ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

ブラザーフッド フランス公開 ロシア版ポスター他

2005-05-13 | 映画感想 他

近く、フランスで太極旗翻して(ブラザーフッド)の上映が決定したそうで、フランスタイトルは、Frères de sang だそうです。ちょっとロシア版も探してみちゃいました。

38-Я ПАРАЛЛЕЛЬ←ロシアでは、「太極旗を翻して」(ブラザーフッド)は
「38線」というタイトルらしく、または以下のタイトル名も有りました。
Братские Узы / Taegukgi Hwinalrimyeo
↑意味不明    ↑ハングル読みを英文で示したらしい

私は読めない文字が結構好きで、ふと昨日発見したロシア語の法則は
Джан Дон Кын, Вон Бин
Dong-Kun Jang, Bin Won, Eun-ju Lee, Hyeong-jin Kong,        
ドンークン・ジャン ビンウォン、ウンジュリ-(イ-)ヒョンジンコン
チャン・ドンゴン  ウォンビン イ・ウンジュ  コン・ヒョンジン
名前の位置が逆になる様ですな!なんだかロシア語って妙に惹かれる
文字だ。アルファベットに近い様で違う、読めそうで読めない所が。
ロシアのブラザーフッド紹介サイト

フランス版に話を戻して、Frères de sang 単純に訳すると「血の兄弟」だけど、フランス語にたけている方だと、もっとましな解釈が出来るんだろうけれど・・・ポスター見ても赤い字でくっきりと書いてあります。le plus gros succes du cinema coreen 「最もすご~く成功した韓国映画」という感じに書かれてます。
予告編の動画は2種類あって、ひとつは吹き替えでした。wonbinが「ママー」って言ってるんです。
フランス版予告編見れるサイト
2種類あって、1番目はアメリカ版に、フランス語字幕がついただけ。
2番目がフランス後版のナレーションが入ってます

出所 ポスター、動画、下の写真全て、フランスのhttp://www.allocine.fr/film/さん

ギャラリーには4枚しか写真が無かったけど、私が好きだったこのシーンがあったので写真持って来ました。(やたらでかい写真ばかりで、すいません)
↓でwonbinにかばわれている人 「チョン・ジェヒョン」전재형さん

「誰にでも秘密はある」他(最近、「乾パン先生とコンペイトウ」に出演中)以前彼のプロフィールなどに触れた文

おまけに、中国版?台湾?かな・・・?のポスター 何度見ても左の方の写真、変。学生に見えません。
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンダーグラフって、甲斐バ... | トップ | 麻花 お気に入りの中国菓子 他 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ウォンビンの「ママー」 (funi)
2005-05-13 10:18:19
それだけでも聞いてみたい。かなり衝撃度は高いはずだ。フランス語だと「ママン」じゃないんですか?イタリア語だとマンマですよね。

スペイン語ではなんて言うんでしょうか?



私結局これ見てないんだよなーこんなにメジャーなのに。見たら面白いんだろうけど、なんか今いち「見よう!」という気にならないんですよね~なんでだろ。



ロシア語ってなんかそれ自体がカリグラフィーみたいできれいですよね。昔私がとりあげた漫画(覚えてらっしゃるかしら・・・「オルフェウスの窓」ってやつ)で、第三部がロシア編なんですが、それを読んで以来のロシアファンのくせにロシア語を学ぼうという気はこれっぽっちもおきなかったなあ・・・(挫折が目に見えてたからか?)



予告見てきました。 (neko)
2005-05-13 14:16:17
見たいなぁ~と思わせる予告編のような気がします。

映画のナレーションって“映画”って感じがしてカッコイイですよね!あの低い声がイイです。



実はね…ひと夏だけロシア語講座に通ったことがあります。(苦笑)

ずいぶん昔のことなので、もうすっかり忘れてしまい、覚えてるのは自己紹介とあいさつだけ。

文字はもう読めません… ロシア語って文字がデザインっぽくて文字らしくありませんよね!
funiさん☆ (latifa)
2005-05-13 17:13:43
予告編動画は、上のリンク先からすぐ見れます。(でも無理して見ないでも良いからネ)

この映画は・・・う~~ん。もし私が全くwonbinとかかわりがない人が出てたとしたら・・・正直、あんまり・・・だったかもしれないです。

元々戦争ものとか、グロいシーンは苦手だし、、、う~ん・・・(言葉に詰まる)

でも、韓国では今までにない至上最高の興行成績で、評判も凄く良かったですよね。



オルフェウスの窓は、残念ながら未見なんですよー。

友達(例の怪奇モノ・夢話し好き)が、はまってました~
nekoさん☆ (latifa)
2005-05-13 17:15:49
ちょっとー!nekoさんったら、凄い!!すごい!!

かなり尊敬!

今までロシア語習ったことある・・って人っていなくて、初めて聞きましたよ。

すごいじゃないですか~。もう忘れちゃったにせよ、やってた、っていうのがすごい!!

でも文字は、すっかり忘れちゃったんですか・・?

それは残念・・・・。
かっこいい! (レイ)
2005-05-17 22:16:59
すごい、素敵なポスターですねぇ。

なんだか、別の映画みたい。

映画って、使われる写真が国によって違っていて

こっちの方が、いいのになぁ、、なんていうのもありますよね。

これは、日本や韓国のものより、好きです。

私も、一応(笑)見るには、見たんですが、、、。

ただ、なんていうか、疲れた、というのが感想です。

たぶん、戦場シーンの移動カメラのせいかと思うのですが。見終わったら、目が痛くて。でも、当然ですが、

韓国の人が見たら、私とは全然別の想いがあるんでしょうねぇ、、、。

私は、戦争で引き裂かれた、家族の物語で、というより

戦場で人間がどうしても持ってしまう、ヒロイックな

気持ちに、心が暗くなりました。

レイさん☆ (latifa)
2005-05-18 07:42:53
ポスター、いつも見慣れているのとは、ちょっと違った雰囲気だったので、つい載せたくなってしまいました。

そうそう、使われる写真がその国々で違うこと多いですよね。そういうの見比べるのとか密かに好きなんです



疲れたという感想、私も同じです。ヘロヘロでした。

元々↓でも書きましたが、怖いの痛いのグロイの見れない性分なので、ほぼ必死で見ました。

移動カメラ・・・きつかったです。私はかなり前の方で見たせいか目が回ってしまいました。



そういえば、「デイジー」、テヒョン君じゃなくて、イ・ソンジェさんが出る事になったんですか・・・?

残念ですね・・
やっぱり、、、 (レイ)
2005-05-18 08:14:03
ウォンビンお好きなlatifaさんも、疲れたんですね。

そういえば、私もウォンビンの鼻の穴も見えるかっていうくらい、前で見たんでしたよ。



「デイジー」は、実はテヒョン君の映画じゃなく、

(チョンウソンシ&チョンジヒョンシの映画で)

「サッドムービー」というのが、新作でした。

お騒がせ致しました(笑)。

今、撮影中だそうです。でも、オムニバス映画だから

まァ、、出演時間30分かなぁ?でも、出演者は豪華!
レイさん☆ (latifa)
2005-05-18 08:28:54
あ!レイさん、おはようございまーす♪

今、同時にPCに向かってるみたいで、嬉しいです~☆

いやいや、好きな俳優さんが出てると、何でも楽しく見れるって訳でもない性分なのです・・・(^^;)

あまりドカーン、バコーン!って映画は元々苦手で・・



あ!テヒョン君のは違う映画だったんですネ♪(そう言われれば、前に、レイさんが後で、ご報告してくださっていた様な・・・汗 スイマセン!どうも最初の印象の方が強くて、その後の事より鮮明だったりして。)

今、調べて来ました。こりゃ~私も見に行きます!(というか、映画来なかったらレンタル待ちですが、必ず見ます☆)すごい豪華な出演陣ですねー。

レイさん、出来上がりが待ち遠しいでしょう?^^

良い映画になってると良いですね
ありがとうございます! (レイ)
2005-05-18 21:22:01
なんて、身内でもないのに、そうおっしゃられると、

嬉しいです。

そうなんですよぉ、すごく、すごく待ち遠しいです!



でも、私も好きな俳優出ていたって、好きじゃない映画は、あります。

ま、一度は最後まで見るけど、もう二度と見ないわ、

というのも、結構あります。

やっぱり、いい映画やドラマを作るのには、役者の力だけでは、だめなんですね。

脚本、演出、音楽、、、全部良い具合に合わさって

いいものが生まれるから。
レイさん☆ (latifa)
2005-05-18 22:25:50
出演人の中に、ラブストーリーのイ・ギウ君とか、オールインのチング君もいたので、この2人、1つの作品でしか見た事が無いので結構楽しみです。



>やっぱり、いい映画やドラマを作るのには、役者の力だけでは、だめなんですね。脚本、演出、音楽、、、全部良い具合に合わさっていいものが生まれるから。



そうそうその通りですねー!なかなか全部が良いのを作るのは至難の業かもしれませんが、作り手が一生懸命だ!って伝わって来る様な作品もあったりしますよね☆
知らなかった! (Mon plaisir ☆)
2006-07-29 17:09:05
この映画、フランスでも公開されてたんですね!!

フランス語の吹き替えでWonbinがMaman~と呼んでいるところ、想像してもあんまりしっくりきませんね^^;

やっぱり吹き替えより字幕で本物の声が聞こえる方がいいなぁ。

あ、だから日本の韓流ドラマは見なかったのかなぁ・・全部吹き替えですものね。
Mon plaisir ☆さん (latifa)
2006-07-31 07:43:56
こんにちは、Mon plaisir ☆さん

またまた、こんな古い記事を読んで下さり、コメントまで、どうもありがとうございます

私も吹き替え大嫌いな一人です。同じですね。



>だから日本の韓流ドラマは見なかったのかなぁ・・全部吹き替えですものね

 解ります。見ていて気持ち悪くなってきますよね。

私も日本語吹き替えの韓ドラは、見る気がしないです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。