ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

ジム・ジャームッシュ作品と、「コーヒー&シガレッツ」

2005-03-03 | 映画感想 他

前回の「ストレンジャーザンパラダイス」の続きを書こうと思ってちょっと検索してみたら、あら!春休みに「2003年カンヌ映画祭短編部門のパルム・ドールを受賞した作品コーヒー&シガレッツ」の上映が決まっているんですね☆

「18年に渡って撮りためたコーヒーとタバコをテーマにした短編映画集。
11本のショート・フィルムに登場するのは、ケイト・ブランシェット、トム・ウェイツ、ロベルト・ベニーニなど総勢24名。
第3話目の『カリフォルニアのどこかで』がパルムドールを取った作品。
予告編の動画はこちら
映画の公式サイト



さて、過去にさかのぼります。
「ザン・パラ」(こんな風に「ストレンジャーザンパラダイス」の短縮言葉が当時使われていたのを突然思い出したわ(^^;)
を見た後、「パーマネントバケーション」を見て、これはカラー映画だったので、また新鮮な印象を受けたし、主人公のほそっこい少年も、合っていて良かった。私がこの映画を見て一番思ったのは、同じ場所に居着かずあちこちを転々としてる主人公が、次の場所に行く時、トランク1つで、すぐ移動出来ちゃう身軽さ・・に、すっごく憧れたのを記憶しています。(私は自分の持ち物・荷物が異様に多くて、それに縛られてしまう性分)

それと、これを見た時は、私は産まれてこの方ず~っと同じ場所・家から移った事がまだ無い時で、引っ越しとか、どこか誰も知らない町で、全てちゃらにして、やってみたい・・・という願望が凄く強かったんです。

その次の作品、「ダウンバイロー」は、コミカルな面白さも加わって、モノクロの映像も音楽も良かったです。(一番上の写真)
でも、私はやっぱり「ストレンジャーザンパラダイス」の2人男コンビの方が好き。大変申し訳ないのですが、どうもロベルト・ベニーニさんの外貌があまり好きじゃないんですよ・・・トム・ウェイツは良かったんですが。

その後、「ミステリートレイン」(当時、日本の永瀬、工藤夕貴が出演するのは、凄ーーい!と思ったもんだった)が、見た感想は、まぁ普通に面白い程度・・・と思って、その次に見た「ナイト・オン・ザ・プラネット」も、普通で・・・あの頃のウィノナ・ライダーは凄く可愛くて、ちょっとこの役にはあまり合ってないんじゃないかなぁ~ 無理があるよな・・・と思いました。



その後、身辺変化もあったし、もう映画館に彼の映画を見に行く事が途切れてしまいました。ビデオで「デッドマン」(ジョニーデップも出ててカッコイイ)を見たけれど、映像や雰囲気は独特だったのですが、なんだか私には退屈な映画でした(ごめんなさい)これを見た頃は落ち着いて見れる状況じゃなかったので、今見直したらはまれるかもしれません。

なんだか、つまんない文になっちゃってスイマセン・・・
とにかく「ストレンジャーザンパラダイス」「パーマネントバケーション」「ダウンバイロー」この3作はどれもかなり好きな作品です
ストレンジャー・ザン・パラダイスとジョンルーリーの文

・ コーヒー&シガレッツ(2003)
・ 10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス(2002)
・ ゴースト・ドッグ(1999)
・ イヤー・オブ・ザ・ホース(1997)
・ R.I.P. ジョー・コールマンの肖像(1997)
・ デッドマン(1995)
・ 豚が飛ぶとき(1993)
・ ナイト・オン・ザ・プラネット(1991)
・ ミステリー・トレイン(1989)
・ ダウン・バイ・ロー(1986)
各映画作品の幾つかのショット写真が見れます
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (追加)JAMIE CULLUM 「Hi... | トップ | お土産 東京ばな奈「しっと... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます♪ (neko)
2005-03-03 09:53:56
latifaさん、ありがとうございます~

「ミストレ」以後全く分からなくなってましたから、嬉しいです♪

私は「ストレンジャー…」と「ダウンバイロー」が好きでしたが、面白さでは後者の方ですね~。

「トランク1つで、すぐ移動出来ちゃう身軽さ・・」これ分かります~!!!

一人暮らしの時は“荷物が少ない”が自慢でした~!今はゴミの中に暮らしてるようなものですが…。

「コーヒー&シガレッツ」見てみようかな~って思います!
Unknown (funi)
2005-03-03 10:48:08
「ザンパラ」、名前だけはよく聞くのですが、なかなか観る機会がありません。ただ、北海道出身・相原コージの4コマ漫画に使われてました(かっこいいよな、面白いな、とか言いながら本当はまったく内容を理解できてない二人の話)。

「ミステリートレイン」「ナイト・・・」両方ビデオ撮ったままほったらかし・・・。ウィノナは本当にかわいらしかった。全然老けないし・・・怖いわ。

「デッドマン」同じく退屈でした。

一体何を言いたいのかがさっぱりわからず、映画は映像美も必要だけど、私はやっぱり内容がある方がいいわ~と痛切に思わせてくれた作品です。いや、内容あるんだろうけど・・・私のパーな頭では理解不能でした。

「コーヒー&シガレッツ」面白そう!大阪でもやるのかな?
nekoさん (latifa)
2005-03-03 14:10:46
nekoさんは一人暮らしを経験された事があるんですね~

いいな~いいな~!憧れの一人暮らし。

私はしたことが無いんですよ・・・

それで荷物が少なかったと??

あ~~~素敵ですね!!なんか、一度、さっぱり!と

してみたいんですよ。

nekoさんは既に経験済みなんですね~



こんなこと言っちゃマズイかもしれないけど・・・

何か造る職業の人って、3作くらいまでは、

こういうのを以前から造りたかったんだ!!という

パワーが有ると思うんですよ・・

でも次々と斬新で面白いものを造るっていうのは

難しいんだろうな~と思ったり・・・
funiさん☆ (latifa)
2005-03-03 14:18:34
funiさん、今見たら、どうだろうか・・・・

ざとらしいな!!って思っちゃう人も結構いるかも

しれないような・・・(急に弱気に・・)

相原コージさんって、北海道出身なんですねー?

知らなかった。



funiさんもデッドマンダメだったんですね。

私もですよ。

私は、元々難解な映画が苦手なんです(理解力が非常に劣っている)

私なんて、半端じゃなく、頭悪いんで・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『COFFEE & CIGARETTES』 (Rabiovsky計画)
ブルータス『COFFEE & CIGARETTES』 雑誌「ブルータス」3月15日号は「COFFEE AND CIGARETTES」 ということでコーヒーとタバコに関する特集! 私はコーヒーが飲めないけどタバコはかなり吸う人間なんです。 みんな何かにつけコーヒーを飲みますよねぇ~  私には理解で