ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

おばあちゃんの家 と 美術館の隣の動物園

2004-12-12 | 映画感想 他

この映画は、凄く期待して凄く待ちわびて見た映画でした。
日本では岩波ホール何十周年記念作品!という誉れ高い
名前と同時に上映されたものの、家から東京まで遠くて
行けずじまい、やっと我が町にやってきたのは岩波ホールで
上映された後、半年近く経ってからでした。

元々の韓国のタイトルが「家へ」だそうです。
とにかく思い入れが深すぎるとハズす事が多いのか、
この映画は他の方々が号泣した・・・というのに、
私及び、一緒に行った人も、う~~ん・・・悪くはないけどね・・・
と面白かったけど、感動までは出来ませんでした・・。
私も産まれてからずっと、祖母と同居しており、おばあちゃんッコだった
のですが・・・

まず、都会育ちのコンピューターゲームばかりしている主役の小学生サンウが、
小憎らしい。憎たらしすぎです。
おばあちゃんが可哀想で、可哀想で、見ていて前半は頭に来ちゃって・・・・

山の中で出会う女の子が、可愛くないです・・・もうちょっとカワイイ女の子
出して欲しかったです・・・でも牛追い少年やら、可笑しいエピソード、
ちょっとしんみりするエピソードなども混ざっていて、面白く見れました。

でも、やっぱりこのサンウよりは、サンウの母親に、むかっと来る。
自分の母親(おばあちゃん)をへんぴな村に一人残して、貧しそうな
暮らしをさせていて、ほったらかしなんだよね・・・きっと。
それでいて、サンウを突然預かってくれって、やってくる。
なんたるヤツだろう。

私はこのサンウ役を演じた少年(ユ・ソンホ)を、この映画を見る前に
他のドラマなどで見ていて、特にMBC「ラブレター」
の1話で
出ていた彼を見て、すっごく可哀想で、何度も泣いちゃったので
かなりこの少年に好感持ったの気持ちで、おばあちゃんの家を見たんですけどね・・・
ラブレター視聴情報、感想はこちら

このおばあちゃんの家の監督さんである イ・ジョンヒャン監督
の他の作品、『美術館の隣の動物園』
もビデオで、見てみました。
こちらは、ちょっとユーモアあるくすっと笑える恋愛映画でした。
こちらは☆3つ。悪くないんですが、別に取り立てて何か印象に
残るという程でもなかったです。
アンソンギさんが出てくるんですが、あんまりこの役には
合ってなかった様な気がしました・・・

最初喧嘩ばかりしている2人が、徐々に・・・って辺りは
面白かったです。シムウナさんが演じる女主人公は
ちょっとズボラなところが、かわいくて好きですね~
イ・ソンジェさん演じる男主人公は、私個人的には、あんまり・・・・
おばあちゃんの家とはちょっと違った雰囲気の映画ですが
くすっと笑える面白い部分が有るのは、共通してるかな。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンドレイ・タルコフスキー... | トップ | 動画 ハウルの動く城 韓国... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご近所です、某ホール (KOAKI)
2004-12-13 00:06:58
latifaさんに怒られてしまいそうですが、岩波ホールは職場の近くです(^^;

この映画の看板も、確か眼にしていました。

NHKか何かの番組でも、少しこの映画のことが触れられていて、なんだか、とっても心温まりそう、とは思っていたんです...。

(でも、結局見れていません。すみません~!)

それにしても、韓国の教育熱は、なかなか凄いみたいですね。この男の子みたいな子供たちが、いっぱいなんでしょうか...。
アウ~~~~!! (latifa(ポコアポコヤ))
2004-12-13 08:36:48
KOAKIさん~おはようございます(^O^)

なんと!KOAKIさんの職場のお近くですか~~!

う、うらやましいです~。

私は2回ほど、岩波ホールに根性あった頃は

行った事がありましたが、ここ何年かは、

めっきりパワー不足で行けないでいます。



この映画、試写会には、天皇家の紀子様家族などもいらっしゃったそうです。

何年か前に韓国で大ヒットした映画です。



そうそう、韓国の教育熱は凄いですよ。韓国の子供達は非常に忙しい子が多いです。学校の後も毎日塾や、ピアノ、英会話、ダンス・・習い事漬けです。高い教育費を使っているお家も多い様です。私は、偶然、同じ年の子供を持つ、韓国人のお友達がいるので、色々な話をするのですが、本当にすごいです。特に彼女が熱心だって事じゃなくて、みんなが凄いので、何もやらないと自分の子だけ、取り残されてしまいそうだから、ついみんなと同じにやらせてしまう・・って言っていました。
岩波ホール近辺 (KOAKI)
2004-12-16 07:41:52
岩波ホール近辺(神保町)あたりも、ここ2、3年の再開発で、だいぶ様子が変わってきました。

もちろん、あのホールは健在ですよ(^^)



教育熱のお話、ふむふむ、と読ませていただきました。観た番組では、30代はじめ、共働きの夫婦で、3歳の娘が一人。すでに英語の家庭教師を付けていて、子供を中心に生活が回っているような感じでした。

数年前に不況に陥ってから、リストラされた経験があるので、「そういう大変な想いをさせたくない、教育し良い学校、良い会社に入って貰いたい」という親心からなんだそうです...。

分刻みのスケジュールで、本当に大変ですね。私のほうが、怠けてるかも(^^;
あ~~行きたいな (latifa(ポコアポコヤ))
2004-12-16 12:04:26
KOAKIさん、そうですか・・あの辺りも随分

変わったんですね・・・

私が行った頃は、駅から降りて岩波ホールの方へ

向かう右の方に、ヨーロッパっぽい小さな

アイスクリーム屋さんがありました。



そうそう、「子供を中心に生活が回ってる」

そういう世界です。

物価だって日本より安いのに、日本より高い

授業料払って、ピアノ、そろばん等に通わせて

いるんですから・・・家計はほとんど子供のために

アップアップみたいですよ・・・
あのガキに頭にきました! (ぶーすか)
2006-12-04 19:56:35
TB&コメント有難うございます。私は最近のTV放送で2本とも拝見しました。「美術館の隣の動物園」はセリフが面白くて大好きなんですがlatifaさんはどうもイマイチだったようですね…(汗)。でも「おばあちゃんの家」は同意見です。もうあの我がままなガキにずーっと怒りっぱなしでした。
<岩波ホール
ここで1度だけ『宋家の三姉妹』を観た事があります。いい作品を上映するところですが、どこよりもちょっと料金が高いんですよね…。
ぶーすかさん☆ (latifa)
2006-12-05 08:17:21
ぶーすかさん、こんにちは
こちらこそ、どうもありがとうございました!
いやいや、美術館の隣の・・・は、面白く見ましたよ^^
3つ☆くらいっていうのは、面白く普通に見れたな~って時につけさせて頂いていて、私は、結構点数つけるのが厳しい方だと思うんです。
セリフや、喧嘩・かけあいは、楽しかったな~って私も思いました。あと傘のシーンを覚えています。

宗家の三姉妹、岩波でご覧になられたんですねー!
私は、前に小説を読んだことがありました。(内容結構忘れちゃって思い出せない部分が
やっと観ました (こまものやJUN)
2008-11-28 21:58:14
こんばんは。
お久しぶりです。
ブログにお越しいただきありがとうございました。
それですでにご覧になっていたのを知ってやって来ました。
以前お邪魔したかもしれませんが…。
latifaさんの子ども&母の感想、なるほどと思えます。
村の女の子はたしかに…風貌はさておいてもちょっと中途半端かも。
こまものやJUNさん☆ (latifa)
2008-11-29 10:59:27
JUNさん、こんにちは~
すいません、わざわざこんな古い記事に来て頂いちゃって・・・
自分でも書いたのは覚えているんだけど、一体いつ頃書いたんだっけ・・・?状態で・・。しかも、確か辛口な事書いたんだよなあ・・って事だけは覚えていたので、、、でも、せっかくなので、後でTBさせて頂きます~

スンホ君、どんな青年俳優になって行くのかな?
昔から子役の主役を常に張っていて、すごいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おばあちゃんの家 (コノヨノシルシ☆)
映画『おばあちゃんの家』観ました! おばあちゃんの家・・・とてつもない田舎!!! そんな所に、突然やってくる都会っ子の孫息子。。。 そして母親は息子を残し、一人帰っていった☆ おばあちゃんと孫の2人暮らしが始まったが、おばあちゃんに挨拶しない!そのうえ「触る
「おばあちゃんの家」「美術館の隣の動物園」 (ぶーすかヘッドルーム・ブログ版)
●おばあちゃんの家 ★★★ 【NHKBS】「美術館の隣の動物園」のイ・ジョンヒャン監督。初めて会う祖母は寒村に住む口が聞けず、文字も読めない老婆。そこに預けられ、祖母と少年の二人だけの生活が始まるが…。この少年が本当に憎たらしくてムカムカしてくる!し ...
おばあちゃんの家 (こまものや日記)
先日、地上波深夜映画でやっていたので録画してやっと観ました。劇場公開時には見逃し