昨日を そして今日をありがとう

Demain il fera jour.
遠回りして歩きましょう 
素敵な景色に遇えるかも・・・

ひっくり返った!

2016-10-18 | 菜園日記
庭にこんなキノコが生えていました!

調べてみたら、ドクベニタケという名前らしいです。

毒と付くからには、食べられるものではないですよね。。。

なんでもとても辛い味なのだとか。

この赤い色が唐辛子のような辛さを持っているのでしょうか。

毒なのに、誰か食べてみた人があるのでしょうか。

気になります・・・・(笑)



ここ数週間は頼まれたフォトブックやDVDの制作に没頭しておりました。

そんなこんなでブログの更新がままならず、訪問してくださった方々にはお詫び申し上げます。

さてそんな中、我が家の菜園ではビックリなことが起こりました。

先日の台風でキウィの棚がひっくり返ったのです。



半分裏返って、棚を壊し、椿の木を真っ二つに折り

手の付けられない状態になっています。

ひっくり返るところを見てみたかったなぁ・・・
きっとスローモーションのようになっていただろうに・・・なんてね・・・


少しずつ片付けているところですが、これから先どう剪定したものかと

苦慮しております。

お蔭様で、それ以外には被害も無く

半分枯れてしまって植え直した白菜は、今の処元気に育っております。

  

台風にもめげず、梅の木には植えてもいないカボチャが再び生りました。

どうも、万次郎という名のカボチャらしいです。



一喜一憂の今秋の畑であります。(苦笑)

急に気温が下がって本来の秋になって来ましたね。

皆さまも体調管理にはくれぐれもお気を付け下さいますよう。





最後までお付き合いくださいましてありがとうございました 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白菜の災難 彼岸花の困惑 | TOP | 眺めのよすぎる場所〜木曽路... »
最近の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (小父さん)
2016-10-18 08:52:44
写真のキノコ、まるでディズニーの小人たちと一緒にに出てきそうですね!

でも毒なんですか。

写真がお上手ですよ。
昨日こんなアングルを選んでいたのですがピンボケに終わりました。

>毒なのに、誰か食べてみた人があるのでしょうか。

はっはっは
確かに!

その編集された作品の数々、ブログにあげて下さい!(笑)

>ひっくり返るところを見てみたかったなぁ・・・
きっとスローモーションのようになっていただろうに・・・なんてね・・・

楽しいです。

ということはキウイ直撃だったんですね!

>梅の木には植えてもいないカボチャが再び生りました。

ここのところ、もう少し説明を加えていただけませんか?(笑)

本当に、雨と台風の多い日が続きましたね。

ごめんなさい、最後のオレンジの花の名は何でしょう?
Unknown (Neko★)
2016-10-19 08:46:56
ひっくり返るところ?

危ないですよ~
でも、気持はわかります(笑)

ドクベニタケ・・・可愛いピンクですよね
こんばんは (小父さんへ・・・pinky)
2016-10-19 22:22:31
ありがとうございます。

毒キノコって何故か絵になるというか、メルヘンチックですよね。
この赤い色が唐辛子と同じ成分なのでしょうか、激しい辛さがあると書いてありました。
小父さん、ちょっとだけかじってみませんか?

キウィはひっくり返ったのですが、蔓性なので折れずに曲がったままになっています。
実の方は網目状に張り巡らした枝や蔓に守られて
傷一つ付いていませんでした。

ここ数年秋が来るたびに梅の木に生るカボチャをご紹介してまいりました。
うちの梅の木はカボチャが生るんですよ~。


実の処、これが→http://blog.goo.ne.jp/lavieenrose_3317/e/ef462a92b606a35681450a823b9a4a57
こうなったのです。→http://blog.goo.ne.jp/lavieenrose_3317/e/14df3183e43567e2cdbcdefad6a61d95
カボチャを畑で育てているものにとっては
特に珍しい事ではありません。

最後の写真は「キバナコスモス」です。
こんばんは (Neko★さんへ・・・pinky)
2016-10-19 22:34:15
家の窓からキウィの棚まで20m以上離れているので
窓から眺めていれば見えていたはずなんですよ~。

そんなに驚くほどの風が吹いたわけではないのです。
ひっくり返ったのは棚が朽ちていたのでしょう。

鮮やかな赤いキノコは絵本に出てきそうですものね。
ピーターラビットと記念撮影すれば良かったです。
こんばんわ! (みのこ)
2016-10-20 21:33:39
毒紅だけ色が鮮やかですね。絵本に登場しそうな素敵な色ですね。
毒があるのですね、本当に最初に試食し人の顔が見てみたい(笑)
台風の被害大変ですね、椿の木が真二つに割れたのですか!キュウイと椿どちらも助かるのでしょうか?

万次郎かぼちゃどうして出現したのでしょう??
不思議なかぼちゃ (みのこさんへ・・・pinky)
2016-10-20 23:06:14
こんばんは!

残念ながらの毒キノコなのですが、可愛くて食べてみたくなりました。(笑)
今度生えたら小人の人形と一緒に撮りたいです。

お蔭様で、悲惨な目に遭ったキウィと椿ですが
キウィは剪定をして樹形を整えれば何とかなりそうです。
折れた所より下は元気のようです。
木の大きさはぐっと小さくなりましたが、根気に世話をしたいと思います。

万次郎がぼちゃ・・・不思議ですよね~。
多分、鳥が運んできたのだと思います。
それが、栄養たっぷりな堆肥を作っている所に落ちて
ぐんぐん伸びたのだと想像しています。
Unknown (シズコ)
2016-10-24 23:12:11
キウイの棚がひっくり返るほどの台風でしたか?
お見舞い申し上げます。
キウイって育てやすいのか、大阪市内でもたびたび見かけるのですが、台風には弱いのですね。
キノコは色が鮮やかなものほど、毒々しく感じます。
椎茸やエノキのように地味な色がいいですね。
目立たないよう (シズコさんへ・・・pinky)
2016-10-24 23:36:55
それが、大した風ではなかったのですよ。
まさかこんなことになっていようとは思ってもいませんでした。
棚が老朽化していたのが良くなかったのだと思います。
それに、大きくなりすぎていたのも災いしたのでしょう。
キノコの毒で亡くなる人もあるので、これだけ鮮やかな色だと触るのも怖いです。
しかしながら、地味な色のものにも猛毒のあるものがあるので
安易に採って食べられないのが天然のキノコですよね。
Unknown (タワラジェンヌ)
2016-10-25 19:22:56
ことらからもこんばんは♪

赤いきのこ・・・きれいなきのこには毒があるっていいますね。
昨日、幼稚園の絵本の読み聞かせだったのですが、きのこの本を読んだんです。
その中に、このきのこのような赤いきのこがでてくるのですが、それが可愛いんです。

キウイの棚、整理がつきましたでしょうか?
キウイは植えたいと思いながら、何年過ぎたかなあ・・・

植えなおした白菜、元気に育ってよかったですね。
こちらにもありがとうございます! (タワラジェンヌさんへ・・・pinky)
2016-10-26 22:53:04
キノコの出てくる絵本ですか?!
どんなお話なんでしょう。
幼稚園の子供たちに交じって聞いてみたかったです。

挿絵によく出てくるのは赤い笠に白い点々のあるベニテングタケでしょうか。
庭に生えるキノコはどこからやって来るのか不思議でなりません。

キウィの棚はまだ少ししか片付いていません。
枝ぶりをどうやって直したらいいのか悩んでいます。
棚も作り直さねばならないようです。
来年の春までにぼつぼつやろうと思っています。
キウィは虫もつかないし、鳥も食べに来ないので
とても育てやすい果物です。
是非、育ててみてくださいませ。

ありがとうございます。
遅れて植えたおかげで虫の付きも少なく、冬には白菜鍋が出来そうです。^^

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。