秘書にゃんこ*軽井沢 1

2017-04-22 | おでかけ
 都内の桜が満開を迎えた頃、日陰にまだ雪が残る軽井沢に行って参りました。

というわけで、「避暑にゃんこ」 ではなく、やっぱり 「秘書にゃんこ」・・・な~んて


     
     秘書にゃんこ、新幹線は昨年の名古屋以来です


     
     発車と同時に何か食べたくなるのはいつものこと。
     今回の旅の始まりは、東京駅限定の 「どら焼き」


     
     昔は長い時間かけて行ったものですが、東京から1時間あまりで到着。


          
     国の重要文化財 「旧三笠ホテル」
     明治39年(1906年)の開業以来、文化人・政界人が多く宿泊したことから
     「軽井沢の鹿鳴館」 と呼ばれ、昭和45年(1970年)まで営業。


     
     フロントデスクのキーボックス
     西洋式に倣ったため 「13号室」 が有りません。


     
     カーテンボックスの中央には、三笠ホテルの M と H の文字。
     

     
     「万平ホテル」
     明和元年(1764年)旅籠 「亀屋」 開業。
     明治29年(1896年)「亀屋ホテル」 から 「萬平ホテル」 に改名。
     在りし日のジョン・レノンが家族と共に滞在したことでも有名。


     
     カフェテラスでいただいた 「復刻版 レモンタルト」
     このためだけにでも再訪したい と思う美味しさ。
     食器も会計の木札もスズランの絵柄。
     故郷の北海道と気候が似ているからかしらと嬉しくなりました


     
     今を遡ること60年。
     天皇皇后両陛下が出会い、世紀のロマンスが芽生えたテニスコート


それでは、この続きは後日。
お読みくださいまして、ありがとうございます。

     
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お箸*15 天削げ箸 | トップ | 秘書にゃんこ*軽井沢 2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ステキ (hirorin)
2017-04-23 13:15:40
軽井沢に行かれてたのですね。
ステキ~
三笠ホテルも万平ホテルも行ったことは、ないけれど。
その建築のすばらしさは、よくテレビなどで紹介されていますよね。
レモンタルトがとってもおいしそうです。

私も軽井沢一度行ったことあるんです。
もう40年近く前。確か東京で、何かに乗り換えて。
途中、峠の釜飯の駅通りましたっけ?

ジャムとかお土産に買った記憶が。
鬼の押し出しとか白糸の滝も軽井沢でしたでしょうか?
どんどん記憶が曖昧になってしまいます。

続編も楽しみにしてます。

新幹線の座席のポケットに入ってる「西ナビ」。あれ、東京にもあるんですね。JR西の管轄内だけだと思ってました。
私も毎月、駅で持って帰ります。
hirorin さんへ (Juliet)
2017-04-23 16:33:45
hirorin さん、こんにちは

暑くもなく寒くもなく、心地よい日曜の昼下がりです。

>その建築のすばらしさは、よくテレビなどで紹介されていますよね。

素人から見ても豪華で重厚で、それでいて派手ではない品の良さを感じました。

>レモンタルトがとってもおいしそうです。

甘味と酸味が程良く、メレンゲに金粉がかかっていて
見た目もお味も、言葉では言い表せない美味しさでした

>途中、峠の釜飯の駅通りましたっけ?

キャッ 懐かしいです~
実は軽井沢駅に着いたとき構内で販売されていたのですが、
昔、信越本線の横川駅で買って車内で食べた印象が強かったため、
横目でチラッと見ただけで、買わなかったんですよ。

>ジャムとかお土産に買った記憶が。

美味しそうなジャムがあったので買いました ・・・が、重くって

>新幹線の座席のポケットに入ってる「西ナビ」。

hirorin さんに言われて改めて写真を見て、いま気がつきました

さすが hirorin さん、旅慣れている方は情報収集もお見事です

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

おでかけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。