Macの専門家

Mac os Xの環境で使えるソフトウェアを探してみましょう。

【4月28日全国公開】ワイルド・スピード8/ワイルド・スピード アイス・ブレイクコピー方法

2017-04-25 11:21:56 | 映画


『ワイルド・スピードシリーズ』の第8作目。強固な絆で結ばれていた“ファミリー”が、ドミニクの裏切りでバラバラになっていくさまを描くアクション映画。2017年4月28日(金)に日本公開予定。



DVDが発売&レンタル開始なら、家族と友達と一緒にその魅力を思う存分に味わいたい、あるいは、そんな素敵な映画を絶対ワタシのDVDコレクションに追加したい方なら、それは絶好なチャンスだ!


ワイルド・スピード アイス・ブレイクDVDを手に入れた後、ご使用用途に合って、DVDからデータを吸い出してハードドライブに保存、ワイルド・スピード アイス・ブレイクDVDを空のDVDにダビング、DVDからワイルド・スピード アイス・ブレイク曲やサントラを抽出などの作業を行いたい方は、ぜひ本文を見逃さないでください。その対処法は以下の内容にある。



市販DVDやレンタルDVDなどが著作権を保護するために、様々なコピーガードに施されることである。それらのコピーガードを解除しなければ、コピーすることが無理。今、コピーガードを解除できるというDVDコピーソフトがたくさんあるが。あまり苦戦せず、一つを手に入れる。だが、実際に役に立つものは少ないのである。例えば、強力なディズニー X-Projection DRM付きDVDをコピーしようとすると、DVD Shrink、DVD Decrypter、Handbrake、DVDFabなどが次々とエラーが出て、失敗してしまうことがよくある。そのため、ここでは、ワイルド・スピード8コピーには、絶対お使いのコンピュータに入れたいDVDコピーソフトMacX DVD Ripper Proをおススメ。ディズニーX-projectong DRMをはじめ、DVD CSS,リージョンコード,RCE,ソニーArccOS, UOPs, 容量偽装など一切手軽く対応可能。さ、MacX DVD Ripper Proを使って、ワイルド・スピード アイス・ブレイクコピーを行おう。


まず、MacX DVD Ripper Proをコンピュータにダウンロードとインストールしてください。起動したら、上部の「Help」をクリックして、インターフェース言語を日本語に指定できる。



Step1:左上側にある「DVD追加」アイコンをクリックしてから、コピーしたいワイルド・スピード アイス・ブレイクDVDをソフトに追加する。


Step2:ワイルド・スピード アイス・ブレイクコピーガードが解除されたら、出力プロファイルウィンドウが出てきた。MacX DVD Ripper Proは四つのコピーモードを提供する。メインタイトルコンテンツコピー、フルタイトルコピー、DVDをISOイメージへクローン、フルタイトルをMKV形式へバックアップという四つのモードで、ワイルド・スピード8コピー可能。ご要望に合って、一つを選んでください。


※ちなみに、ワイルド・スピード アイス・ブレイク曲を抽出したい、あるいは、ワイルド・スピードをiPhone iPad iPod Xperia Galaxy Androidに取り込んで再生したい場合、対応可能な出力プロファイルを選んで結構。


Step3:「ブラウザ」をクリックして、出力映像を保存するフォルダを指定してください。


Step4:ソフトの右下側にある「RUN」ボタンをクリックしたら、ワイルド・スピード SKY MISSIONををコピーし始める。コピープロセス中に、詳細な進捗状況情報が表示されて、タスク終了後、「OK」をクリックする。


ワイルド・スピード アイス・ブレイクダウンロード、ダビングしたいなら、http://urx2.nu/D862 までにご参照ください。




新作バイオハザード:ザ・ファイナル無料視聴できる四つの方法



パイレーツ・オブ・カリビアン最新作最後の海賊あらすじ、主題歌、見所、DVD発売日、無料視聴



モアナと伝説の海無料視聴できる方法!ディズニー最新映画を見るには?



『カーズクロスロード』のあらすじ、登場キャラクター、日本語吹き替えおよび無料視聴方法!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MakeMKV試用期間を伸ばす方法... | トップ | 2017年ゴールデンウィーク9連... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL