SakuraとRenのイギリスライフ

美味しいものとお散歩が大好きな二人ののんびりな日常 in イギリス

Locorotondo旅行記(4) バロック建築の街(?)、Martina Franca

2016年10月29日 | 旅行
SakuraとRenが足を伸ばして出かけたもう一つの街が、Martina Francaです。
AlberobelloもLocorotondoの隣町でしたが、Martina FrancaはAlberobelloと反対方向の隣町です。
ここに行こうと思ったのは、『地球の歩き方』に載っている観光地であったことや、そこにMartina Francaはバロックの街で、AlberobelloやLocorotondoと雰囲気が違って面白い、というようなことが確か書いてあったからでした。
でも、実際行ってみると、雰囲気にそんなに大きな差を感じることなく、「街が大きくて、教会はたくさんあって立派だけど、(Locorotondoと比べて)人が多いだけ」というのが正直な感想でした。

違いが良く分からなかったのは建築のことが全然分かっていないためだと思います。
芸術でもなんでも、ちゃんと味わったり楽しんだりするためには知識が必要で、これまで建築様式だったり建築の思想の勉強を全然してこなかった自分の知の浅さを痛感しました。
なかなか自分の専門外の分野に手を拡げる余裕がないのだけど、このままではいけない。ちょっとくらいは勉強しよう。

さて、上記のような感想だったので、実は街並みにそんなに感激せず、写真はあまり撮っていません。
数少ない写真のうちから旧市街を撮ったものをご紹介すると、こんな感じ。





写真を改めて見てみると、確かにLocorotondoとかとはだいぶ雰囲気が違うかも。
どうして「あまり変わらない」なんて思ったのだろう。。

この街は教会がとても多くて、たくさんお邪魔してきたのですが、その中でも特に見事だったのがBasilica di San Martinoという教会です。



ちょうどこの日は結婚式が行われていて、居合わせた他の観光客の人たちと一緒に、しばし見学しました。
こういうものに出会えると、ちょっと得した気持ちになれますね。



結婚式が終わった数時間後に中に入ると、こんな感じのところでした。





イタリアの教会はイギリスのと比べて色が鮮やかですね。
これはやっぱり天候の違いなんでしょうか。

ちなみに、Martina Francaから、Locorotondoを遠くに望むことができます。



(分からないと思うので、かなりズームします。)




Martina Francaで最大の心残りは、名産のCapocolloを食べなかったこと。
マーケットにも行ったのに、なぜ買うか食べるかしなかったのか。本当にもったいなかったです。

(投稿者:Ren)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Locorotondo旅行記(3) 足... | トップ | Kathleen R. McNamara, The C... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。