らびおがゆく Vol.3

山形県を中心とした演奏活動等

ラーメンと演奏会。

2017年05月16日 23時59分59秒 | 音楽
 日頃、末席ながら演奏家なんて職業に従事していると、日々、自分(達)の演奏の出来に追われて、お客様に「良かったです」「癒やされました」などなどうれしい言葉や表情が無ければ、とぉ〜くに潰れてしまう位の忙しさに忙殺されてしまっています。関わってくださる皆様に励まされながら、何とか活動できていると言ってもいいでしょう。

 我々、演奏家はいつ何時に、癒やされればいいのでしょう?

 温泉?マッサージ??

 いやそういうことではなくて、私は音楽によって、お客様と同じように癒やされたいのです。

 しかし、時間がとれないという日々の生活では、なかなか演奏会に行くこと(聴く側として)は、なかなか出来ません。

 東京にいた頃は、学生時から、少し時間があれば興味がある演奏会に駆けつける事がよくありました。特に好きな室内楽は、カザルスホールという場所もありましたしね。

 舞台に出てくるクァルテットのメンバー達。

 チューニングをするかしないかの間に、呼吸を整え、最初の音が出る瞬間が、私のツボでございます。

 一番ウキウキ、心が動かされる瞬間なのです。

 〜〜〜〜〜

 先日、ラーメン屋さんにいる時にふと思いました。

 数少ない、大好きなラーメンという料理が自分のテーブルに運ばれてくるその瞬間が、あの演奏会の時の最初の一音が出る瞬間のウキウキ感と似ていることに気づきました。

 そして、レンゲでスープをすくい最初の一口が、音楽が流れ始めて、そうそうこれだよねと思う感覚とそっくりなのです。

 ラーメン以外でも餃子など大好きな料理がテーブルに出て来る瞬間のウキウキ感で、私は癒やされる事をバーチャルで体験できているのだと思いました。

 全然つながっていないように思えて、何でもつながっていて、自分を保っているのだなぁと再認識したのでした。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山形響 第261回定期演奏会リ... | トップ | シューベルトとメンデルスゾーン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。