ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

子供と見た映画「ロボッツ」・・(T_T)と「キリクと魔女」(^v^)/

2005-08-20 | 映画感想 他

夏休みに子供と見た映画2つを紹介します。まずはロボッツ。
暑さしのぎのために、娘と娘の友達を連れて映画館に行って来ました。
レディスデーだけあって、ママさんとその子供連れでほぼ満席でした。
先に見て来た友達からロボッツ、内容さておき、スピーディーな
ジェットコースターに乗った様な映像とかで楽しめるよ、って聞いており
本当にそういう感じで、まあ子供向けだけど、普通にケラケラ部分的に
笑ったり、大人の私的には、まあ3つ☆って映画だったのですが・・・

・・・・・連れて行った子供らの反応は非常に冷ややか・・・
どうも笑えないギャグばかりだったとか・・先が読めたとか・・(T_T)
確かに映画館で、大笑いしてる子供達は、もうちょっと小さい年代の
お子さんが多かった様な・・・・
それより、NARUTOのかぶりものを着た人が映画館にいて、そっちの
方が家の子供らには受けてたみたいで・・・(T_T)

主人公の男の子の声が、クサナギ君だったのですが、とても合って
いました。色々つっこみどころ満載で、あれぇ~~って部分も
あったけれど、深いことを考えないで見れば、それなりに面白く
見れるし、子供と一緒に行って大人もそこそこ楽しめるって映画
という感じですね。
でも、音楽とか、ダンスとかは、お父さんお母さん世代に懐かしい
ダンスミュージックやステップを入れてたりして、
あ~これがアメリカ人の親子が見に行く映画なんだなー
なんて思いながら見ました。
写真クリックすると公式サイトへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かたや、図書館で待っていた「キリクと魔女」が回って来ました!!
良いっ!映像が鮮やかで色彩が独特で、何か新鮮な感じ!!
内容は、簡単で解りやすく、ちょっとあれっ?って部分がない
わけじゃないけど、そんな細かい事は全然気にならない感じ。
密かにセリフなどに深い意味が隠されてるのも良かったし、
物事を見極める目が無く噂を思いこんだり、浅ましい民衆根性?
になりがちな人のサガ?みたいのも感じさせられる部分もあり、
家族全員で集中視聴!大好評!喝采映画でございました。
紹介してくれた、ケイさん、ありがとう~

音楽担当は、この前、家のブログで「7 Seconds」と一緒に記事をアップしたこちら
ユッスン・ドゥール Youssou N'Dourで、リアルなアフリカン
ミュージック!が映像にぴったりで、最高でした。

《監督・脚本》のミッシェル・オスロさんの、他の作品も見たくなって
調査したら「プリンス & プリンセス 」というビデオもあるんですねー!
こちらも是非見てみたい。図書館には無かった。TSUTAYAにあるかなあ・・・・

また、キリクの声は、神木隆之介君(「ハウルの動く城」のハウルの弟子役
の声、千と千尋の神隠しの坊ねずみの声、ぼくセザール10歳半 1m39cmの声)
相変わらず子供とは思えず、上手いっ! 
それと、魔女カラバの淺野温子さんの声もあってました。
映画館の大画面で見たら、もっと凄く鮮やかで更に感激しただろうなー。

本題KIRIKOU ET LA SORCIERE キリクと魔女 公式HP
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天才バカボン、ハクション大... | トップ | ガラスの森美術館(箱根) »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういえば (MRSY)
2005-08-20 22:55:33
僕が、子どもたちと一緒に見た映画で一番最後のものは何だったかなと考えてみたら、「クイール」だったかなぁ。
MRSYさん☆ (latifa)
2005-08-21 07:07:38
クィールですねー。子供達に人気の映画でしたね。

映画館にふわふわの白いぬいぐるみの犬君がいて、

みんながほおずりしてました。
ヨカッタです (ケイ)
2005-08-21 21:17:09
latifaさん、キリク観られたのね!^^

結構好みが分かれる映画かも・・って思っておりました。

ご家族で楽しく見られた様子・・良かったです。

なんかあの極彩色とか、風変わりな草木のデザイン。

魅力的ですよね。

浅野温子さんの声も良かったですが、キリクの母の山像かおりさんの声も良かったと思う私です。



本当は劇場で観たかったのですが、青森では公開されず・・・田舎の悲しさですなぁ~(TワT)
ケイさん☆ (latifa)
2005-08-21 22:08:28
そうなんですよ~ケイさん、私の好みにドンピシャでございましたー!旦那なんて「なんか久々にこういうアニメで、新鮮な気持ちで見ることが出来たよ~!」って言ってました(旦那はわりとオタクな人(^_^;))

娘も、飽きっぽくて滅多に集中してTVとか映画とか見れない性分なのに、キリクは見れって言ってないのに、見てたし、ずっと真剣に見て、面白かった~って言ってました。我が家の好みに合ってたみたい(ハッキリ言って、3人が同じものを面白く見るなんて事は、滅多に無いことなんです。)



そうそう!ケイさんのブログでも書かれていたけれど、キリクのお母さんが良かったわ!いつも思慮深くて、冷静というか、しっかりしたママさんなんですよね。あ、そうそう、最初の方、「ちょっとこのお母さんすごいー!赤ちゃん産まれたばっかりだけど、もう自立?させてる・・というか・・・もういっちょまえの一人の人間として赤ちゃんを扱ってるー」って部分があったりして

山像かおりさんって方が声を担当されていたんですね。あの抑えた声、とても良くあってましたね。

又、何かお薦めの映画あったら、教えて下さいね~☆
こんばんは☆ (とらねこ)
2007-08-08 00:51:54
latifaさん、コメントTBありがとうございました!
あ、本家ブログの方でも、映画をUPすることもあるのですね~♪
以前は一緒にしていたのを、映画だけ別のブログにした、という感じなんでしょうか
あれれえ (とらねこ)
2007-08-08 00:56:58
すみません、絵文字を入れようとしたら、間違って投稿されてしまったみたいです・・すみませ~ん

で、キリクですが、本当、おっしゃる通り、絵がなんとも独特で、すごく濃度の濃い、いい映画でした。
人によっては、確かに物語りに難を感じるかなあ、とは思いますが、
そういう文化の違いなどは、かえって面白いものと感じてしまいますね。
CG映画でありながら、かつ手作りのこの感じ。素晴らしいですよね。

ところで、latifaさん、ユッスー・ンドゥールに関しての訂正、ありがとうございました
また来ますね!どうぞ、今後もよろしくお願いします。
とらねこさん☆ (latifa)
2007-08-08 11:11:48
こんにちは~とらねこさん
そもそも、こちらのブログを2004年からやっていたんです。でも、色々な記事をとりとめもなくアップしてる内に、記事がごちゃごちゃしてしまったのと、2年前頃は、ここのブログのgooの調子が悪かったんです。映画の記事はTBを受けたり飛ばしたりする機会
が多いのに、どうもそれが出来ない!ってことが頻発、その他トラブルも多いので、映画の記事だけ、別のブログを作ったわけです(カエルの絵のテンプレートの映画倉庫のことです)
なので、私は、2つのブログをやっているんです^^
最初の内は、両方のブログに、映画だけは、同じ記事をアップするようにしていたんですが、面倒になって、途中から、映画は映画倉庫のブログだけにアップするようになってしまいました。

このキリクの記事は、2005年8月にアップしているので、まだお引っ越しする前だったみたいです。
と、長々と説明をしてしまい、すいません

ユッスー・ンドゥールの、いえいえ、私なんか、そういうの、しょっちゅうです! 誰かに教えて頂かないと、私の場合、自ら気がつくことって殆ど無いので、とらねこさんも、何か私のブログの記事で、あれ?というのを発見したら、教えて下さいまし~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ロボッツ (ちょっとお話)
ロボッツ   (2005  米)貧しい皿洗いロボットの夫婦に生まれたロドニー。お下がりの部品で成長はしているものの、素直で、親思いのいい子どもに育っていった。彼の夢は発明家。夢を実現すべく・・大都会ロボット・シティーに旅立つのだが・・。感想  恒例・・夏
#109.キリクと魔女 (レザボアCATs)
先日UPした『アズールとアスマール』のミッシェル・オスロ監督作品。もともと'98年の公開時には、フランス本国で130万人を動員の大ヒットになったのに、日本には公開されなかったとか。それを知った、ジブリアニメの製作者の一人でもあり、自身アニメ作家でもある高畑勲氏...
『キリクと魔女』'98・仏 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじキリクが生まれたアフリカの村は、魔女カラバの恐ろしい呪いにかけられていた。泉の水は涸れ、魔女を倒しに出掛けた男たちはすべて魔女に食われ、村に残っているのは女子供と老人だけ。「どうしてカラバは意地悪なの?」持ち前の好奇心と行動力で、小さなキリクは...