ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

読書リスト1 国内作家 (作家名別 あ行)

2010-01-28 | 読んだ本リスト

(作家名順)
青山七恵
「風」
「かけら」
「ひとり日和」
「街の灯」

朝井リョウ
何者
桐島、部活やめるってよ

朝倉かすみ
「田村はまだか」「ぜんぜんたいへんじゃないです。」
「感応連鎖」

浅田二郎
「地下鉄(メトロ)に乗って」「県庁の星」小説・映画

飛鳥井千砂
「UNTITLED」
アシンメトリー
「タイニー・タイニー・ハッピー」

飴村行
「粘膜蜥蜴」

有川浩
「三匹のおっさん ふたたび」
シアター!2
「県庁おもてなし課」 「ストーリー・セラー」 感想

植物図鑑
キケン
シアター
「フリーター、家を買う。」恋愛部分は無い方が・・・
「レインツリーの国」 「ラブコメ今昔」感想
阪急電車
「三匹のおっさん」感想

池上永一  テンペスト
磯崎 憲一郎 終の住処

伊藤たかみ 
誰かと暮らすということ
「八月の路上に捨てる」「ぎぶそん」の感想

五十嵐貴久 「パパとムスメの7日間」
石田衣良 「ドロップ」品川ヒロシと、「4TEEN」石田衣良 感想

絲山秋子
妻の超然
「袋小路の男」「ニート」感想

「沖で待つ」絲山秋子、「蹴りたい背中」綿矢りさ  芥川賞作品 感想

伊坂幸太郎
ネタバレ「アイネクライネナハトムジーク 」
「首折り男のための協奏曲」
死神の浮力
ガソリン生活
残り全部バケーション
仙台ぐらし
PK
「バイバイ、ブラックバード」
3652
「マリアビートル」それほどまでには・・・ 感想

「オー!ファーザー 」「砂漠」
SOSの猿
あるキング
「モダンタイムス」「週末のフール」
「ラッシュライフ」「フィッシュストーリー」
ゴールデンスランバー
「グラスホッパー」「アヒルと鴨のコインロッカ―」「死神の精度」感想 
「チルドレン」「重力ピエロ」感想

今村夏子
こちらあみ子

岩城けい
さよならオレンジ

歌野晶午
「葉桜の季節に君を想うということ」「世界の終わり、あるいは始まり」感想
絶望ノート

江國香織間宮兄弟

遠藤周作
「沈黙」「海と毒薬」
「悲しみの歌」 「女の一生―キクの場合」

大崎善生
「存在という名のダンス」「傘の自由化は可能か」
「聖の青春」「将棋の子」大崎善生

荻上直子
「モリオ」感想 

奥田英朗
「我が家のヒミツ」
「沈黙の町で」 
「我が家の問題」5つ★
無理
オリンピックの身代金
ララピポ
家日和
「サウス・バウンド」

小川糸  「食堂かたつむり」私はいまひとつでした・・・

奥泉光 シューマンの指

乙一
箱庭図書館
失はれる物語、暗いところで待ち合わせ 感想
zoo 
「銃とチョコレート」「GOTH」「小生物語」感想
「メアリー・スーを殺して」「私は存在が空気」 「夏と花火と私の死体」

小川洋子
「琥珀のまたたき」
「注文の多い注文書」
「いつも彼らはどこかに」
「ことり」「とにかく散歩いたしましょう」 感想
「最果てアーケード」「余白の愛」小川洋子
刺繍をする少女
人質の朗読会
妄想気分
原稿零枚日記」
「ホテル・アイリス」「まぶた」「やさしい訴え」
「カラーひよことコーヒー豆」
小川洋子の偏愛短篇箱
猫を抱いて象と泳ぐ
「偶然の祝福」「博士の本棚」感想
妊娠カレンダー、貴婦人Aの蘇生、寡黙な死骸 みだらな弔い
薬指の標本 5つ☆ +ブラフマンの埋葬
「おとぎ話の忘れ物」と、「凍りついた香り」、「海」
「ミーナの行進」「完璧な病室・冷めない紅茶」感想

奥田英朗  
「サウス・バウンド」感想 
「家日和」奥田英朗 面白かったです

荻原浩 「僕たちの戦争」 ドラマと小説 

小山田 浩子


恩田陸 「三月は深き紅の淵を」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続き か行以降はこちら
読書リスト 国内作家(作家名別 か行)
読書リスト2 国内作家 (作家名別 さ・た行)
読書リスト3 国内作家(作家名別 な~ん)、アンソロジー等
読書リスト4 (外国作家、絵本、写真集、漫画、その他)
ジャンル:
小説
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さぼてんチョコ 韓国より | トップ | 「化身」感想 宮ノ川 顕  »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
金城一紀「映画篇」 (ご本といえばblog)
金城一紀著 「映画篇」を読む。 このフレーズにシビれた。  easy come, easy go、だよ君ぃ [巷の評判] しんちゃんの買い物帳では, 「いやー面白い。そして素晴らしい。この作品を読んだ ...