Macの専門家

Mac os Xの環境で使えるソフトウェアを探してみましょう。

カーズ/クロスロードあらすじ、キャラクター、日本語吹き替え、感想・レビューまとめ

2017-07-14 15:18:03 | 日記

マックイーン、大人の戦い方ってのを見せてやれ!ピクサーの、おしゃべり車達が活躍する映画『カーズ』シリーズの最新作『カーズ3』が2017年7月15日に日本国内で公開!そして、邦題は『カーズ3』ではなく、『カーズ/クロスロード』って青春映画っぽいタイトルとなっている。大人を泣かせにかかっているのは間違いないが、むしろ、大人への応援歌的な内容のようである。とにかく、大人気キャラクター、メーターが奇天烈なホラ話、巧みなストーリーで、夏休み必見の映画になりそうである。この記事では、カーズ/クロスロードのあらすじ、登場キャラクター、日本語吹き替え、関連情報をまとめて紹介する上、カーズ3無料動画、カーズ3 torrentファイルのダウンロードなどとカーズ/クロスロードを無料視聴する方法も詳しく解説する。

記事全文を読む>>

カーズ/クロスロードのあらすじ(ネタバレ)

迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、ドック・ハドソンをはじめとする心優しい仲間との触れ合いを経て、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーのライトニング・マックィーン。目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて苦戦を強いられる。いつまでも第一線にいたいという焦りに駆られたマックィーンは、ある日レース中にクラッシュ事故に遭遇。マックィーンは初めて挫折を経験し、人生の大きな岐路=クロスロードに立たされる。

カーズ/クロスロード登場キャラクター

迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、ドック・ハドソンをはじめとする心優しい仲間との触れ合いを経て、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーのライトニング・マックィーン。目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて苦戦を強いられる。いつまでも第一線にいたいという焦りに駆られたマックィーンは、ある日レース中にクラッシュ事故に遭遇。マックィーンは初めて挫折を経験し、人生の大きな岐路=クロスロードに立たされる。

ライトニングマックィーン(ラスティーズ)主人公のレースカー。 
ボディの色は赤。「ピストン・カップ」のベテランレースカーだったが、レース中のクラッシュ事故で初めての挫折を経験する。

新登場のクルスラミレス(ダイナコ) 
若手女性レースカーで、マックィーンのテクニカルトレーナー。ボディの色は黄色。

新登場のジャクソンストーム(IGNTR 
「ピストン・カップ」の新世代ルーキーの一台。ボディの色は黒。これまでの「ピストン・カップ」のレースカーの概念を覆す、空力重視の角張ったボディが特徴。
自信家で、その姿はルーキー時代のマックィーンに似ている。最新設備によるバーチャル空間でのシミュレーション訓練を重ね、最も効率的な走行ラインを維持することができる。

ナタリーサートゥン 
統計アナリスト。車体は4ドアセダンでボディの色は赤紫。

スターリング 
ラスティーズ・レーシング・センターの運営者。車体は2ドアクーペでボディの色は灰色。

ミスフリッター 
地元のデモリション・ダービーの伝説的存在。車体はスクールバスでボディの色は黄色。モンスターのような見た目が特徴。

カーズ/クロスロード日本語吹き替え

カーズ/クロスロードに登場するキャラクターの日本語吹き替え声優において、主演のライトニング・マックイーンの声を担当するのは、土田大さんである。他のキャラクターの日本語吹き替え声優はまだはっきりしない。以下は、シリーズ第2作『カーズ2』の日本語吹き替え声優を見てみよう。

メーター(ラリー・ザ・ケーブルガイ):山口智充

ライトニング・マックイーン(オーウェン・ウィルソン):土田大。

サリー(ボニー・ハント):戸田恵子。

ルイジ(トニー・シャルーブ):パンツェッタ・ジローラモ。

グイド(グイド・カローニ):多田野曜平。

フロー(ジェニファー・ルイス):片岡富枝。

リジー(キャサリン・ヘルモンド):森ひろ子。

シェリフ(マイケル・ウォリス):池田勝。

マック(ジョン・ラッツェンバーガー):立木文彦。

フィン・マックミサイル(マイケル・ケイン):大塚芳忠

ホリー・シフトウェル(エミリー・モーティマー):朴?美

マイルズ・アクセルロッド卿(エディー・イザード):落合弘治

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイフォン8バックアップでき... | トップ | iPhone10周年モデル、iPhone8... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL