Macの専門家

Mac os Xの環境で使えるソフトウェアを探してみましょう。

発売間近!サムスンGalaxy S8 Galaxy S7どっちが買うべき?Galaxy S8 Galaxy S7違いまとめ

2017-03-21 14:13:43 | 日記

Samsungのスマホといえば一番印象的なのはNote7の故障であろう。この大ピンチから脱出するために、Samsungは今年Galaxy S8を発表する。とても進化されるGalaxy新機種であるが、前のようにMWCで発表することではなく、4月18 日(ニューヨーク時間)に公開される予定である。ならば今機種変更しようとするお方にとって、Galaxy S8とGalaxy S7の中に選べる。今すぐGalaxy S7を買うのはいいけど、Galaxy S8のほうがスペックも何もより良いし、Galaxy新機種が発表した後にGalaxy S7も値下がって入手するいいチャンスである。では4月からSamsung Galaxy S8 vs Galaxy S7対戦にどっちにするかと迷っている人のために、Galaxy S8の情報を揃ってGalaxy S8 Galaxy S7比較してあげよう!

記事全文はこちら>>

Galaxy S8とGalaxy S7と違って、今年のMWCで発表されないという情報が入ってくる。Galaxy S8は4月18 日(ニューヨーク時間)で公開され、数日後に発売されることになる。その前にSamsungはGalaxy S8を1000万台用意する。昨年Galaxy S7が発売されたら約一ヶ月の数であるため、Samsung Galaxy S8 vs Galaxy S7に大きな差がないと売れ切れのようなことがないと予測されている。

Galaxy新機種は価格が最安9万円で、最高機種は11万円ぐらいと考えられている。Galaxy S8 Galaxy S7どっちも発売されたばかりの時に高いが、Galaxy S8が発売されたらS7が値下がる可能性が高い。この時にはGalaxy S8 Galaxy S7比較すれば、やはり価格にGalaxy S7のほうがいいか。また、この価格ならiPhone7やHuawei Mate9などになかなか比べるものではない。

でもデザインも機能も大きく進化されたGalaxy新機種がこのように高くなる理由がある。Galaxy S8にHomeキーがなくなり、指紋認識はディスプレイの下に移動される。おかげでスクリーンは5.7インチまで拡大され、スクリーンの比率は90%以上になる。それに解像度は4Kになる可能性が非常に高い。そうなるといままで最高解像度のスマホが誕生!Samsung Galaxy S8 vs Galaxy S7はともかく、iPhone次期機種でも比べられないかも知れない。

①、Galaxy S8はMWCに間に合いそうになる!MWCに情報をいくつ紹介し、正式発表は3月29日になりそうである。また、価格は849ドルで、約93789円になる。最高機種は10万円にも超える可能性が非常に高い。

②、Galaxy S8発売日公開!噂の4月21日より一週間後に変更されて、4月28日から発売される情報が入ってくる。

Galaxy S8とGalaxy S7と、スペックなど面々に比較しよう

ディスプレイ

Galaxy S8 Galaxy S7比較すると、Galaxy S8のほうはディスプレイが大きい。しかもGalaxy S8はGalaxy S7 Edgeよりもディスプレイが大きい。が、Homeキーがなくなることにより、機体サイズは大きくならない可能性がある。Galaxy S8 Galaxy S7どっちでも片手で使えない人に今回のGalaxy新機種のほうをすすめる。解像度は4Kになり、VRにもシャープな画質でサポートできる。進化されたGaer VR次世代機種も公開される予定なそうである。Samsungが最近公開した4Kスクリーンは806ppiになる。このスクリーンは新機種に搭載されるとすれば、Samsung Galaxy S8 vs Galaxy S7にディスプレイによる大きいな差がでてしまう。

CPUコア

Galaxy S8とGalaxy S7両方でも、CPUによって二つの機種がある。Galaxy S7はSnapdragon 820とExynos 8890で、Galaxy S8はSnapdragon 830とExynos 8895である。Galaxy新機種情報によると、Exynos 8895は10nmコアであり、Snapdragon 830もサムスンにより提供された10nmコアに関する技術で生産されたコアである。前代より27%以上の性能向上される上に、エネ消費も40%下がることになる。新コアのおかげで、Galaxy S8 Galaxy S7比較すれば動作は流暢になり、アプリ、ゲームと動画などの体験はより一層よくなる。Samsung Galaxy S8 vs Galaxy S7に、今の14nmコアと次世代の10nmコアの違いがすぐ感じられると思われている。

メモリ

Galaxy新機種に関する噂に、RAMは8GBになるかと予測されていたが、結局6GBしかない。Galaxy S8とGalaxy S7と見ればRAMは4GBから6GBになる。Snapdragon 830コアは8GBのRAMが対応できるが、なぜかわからないが噂の8GBではなくて6GBになる。Galaxy S7に6GBのRAMが搭載されたという噂に失望された今は、Galaxy S8に8GBではなかったにもう一度がっかりした。でも実に利用する時にGalaxy S8 Galaxy S7どっちでもRAMが小さいと感じられない。一方、ROMのほうはまた32GBから256GBまでいくつの機種が選択でき、それにSDメモリカードも対応できる。一応メモリは安心できるそうであり、Samsung Galaxy S8 vs Galaxy S7に違いと感じられないそうである。

カメラ

デュアルカメラがほしがるお方はGalaxy新機種に機種変更する時にGalaxy S8 Edgeを買うほうがいい。Galaxy S8はメインカメラがデュアルカメラではない。カメラは1200万画素で、Galaxy S8とGalaxy S7は同じであるが、Dual Pixel技術の発展により撮った写真もビデオも前代と画質が一目でみても違い感じがする。インカメラは500万画素から700万画素になったという。ソフトによる更新で、画質も保真も画素の向上よりも感じられる。

バッテリー容量、駆動時間

ディスプレイが大きくなった以上、バッテリー容量も大きくなるにきまっていると思ったら、結局Galaxy S7と同じの3000mAhになってしまった。5.7インチになった4Kスクリーンは確かにひどいエネ消費してしまうが、10nmチップのおかげでバッテリー容量が同じとしてもバッテリー駆動時間は短縮されていない可能性もある。高速充電もウェアレス充電も両機種対応できる。また、驚くべきなことに、Galaxy新機種は電池が着脱式になる可能性がある。

特有機能

Galaxy S8にHomeキーはなくなる!指紋の識別はディスプレイの下に移動されるし、スクリーンの比率は90%以上になる。また、デュアルエッジディスプレイ機種だけある。また、物理的なボタンがホームボタン以外に、音量調整ボタンもなくなり、電源ボタンもなくなる可能性がある。Samsung Galaxy S8 vs Galaxy S7にどっちでもS Penというものがあるが、Galaxy S8にはIconXというウェアレスイヤホンが採用された。Air Podのようなものであるが、Air Podよりずっと小さくて耳に置くことができる。今S Penのように配布するか、Air Podのように別々に販売するかわからない。ソフトのほうに、Galaxy S8とともに発表される「Bixby」というAI(人工知能)アシスタントが公開される予定である。Galaxy S8とGalaxy S7両方も利用できそうであるがGalaxy S8にBixby専門なボタンがある可能性がある。

Galaxy S8 Galaxy S7どっち買うべき?自分に合うのはどっち?

Galaxy S8 Galaxy S7比較した今は、どっちが買うべきか。スマホなどのものといえば去年の機種よりGalaxy新機種のほうがお得であるが、今回値段は10%も上がったみたいで、気軽に買えるものではない。実はGalaxy S8が発表されてGalaxy S7が値下がるかも知れないので、普通にスマホを利用する人はその時にGalaxy S7を買うことをすすめる。が、アプリがどんどんダウンロードしたり利用したりして、大型ゲームなどもやる人にとって、やはりGalaxy S8のほうが似合う。また、Galaxy S8とGalaxy S7両方もVRに対応できるが、VR好きな人にとってやはりGalaxy S8のほうがいい。確かにGalaxy S8は高いが、VRによるパフォーマンスがその値段にふさわしい。ついでにGalaxy S8が対応できるのはSamsung Gear VRだけではなく、他社のVRデバイスにも対応できる可能性が高い。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月22日(水)よりシンゴジラ... | トップ | 最新DVDをGalaxy S8に取り込... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL