ハイビスカスの咲く島で (続・教会の鐘を聴きながら)

マウイ島に住むママから 大好きな真、愛、恵へのメッセージ

亡くなった人と出会う日が~ラヴェル:「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聴きながら・・

2016-12-07 10:07:06 | 日記

PAUSA CAFFE ( coffee break )

 

12月7日。お父さんの祥月命日です。

35年たちました。たくさん雪の降る日でした。

札幌は昨日、雪がたくさん降ったようですが、今日は穏やかな日だったようです。

お参りに来てくれたお寺さんは、「すごく道が滑りますよ」と言っていたそうです。

お母さんが、転んでけがをしたりしないように・・・

お父さん、お母さんのことをしっかりこれからも守っていてね。

お父さんも、くにちゃんも、突然逝ってしまったので、ちゃんとさよならを言えなかった。

それがとても悔やまれることです。

何かの映画であった・・・(愛ちゃんに聞くとわかるはず。なんていう映画だったっけ? オムニバスの一つの映画)

息子が突然亡くなり、悲しむお母さん。

子どもを生き返らさせることはできないけれど、ほんの少しだけ、子どもと話す時間を与えられる。

そんな映画のようなことができればいいけれど・・・

でも、できなくても、想いは伝わっていますように。

いつか、お母さんがお父さんと会えればいいな~。(もちろん私も会いたいです!が、一番はお母さん)

いつか、おねえちゃんがくにちゃんと会えればいいな~。(もちろん私も会いたいです!が、一番はおねえちゃん)

そんなことを考えていた時、ふと思う。

そう、私が通っている教会で毎回言われている”天国”とはまさにそのことではないか!と。

だからいつか必ず会えるのだね。たくさんの人がそうであると何千年も信じているのです。

でも会える日までは、たくさんたくさん、まだまだ、ここで与えられた命を大切に過ごさなければね。

・・・

昨日は、ジュリアーナとのイタリア語のクラスがありました。

色々な話をした。

はじめてちゃんと、アリアーナの話もしてくれた。

今までは、なんとなく・・・だったのです。

小さいときの写真を見せてくれた。

「かわいいね(ケ カリーナ!)」とだけ言えて・・・笑ってジュリアーナに写真を返すと、

ジュリアーナも少し寂しそうに笑いながら写真を受け取り、また見つめていた。

・・・・

今、書いている私の後ろには、サミーの写真が。

奥の部屋に見える私のコートには、社長さんからいただいた真珠のブローチが。

・・・・

たくさんの霊に見守れている。

亡くなった人たちを大切にしながらも、今生きている人たちを大切にしていきたい。

おとうさん、これからも、安らかにみんなを見守っていてね。

私たちも、いつもお父さんのことを思っています。

 

 

(昨晩は、クリスティーナとアンセルムが帰る前の日だったので、夕食に招待しました。その時頂いたプレゼント)

 

 

(ラベンダーの石鹸~いい香り!)

 

 

(ジルとジョンも誘った。ジルが持ってきてくれたクッキー)

 

 

(作った折り紙での飾りと、去年の「アリアーナのために」の会で買ったオーナメント)

 

 

(小さいときお父さんがくれた鉛筆!~今も大切に!)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ふきのとう」のうた | トップ | クリスマスの飾り »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
COWBOY (あい)
2016-12-08 00:32:13
ママ、

イタリアは12月7日になったね。札幌では後2時間。

この日はママと弘ちゃんとおばあちゃんへ対してはヘビーな日だね。だけどママはこの日を札幌で迎えられたのは、あんまりないね。だけどグレープフルーツはあるよ。くにちゃんとおじいちゃんはフロリダのグレープフルーツに親しみがあったのかな。今では毎年待っているだろうね。^^

映画はParis、Je T'aimeだよ。オムニバスで、その中のPlace des Victoiresっていうお話です。私もこのお話が一番印象的だった。Juliette Binocheが息子を亡くし、悲しみで家族から遠ざかっているところ、Willem Dafoeがカウボーイとして登場する。そのカウボーイは、「私とついてくる覚悟はあるのか?」と確認してからJuliette Binocheを息子のところへ連れて行く。息子と会えて母は喜ぶが、その夫が母を呼び始めたら息子が「戻りなさい」と言い、母も納得してさよならを言う。小さな息子がカウボーイと並んで去って行く背中姿を見つめる母は安心して、生きている家族へ戻る。

私はカウボーイが好き。かっこいいな、と思って。カウボーイは少年のヒーローだよね。少年用の天国からついて来た存在なのかな。だけどあのカウボーイは母の気持ちも分かっていて、とても人間らしく、不安でこもった優しさで母に手を伸ばした。なんだろう。。。あのね、私の映画のヒーロー役カウボーイのイメージだけど、何でもできるのよ!国も家族もなんの絆もなくて、欲しい物も感情も大してなくて、まあ自分が無いくらいなんだけど、その分人のための人になれるの。必要にされている存在に変身できるのよ。男の子のためにはアクションスター。母のためにはまず、突然に救いを与えられる、人間の心を持つ天使。そして最後には息子を見守ってくれる信用できるガーディアン。

それに対して、痛いほど絆を感じる私たちは、どうしても一番必要な存在になれないね。私はできればおじいちゃんに会わせたいよ。かっこいい、クラシック系の会った事ないおじいちゃんに(勝手なおじいちゃんイメージが出来上がっています)。なのにできなくて、隣にいても、ママのために何をしたらいいかが思いつかない。いきなりカウボーイに救われた、息子と会えたJuliette Binocheはラッキーだね。

ジュリアーナもずっとそういう天使を待ってるのかな。だけどね、ママとちょっと話せてスッと穏やかな気持ちを感じれたと思うよ。おばあちゃんもね、今日ほんの少し話してくれたんだ。ママと朝早く病院に行った、という一言。グレープフルーツといっぱいなお花を見ながら。サミーのお墓のお花も確かに大切にされていたね。そして折り紙の飾りは素敵だね。アリアーナの会からの飾りも。2017年は貰ったカレンダーを使って毎日あの楽しい、子供に囲まれた折り紙の日を思い出し、ジュリアーナとの友情も感じれるね。そしてクリスティーナはちゃんとママがラベンダーが好きだって事を覚えているんだね。世界中、いろんな人がママを思いながらラベンダー品を買ってきたるね。パパも買ったよね。

ジェームズってね、私が落ち込んだら必死にリンゴを探してくれるの。ついついその優しさに笑っちゃうけど、感謝しています。ラベンダーとか折り紙とかグレープフルーツとか缶コーヒーとかポテチとか石鹸の事を考えると、みんな必死なんだな、と思います。カウボーイさんは絶対いると思うよ。たまに出て来るとも思う。だけどみんなもう、それなりに幸せの欠片を与えようとしているよね。

私、この間初めて雪印パーラーに行ったんだけど、おいしかったから今度会える時何か持って行くから。チーズでも。最近会えたのに、とてもママと会いたいから、ずっと会っていないおじいちゃんはすっごく、すっごくママと会いたいだろうね。くにちゃんも弘ちゃんとね。二人、ポンチョを着て、馬に乗って、帽子をかぶって会っちゃおっかな、って迷ってるんじゃないのかな。(笑)まあ、だけど私はチーズなどで頑張ります。

ママ、長くなりました。いつも素敵なブログ待っています。いつも会いたいです!元気でね!

あい

PS: おばあちゃんはたった前、今日はラッキーデイ(スーパー)だ、とか言ってたんだから、結構大丈夫だと思います^^
ありがとう! (ママ)
2016-12-08 01:23:03
愛ちゃん、素敵なコメントでした。
愛ちゃんが、深く、いろいろなことを感じ、そして、わかってくれること・・ありがとう。
そうか、愛ちゃんは、カーボーイが好きなんだ。
今度会った時、この映画、一緒に見よう!

コメントを投稿