ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「ミトン」と「チェブラーシカ」 ロマン・カチャーノフ監督

2005-01-15 | 映画感想 他


『チェブラーシカ』のスタッフが1967年に製作したパペット・アニメの短編
たった10分しかないので、映画館にはるばる行かずにレンタルで見ました。
チェブラーシカは、わざわざ映画館に見に行って、可愛くて満足したものの
あっという間に終わっちゃって、はららら~~~これだけの為に田舎から
映画館に来るのはキツイわ・・と思ったので。

ミトン、予想以上に良い出来で、可愛くて、とても好きでした。
3回連続で見ちゃいましたよ(だって3回連続してもたった30分だもん)
あの女の子が、ミトンを愛おしむ姿がとっても可愛くて、撫でてる手つき
とかが、凄く良い感じ。それに何と言ってもミトンがカワイイ。

同じスタッフによる2本の短編『レター』、『ママ』も収録されています。
私はミトンは可愛くて好きだったけれど、他の2本はあんまりそれほどでも
なかったな。Mitten 1967年 / ソ連映画 / 10分

チェブラーシカの時は、3本、チェブラーシカが出てくる
別の内容の作品が続けて上映されたんだけど、ミトンはこれ一つだけなのが
残念。もっと見たかったな~
こちらでちょっと動画と、詳しい紹介、グッズ販売もあります

「チェブラーシカ」
カワイイです。最初見た後は、あの音楽が暫く耳から離れませんでした。
チェブラーシカHP


ロシア語の妙なあの字体といい、60年代頃の色合いといい、なんだか
妙な懐かしさと、良さがありますよね。

こういうパペット・アニメって密かに前から結構好きで、
以前8年くらい前に、ケーブルTVの「キッズステーション」って番組で
どこぞの国?という、チェコスロバキアとかロシアか・・どこなんだろう?の
パペットアニメをやっていて、やっぱり殆ど無声で5~10分くらいで。
あの映像は何年の??と言う感じのレトロな画像のを放映していたんですよ。
その不思議なシリーズ?が子供が凄く好きで、一頃録画して何度も見てたのですが、
そのビデオどこかに行っちゃって・・・
ちゃんとしっかり保管しておけば良かったなあ・・・と後悔しています。
色々な色の毛糸玉が、夜中になると、それぞれの編みぐるみの動物に変身し
運動会だったり・・・そんな風な内容でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無印良品 | トップ | 「牛角」で待たされんぼの対応 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かわいいいいいいいい!!!! (ダイアン)
2005-01-15 10:37:43
チェブラーシカ大好き!!!

こういう色合いとかパペットとか大好き!!!

もちろん「ひょうたん島」も大好き!
かわいい~2 (みみこ)
2005-01-15 11:42:56
ダイアンさん、初めまして。

私もくっつきますね。

ポコアポコヤさ~ん、こんにちは。

チェブラーシカ・・可愛いですよね。

ゲーナもおばあちゃんも(あ~ん、名前がいいづらい)出てくるキャラ、すべて好きでした。

音楽もいいよね。哀愁漂っていて。

これは本も出ているのでそちらでも楽しみましたわ。

劇場でご覧になったなんて、すごいわ~~。

パンフやキャラグッズなんて売っていたのかしら。

ミトンはまだ観ていないの。チェックしますね♪
チェブ大好き! (ケイ)
2005-01-15 11:44:46
おはよう~!

私もチェブラーシュカの大ファンです。ぬいぐるみも持ってます!(笑)

その内に、ティムバートンのジャイアントピーチなんかと一緒にブログで書こうと思っていたところなんですよ~。

パペットアニメは昔から好きで、クレイアニメなんかも好きです。あとは人形劇なんかも好きで、古いところではNHKの里見八犬伝ですかね~(あまりに古すぎる笑)



チェブは本当に「おぼこい可愛さ」が核爆発です。

他のキャラクターもいいし、手作り感もいいです!

紳士のゲーナや、ちょっと意地悪だけれど筋の通ったシャパクリャク婆さん等・・・。

ゲーナのアコーディオンの哀しいメロディも切なくなりますよね。長いロシアの歴史がどうしても哀調を帯びたメロディになってしまうのだそうですが。



ご存知だったらごめんなさい。

チェブのロシアのサイトのようです。

http://chebur.hobby.ru/

トップから二番目のページの左メニューの上から6番目でゲーナの歌が聴けます。

うう、ロシア語ができたら!

長文失礼しました。
ダイアンさん (latifa(ポコアポコヤ))
2005-01-15 14:25:14
わ~!ダイアンさんもお好きなんですね

ひょっこりひょうたん島だなんて、再放送が最近やってる

みたいですね。私も幼い頃見てたはずなのですが、

全然記憶にないのです・・・
みみこさん (latifa(ポコアポコヤ))
2005-01-15 14:34:33
お~みみこさんもチェブラーシカファンなんですね

劇場にはパンフとか売ってなかった様な・・・(記憶薄)

キャラクター商品は、ネット通販とかで色々カワイイのが

最近は売られているみたいですネ!

前にロシアのウラジオストクに旅行に行かれた人の紀行写真を雑誌で

見たら、本場ののみの市で売られているチェブラーシカの人形等が

出ていてとても可愛かったです。
ケイ先生^^ (latifa(ポコアポコヤ))
2005-01-15 14:42:13
ケイさん、すごい~~~!チェブラーシュカマニアの方が

こんな身近にいらっしゃるなんて!

ケイさん是非書いて下さいまし~。チェブラーシュカと、ジャイアントピーチの文楽しみにしています^^

ロシアのサイト、行って来ましたー。

ロシア語の氾濫!なんだか頭の中だけでも外国にぶっ飛んだ妙な

気持ちになれてスゴク楽しかったです!面白い所を教えてくれてありがとう!

音楽も全部じゃないけど聞けましたし、色々なシーンの写真なども見て来れました!

里見八犬伝、こりゃまた懐かしいですなー!夕食の時間の頃にあれが入っていましたなぁ
懐かしや・・・ (ダイアン)
2005-01-15 17:58:27
八犬伝、見てました、見てました!!!

とうとう本も読んだくらい・・・。

あのシリーズ大好きでした・・・・



そうそう、こちらのブログブックマークさせてくださいな。
ダイアンさん♪ (latifa(ポコアポコヤ))
2005-01-15 21:34:29
わ~ダイアンさんも八犬伝見てたんですね^^。

私はTVついてる時見てたって感じでしたが、

本も読まれる程だったのですね~

ブックマーク、どうぞどうぞ。

ありがとうございます~
 (とらねこ)
2008-09-07 16:28:56
これご覧になったのは、'05年だったんですね~。
今年のアンジェリカでは、チェブ一挙4本と、
記事に書いてらっしゃるカチャーノフ短編3つが、それぞれ一つづつ同時上映だったんですよ!
ここ読ませてもらって、他の短編じゃなくて良かった~と思いました。私も『ミトン』お気に入りです♪
3回も続けてみちゃうなんて、すごく気持ちが分かるな~。
とらねこさん☆ (latifa)
2008-09-08 09:29:10
こんにちは~とらねこさん
シネマアンジェリカって、なかなかオツな企画をやってくれる映画館ですね~。
そういえば去年の夏は、アズールとアスマールを見に行ったんだったけか・・ということを懐かしく思い出しました

ミトンは私はレンタルで見ちゃったのです。上映されていたのは、たぶん2004年頃だったのかな・・・。

チェブラーシカは声がカワイイんですよね~。家の子供のお気に入りで、数年前DVDも手に入れました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おぼこい魅力のチェブラーシュカ (◆ 頬づえとシズル感 ◆)
ロシアのパペットアニメ映画「チェブラーシュカ」と、 フランスのアニメ「キリクと魔女」が好きだ。 素晴しいレビューが書けるほど詳しいわけではないけれど、 深く印象に残っているので何度か借りては娘と一緒に見ている。 今回はチェブラーシュカ。 チェブラーシュカは、
チェブラーシカ (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
「ミトン」のロマン・カチャーノフ監督の パペットアニメーション「チェブラーシカ」。 やっと全話観ました! 「チェブラーシカ」2001年公開・ロシア(ソ連) 監督・脚本/ロマン・カチャーノフ 脚本・原作/エドゥアルド・ウスペンスキー *おなかがへってオ...
最近気になる・・・ (toyohisa kanno's blog)
何がって? 田中美保ちゃんが(笑) ←ま、これもウソじゃないんだけど(^-^;)・・・何がって、映像作品がやたら気になる。 前からそうだけど、最近以前にましてやたら気になる。 YouTubeも最近流行ってるし、その効果も少なからずあんのかな? 昨日初めてYouTub ...
100●チェブラーシカ (レザボアCATs)
『崖の上のポニョ』と同時公開!であるこちらは、実は今年の夏のスタジオジブリの、裏の大本命かもしれない。古典にして最強、のロシアのコマ撮りアニメーション。素晴らしいです。絶対機会があったら見て欲しい。
110●ミトン (レザボアCATs)
『チェブラーシカ』と同時上映の作品でした。ユーロスペースのHPでは、こちらの作品はロマン・カチャーノフ監督の最高傑作、とまで言われているよ。'67年、旧ソ連。ロマン・カチャーノフ監督作品。