先の見えない現実に押しつぶされそうになる。
自分の力の限界を感じだす日々。助けたいという気持ちときついと思う気持ちが入り混じる日々は辛かっただろう。
早希のその辛い気持ちを身近なまりでさえ気付いていなかったということは、彼女一人で抱え込んで消化しようとしていたはずだ。
そういう早希のSOSのサインも感じ取れる人が周りにいればもっと状況は変わっていたかもしれない。

今回、亜也が学校を去ることは仕方のないことなのだろう。
しかし、彼女にとってその選択は望んだものではなく、そうせざる得なかったのもまた事実。
そんな中で自分が周りに及ぼす影響を感じながら、絶望に負けず歩き続ける彼女の姿にただただ頭が下がり、自分の弱さを反省する。
亜也はどんな気持ちで、クラスメイトに話をしたのだろう。
自分で決めたと言う思い、光を見つけたいと決意、そして今までありがとうという感謝。
色々な気持ちが入り混じる中、一番切に願ったのは「行かないで」という言葉。

今回の遥斗は、今の状況を受け入れることを最後まで拒否しているかのようだった。
弱気な亜也にも、担任の対応にも、やクラスメイトの思いにも、そしてそれを理解できながら文句しか言えない自分の状況をとても悲しんでいた。
「何も出来ない」と言い、「バイバイ」と言われ、彼は無力な自分を感じだことだろう。

誰も責めることも出来ず、何にすがればいいのかも分からず、ただ受け入れることだけを要求されるようなこの状況。
そのなかで力強く生きる亜也の姿から、私が学ぶことは大きい。
次回は今まで一番身近に感じていた遥斗と亜也がすれ違いを感じるような展開になりそうだ。まだまだ圧し掛かかってくる現実に、彼らがどういう光を見つけるのか、最後までしっかりと観ようと思う。

****************************************
<<お知らせ>>
当ブログに訪問頂き、有難うございます。
そしてコメント&TBを残して下さり嬉しく思い、感謝しています。
ただ今、仕事のほうが非常に忙しく、かなりてんてこまいな日々で、記事のアップやコメントのお礼、TB返しが多々遅くなってしまいます。
時間の使い方がまだまだ下手なようでご迷惑をお掛けしますが、なるべく早めのお礼を心がけるつもりですので、気長に待っていただけると助かります。
このような私ですが、今後とも宜しくお願いします。

追記>ドラマの感想本数を減らすことにしました。詳しくは「<<お知らせ>>ドラマ感想について」に載ってます。これで何とか頑張っていきたいと思います。
コメント (12)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <<お知らせ>>ドラマ感想... | トップ | あいのうた 7&8 »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちーず)
2005-11-30 11:42:11
lavishさん、こんにちは。

同じく、自分の限界を感じます。

このドラマを見終わったあと、思うことはいっぱいあるのですが

それが言葉になりません。

自分がクラスメートだったら、遥斗だったら、潮香だったら、

あの担任の教師だったら、亜湖だったら・・・

そんなことを考えています。

こんにちは (honey)
2005-11-30 13:37:39
今回はほんとに泣けました。

歌がまた効果的にながれて

いっそう感情を高めてくれるというか。

みんなの合唱はいかにもドラマ的ですが

実際はそんなこともなかったのでしょうね。
Unknown (のっち~)
2005-11-30 14:54:07
トラックバック&コメントありがとうございました



手伝い続けるという難しさを知りました

手伝うにはやはり自分のしたいことが多少犠牲になるわけだし、そういうことを理解しないと手伝い続けることは難しいんですね。
とうとう・・・ (まこ)
2005-11-30 16:32:07
決断をせざるを得ない状況に・・・

毎度前向きな亜也には頭が下がる思いでいたのですが・・・

でも本当は引き止めてほしかったという

本物の亜也さんの言葉を見て、ガーンと衝撃が!

そうだよね、最後まで諦めないと言ってた学校生活と

友達。それを諦めざるを得ない状況に追い込まれたんだと思うとより一層涙が止まらなくなりました。
Unknown (mari)
2005-11-30 17:22:14
遥斗の雪の中での号泣に涙涙でした。

でもこの涙は、口惜しい涙でした。

直せない病気に対決している亜也を、どうにも出来ない涙でした。
Unknown (TALK SHOW)
2005-11-30 22:38:25
TB,コメントありがとうございました。最後のエンドロールの「亜也ちゃん、行かないでといって欲しかった」の日記が心に響きました。おそらく麻生君のような人がクラスにはいなかったのでは..。彼はドラマの創作人物なので。彼女や家族の強さと社会の厳しさがよくわかります。(自分も含めて)

Unknown (がじゅまる)
2005-12-01 07:24:39
おはようございます!

サキの告白には少しびっくりしましたが、色々たまっちゃってたんだなぁ、とおもいました。まりとサキの二人も悩んだでしょうね…。切なかったです。
人間の無力さ (demasse)
2005-12-02 21:21:09
こんばんわ。

今回の一番のショックは早希のつらい告白を自分のいない場所でされたことを聞いてしまったことでしょう、、、

「かわらない」と思っていた友達がそんな風に思っていたことを知って、亜也は相当な孤独感に襲われたと思います。だから、そのあとの遥斗に向かっての「何かしゃべって」「嘘でもいいから」という言葉が重く響きました…



―――進行性の重い病気に冒された人間と健康な人間は一緒の世界に住めなくなっていく、、、いくら優しさや理性があったとしても、、、、

自然の脅威の前には成す術のない人間の無力さを、こんな場面でも感じてしまいました…

お返事 (lavish)
2005-12-05 10:26:39
お礼の返事が非常に遅くなり、申し訳ありません!



○ちーずさん○

こんにちは。

>このドラマを見終わったあと、思うことはいっぱいあるのですがそれが言葉になりません。

本当に、そうですね。

色んな考えが頭をぐるぐる回り、私もうまく言葉を見つけることが出来ないです。

それはきっと大切なことをなのだろうと思い、毎回しっかりと観ようと考えます。



○honeyさん○

今回も涙・涙でしたね。

そして、何かに打ちのめされたような気持ちになりました。

このドラマの歌はどれも素晴らしいですね。

ドラマにとても合っており、いい盛り上げ役になっていると思います。

>みんなの合唱はいかにもドラマ的ですが

実際はそんなこともなかったのでしょうね。

どうなんでしょうね。。。

千羽鶴を折ってはいたようでしたが、実際はどんなお別れ会だったのかなぁと考えてしまいます。



○のっち~さん○

こんにちは。

何でも続けるというのは難しいことですね。

ましてそれが今回のように、自分一人の問題ではないとなるとなおさらなのでしょう。

本当は多くの助けがあり、それぞれの負担が軽くなるのが理想なのでしょうね・・・。



○まこさん○

こんにちは。

>でも本当は引き止めてほしかったという

本物の亜也さんの言葉を見て、ガーンと衝撃が!

私も衝撃でした。

そして、そういう気持ちを分かってあげられなかった自分を反省しました。。。

彼女がいかに多くのものを諦めながら、前を向いて歩いていったのかと思うと、本当に頭が下がる思いです。



○mariさん○

こんにちは。

>でもこの涙は、口惜しい涙でした。

ほんと、そうですね。

悲しいではない、どうにも出来ない状況に対する口惜しさ。正にこれでした。



○TALK SHOWさん○

こんにちは。

今回の最後の言葉は、ガーンと衝撃が来ました。

亜也の切な願いを聞き入れることが出来なかった現実に、やるせなさを感じてしまいます。

それでも一生懸命前を向いていこうとする彼女の姿勢、家族のサポートに涙が止まらないです。



○がじゅまるさん○

こんにちは。

早希の気持ちも考えると、切なくなりますね。

ああいう形でしか訴えることが出来なかった彼女の状況を思うと、もっとサポートがあれば・・・とつい思ってしまいます。



○demasseさん○

こんにちは。

友達の本音をああいう形で聞いてしまった亜也の思いは辛かったでしょうね。

>そのあとの遥斗に向かっての「何かしゃべって」「嘘でもいいから」という言葉が重く響きました…

ほんと、そうですね。

彼に求めずにはおれない程の状況だったのかと思うと、そしてその上で「ばいばい」と言った亜也の強さにただただ頭が下がります。

>自然の脅威の前には成す術のない人間の無力さを、こんな場面でも感じてしまいました…

全く、やるせなくなってしまいます。

しかしそれでも、その運命に立ち向かう亜也を見ていると弱気なことは言ってられない、そう思います。
こんにちは。 (直美)
2005-12-05 17:49:25
TB&コメントありがとうございました。



今回は特に中身が濃くて、涙の量も多かったです。



亜也の決断は仕方ないとは言え、辛いですね。

クラスにもう何人か遥斗が居れば、と思いました。



彼女の生き様をしっかりと見つめていきたいと思います。
Unknown (まりこ)
2005-12-07 11:19:05
こんにちは

TBありがとうございます。

亜也が転校することになり、現実の厳しさを

突きつけられてしまいますね。

自分の無力さも痛感してしまいます・・。
お返事 (lavish)
2005-12-07 11:39:52
○直美さん○

こんにちは。

今回は亜也にとって辛い決断でしたね。

彼女の最後の本音を感じる言葉に衝撃を受けました。

>彼女の生き様をしっかりと見つめていきたいと思います。

そうですね。

私も一つでも多くのことを感じるためにしっかりと観ていきたいと思います。



○まりこさん○

こんにちは。

>自分の無力さも痛感してしまいます・・。

全く同感です。

こういう状況になったとき、自分ならどれほどのことが出来るだろう・・・そう考えさせられます。

現実の厳しさに立ち向かう勇気を持ちたいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
流したくなかっただろう、「1リットルの涙」 【1リットルの涙 第8話】 (The Natsu Style)
亜也は安心していた。上の写真のようにいつも優しく接してくれる生徒たちがいたから。しかし実際そんな生徒たちは、自分から手伝うと言って率先して行動していたわりには(特にいつも一緒にいる生徒の片割れ)、HRで冷たい言葉を飛ばした。「嫌だったらしなければいい」そう遥.
1リットルの涙 第8話 (どらま・のーと)
『1リットルの涙』 バスケットボール部の新人戦を応援しに行った亜也(沢尻エリカ)は、 初戦を突破したまり(小出早織)や早希(松本華奈)を祝福する。 すると、保護者会を終えたばかりの潮香(薬師丸ひろ子)たちPTAが校舎から 出てきた。 そのときの潮香の暗い表情に気
行かないでと言って欲しかった・・・ 『1リットルの涙』#8 (私的空間.com)
第八話  「1リットルの涙」 優しさって何なんでしょう? 相手に合わせて微笑む事?それとも相手のことを考えて突き放す事? 前者は誰にでも出来るけど、後者は愛情と言う強い意志がないと出来ないことですよね。 ただでさえ人と人との繋がりが希薄な世の中です
1リットルの涙・第8話 (なんくるないさぁ情報局。)
いよいよ亜也には決断するときが来た。 学期末。 保護者会。子供に重い障害の子の手助けをさせるのは不安だという声。 授業が遅れて迷惑だ。子供の成績が落ちてる。 もっと別の環境があるんじゃないか。 潮香(薬師丸ひろ子)は亜也(沢尻エリカ)の学校への付き添い、家の
「1リットルの涙」8話    錦戸君の涙に・・・ (くつろぎ日記)
ちらちらと雪が舞い落ちてくる橋の上で車椅子の亜也は重い涙を振り切り 精一杯の笑顔に変えました。 「ありがとう。麻生君・・・バイバイ・・・」養護学校転校の決意をした瞬間でした。 瞬時に悟った遥斗。 そしてがっくりと崩れ落ち、ただただ泣くばかりの遥斗。 こん
1リットルの涙 第8話 (Happy☆Lucky)
この8話だけで1リットル泣けてしまうのでは・・・・
●1リットルの涙#8 (ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中))
期待感が強かったせいか、想定以上のものはなかった。それでもその想定の中の感動は、それなりに残してくれたように思います。 この回は、さほどなエピソードは必要なく、予定される展開にのっとって、どうまとめるかという事が重要だったかな、と。 最後のクラスメートの
1リットルの涙? 【強く 前へ 進め】 (FULL OF LOVE)
 それは中盤、粉雪が舞う二人だけのシーン。一人で部屋にこもってドラマを見ていた私は、教室のシーンから泣き始め、もう、涙が止まらなくなっていた。おっ、これはいい感じだ。どんどんドラマに引き込まれ、さぁ、これから、いいシーンだ、そう思った瞬間 「ねぇ・・」 .
1リットルの涙 第8話 (湿野菜 VS コイヌマジック)
とうとう養護学校へ行く決意しましたね。 亜也が、母親に笑顔で『私、養護学校に行く!!』って言ったシーンはジーンと来てしまいました。 こういう重大な決意をする時に笑顔でいられるのってなかなか出来ないと思う。 大人の対応!?見たいな感じなのかな。 亜也は病気にな.
1リットルの涙:第8話 (Nの鼓動)
泣いたよ~~~(T_T) 今日はほとんどウルウルモードでしたね まず一つ目 亜湖が亜也に東高入学できたら、いっぱい手伝えるから もうちょっと頑張って待っててと伝えるとこ。
1リットルの涙 第8話 (やっくんのendless blossom)
平気だよ 大丈夫だよ 気にしないで と 口では言えたとしても 心では言えないときがある 心の奥底では 心のどこかしらでは 辛いと思ったり 面倒だと思ったり 迷惑だと思ってしまう 醜い 醜い部分 仲間が離れてゆくこと 仲間から離...
1リットルの涙 第8話:1リットルの涙 (あるがまま・・・)
1リットルの涙 どばーっ(┬┬_┬┬) 途中から喉にずーーーっと硬いものが・・・ そして目からは後から後から涙が・・・ 亜也の事をよーく知ってる人達は、皆やさしいのに・・・ お父さんは家族の為にアルバイトを。 お母さんは仕事を辞めて亜也に付き添おうと。 亜湖は猛
【ドラマ雑感】 1リットルの涙 (第8話) 「1リットルの涙」 亜也の涙、遥斗の涙 (気ままなNotes...)
 亜也(沢尻エリカ)のことで保護者会が開かれ、親たちから苦情が相次いだ。潮香(薬師丸ひろ子)と瑞生(陣内孝則)は亜也を今の高校に通い続けさせるため、その方法を模索する。一方、遥斗(錦戸亮)は父の芳文(勝野洋)から亜也の病状の深刻さを告げられ、ショックを受ける。しか
1リットルの涙 10点↑ 8話 (レパードタイガーのドラマ理論(上級))
 今期までは11段階評価なんで、このような評価を出しましたけど、来期から導入する21段階評価では9.5とつけるでしょう。構成としては事前にある程度、想像できる内容であり出来れば想定外の回の終わりであれば…。でも後半のシーンは思わず見入ってしまいますね。沢尻さ...
・「1リットルの涙」第8話ストーリー (たまちゃんのてーげー日記)
ドラマ「1リットルの涙」。2005年11月29日(火)放映の第8話のストーリーを書きます。今週もやっとのおもいで、書きあげました。。。(手が!耳が!痛い!) 長いので、お時間のある時にどうぞ♪ (多少、言葉使いとか違うかも知れません。はしょりもありますが.
【テレビ】1リットルの涙(第8話) (まぁ、お茶でも)
亜也(沢尻エリカ)のことで保護者会がひらかれ、親たちから苦情が相次いだ。潮香(薬師丸ひろ子)と瑞生(陣内孝則)は亜也を今の高校に
1リットルの涙 ~第8回~ (いわぴいのドラマ日記)
 一体何を書けばいいんでしょう?正直、感想を書いていいのかさえ、わからないくらいです。決断をした亜也を見た後にそれに見合う言葉が何も見つかりません。この決断をするために「少なくとも1リットルの涙」を必要とした彼女の決断を言葉で表すには、彼女の人生を体験...
1リットルの涙 第8話 (自己満族)
レミオロメンの「粉雪」の破壊力が益々増しました。 この曲が流れると涙があふれてくるという・・まさにパブロフの犬状態w 今日のドラマの見所は中盤。亜也と遥斗の会話のシーン・・。もう、あかん。ボロボロです。 い昨日の「危険なアネキ」も泣かせようとしてたのは
『1リットルの涙』第8話 (strの気になるドラマ気になるコト)
涙腺が、制御不能です。。なんで、こんな涙が出てくるんだろ。。途中から、なんで泣いてるのわからなかったよ。。『1リットルの涙』 第8話 「1リットルの涙」 ◆キャスト◆池内亜也(15) … 沢尻エリカ池内潮香(40) … 薬師丸ひろ子麻生遥斗(15) … 錦戸...
『1リットルの涙』第8回 「1リットルの涙」感想 (つれづれなる・・・日記?)
さて、みなさん、大号泣でしたか? 今回はちょっと非難覚悟の上で、正直に感じたことを書きます、 ついに、タイトルの「1リットルの涙」=>転校の回が来ました。 結局、今回も涙は一滴も出ず。 泣けるより、つらいんですよ。このドラマは。 遥斗(錦戸亮さん)の言って
1リットルの涙 (TALK SHOW)
今回はこのタイトルが話のタイトルにもなっていた。ドラマの中で一番メイインとなる話かもしれない。普通の学校、家庭から施設、養護学校に行くということは家族もだが本人にも相当な覚悟がいるからだ。それだけに今回のこの話は重い。ドラマの中で麻生君がかっこいい役をや
1リットルの涙第八話「1リットルの涙」 (私でもいいですか?新館)
バスケ部の新人戦が終わった。 「今日の試合はまりのおかげだよ。」早希(松本華奈)が言う。 「二人とも新人戦突破、おめでとう。」亜也(沢尻エリカ)が言う。 「ありがとう。
1リットルの涙・第8話 (あずスタ)
「1リットルの涙」の文庫本が、今年2月下旬の発売以来売れ続け、僅か9ヶ月で100万部を突破したそうです。映画やこのドラマの影響も大きいわけですが、売れ行きはいまだに衰えていないようです。
「1リットルの涙」の話8 (のらさんのうだうだ日和)
「1リットルの涙」第8話~1リットルの涙~(視聴率15.4%、平均14.5%)を観ました。「どうしちゃったの麻生くん。まるでいい人みたい!」それは可哀想だろう。今回の麻生くんは結構いい人だぞ!少しずつ亜也が学校に居れない状況になってきます。それは学校でも、家
「1リットルの涙」第8話 (お気楽生活)
バスケットボール部の新人戦を応援しに行った亜也(沢尻エリカ)は、まり(小出早織)や早希(松本華奈)の勝利を祝福…その後保護者会を終え、暗い表情の潮香(薬師丸ひろ子)と出会い、不安な気持ちを抱く。 その夜、潮香は瑞生(陣内孝則)にクラスメイトの母親たちから
フジテレビ「1リットルの涙」第8話:1リットルの涙 (伊達でございます!)
今日のタイトルは「1リットルの涙」と、ドラマのタイトルそのまま。最終回に至る前の、ひとつのクライマックスとなる展開を予感させますが、まさに通りの内容でした。
1リットルの涙 第8話 「1リットルの涙」 (どらまにあ)
バスケットボール部の新人戦を応援しに行った亜也(沢尻エリカ)は、 試合後、初戦を突破したまり(小出早織)や早希(松本華奈)を祝福する。 すると、保護者会を終えたばかりの潮香(薬師丸ひろ子)たちPTAが校舎から出てきた。
錦戸亮が人気急上昇!亀梨和也に迫る勢い!! (ニートの生きる道・ブログ版)
法人対応アクセス解析 毎週火曜21時放送 フジテレビ系ドラマ「1リットルの涙」主題歌 出演:沢尻エリカ、薬師丸ひろ子、錦戸亮、成海璃子他/ 原作:木藤亜也/脚本:江頭美智留、大島里美 視聴率:13.5 15.1 13.5 12.3 14.6 15.2 16.2 15.4 15.5%