ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

コーヒーアンドシガレッツ Coffee and Cigarettes世界のポスター・感想

2005-11-05 | 映画感想 他

コーヒーとタバコにまつわるモノクロのショートストーリー11話
86年から2003年までの、17年間の撮りだめ映画なんですよね。
全部が面白い訳じゃなかったけれども(登場人物全員を良く把握している訳では
ないので・・・)相変わらずのジム・ジャームッシュ監督の、妙な間と、相手との
気持ちやノリが、ちょっとズレちゃって、気まずい空気?が可笑しい・・・風な
のが面白かったです。

世界各国のこの映画のポスターめぐりをしてまいりました(^_^;)
一番上のはアメリカ版で、登場人物の写真を網羅しているので、誰が
出演してるのか?は良く解りますが、ごちゃごちゃしている感じ。
その他、だいたいがモノクロームで似た雰囲気の中、↓は異色だ(個人的に嫌い)

何故に赤・・・?ちょっと珍しいので貼ってみました。

↓日本版の内のひとつ

amazonさんより

下はユーゴスラビア?クロアチア?解らないのですが、日本版とほぼ似てるけど、
文字の位置でちょっと印象が違いますね♪
何よりもコーヒーをKAVAって言うのが、ちょっと衝撃でした


そしてロシア版

同じ赤を入れても、ロシア版は、文字だけに入れており、ちょっと
こじゃれた雰囲気に仕上がっています(時々こういう世界ポスター
巡りをするのですが、ロシアはちょっと珍しいショットでセンスが良い事が
多くて楽しみな国です^^)
フランスで、持って来なかったのですが、ロベルトベニーニとビル・マーレィの
2人だけ写ってるポスターがありました。ビル・マーレイはジム・ジャームッシュ
の新作「ブロークン・フラワーズ」にも出演していますね。
以前ブロークン・フラワーズ(写真含)について書いた文

さて本題のコーヒーアンドシガレッツ / Coffee and Cigarettes映画の感想です。 
私が一番好きだった3話(トム・ウェイツ&イギー・ポップ)

これは、93年のカンヌ映画祭の短編部門でパルムドールもらったそうです。
あと、ケイト・ブランシェットのみごとな二役ぶりもびっくり。
旦那は彼女を知らなかったので、別人が演じてるんだと思ってたそうです。

一話「STRANGE TO MEET YOU(奇妙な出会い)」は86年(ひょえ~スゴイ昔
ですね!!ダウンバイローと同じ年に作っていたんですな~@@)
2話は89年、メンフィスで『ミステリー・トレイン』撮影中に同作品に出演していた
スティーヴ・ブシェミ、サンキ・リーにサンキの姉ジョイを招いて撮影された
『TWINS/双子』
3作目は92年に北カリフォルニアで撮影された、イギー・ポップとトム・ウェイツが
出演する『SOMEWHERE IN CALIFORNIA/カリフォルニアのどこかで』

各シーンによって、出て来るコーヒーカップとテーブルが違うのですが、
カップは殆どが白。途中色物と、最後はチャイグラスでしたが、
あとテーブルは格子のものが多かったですね~。
最近は世界的に禁煙が進んでいる中、おいしそうにタバコを吸う人達を
撮るっていうのも、ちょっと勇気が要りそうでしたが、禁煙してたのに
つい、また吸っちゃう・・内容もとても可笑しかったです^^
私はコーヒー好き、煙草は昔吸ってましたが、もう辞めてます。

ジム・ジャームッシュ作品と、「コーヒー&シガレッツ」

http://coffee-c.com/

ロベルト・ベニーニ
スティーヴン・ライト
ジョイ・リー
サンキ・リー
スティーヴ・ブシェミ
イギー・ポップ
トム・ウェイツ
ジョー・リガーノ
ヴィニー・ヴェラ
ヴィニー・ヴェラ・ジュニア
ルネ・フレンチ
E・J・ロドリゲス
アレックス・デスカス
イザック・デ・バンコレ
ケイト・ブランシェット
メグ・ホワイト
ジャック・ホワイト
アルフレッド・モリーナ
スティーヴ・クーガン
GZA
RZA
ビル・マーレイ
ビル・ライス
テイラー・ミード
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガウディ建築物part1と、昔... | トップ | 故郷の香り(暖) フォ・ジ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私は愛煙家です(T-T) (をかもと)
2005-11-05 21:48:23
と言うわけで、この作品は楽しく観させていただきました。



世界のポスターめぐりは面白いですね。

ロシア版は確かに良いセンスです。

映画本編でも真上からのショットが結構多用されていて、かなり印象的でしたが、このポスターは良いですね(^-^)
愛煙家ではないのですが (哲)
2005-11-05 22:48:51
実に楽しい映画でした。

非常に贅沢な映画でした。

この世界のポスターめぐりは非常に面白いです。

その国の風土と関係あるのでしょうね。



トラックバックをさせていただきます。
をかもとさん☆ (latifa)
2005-11-06 08:18:50
こんにちは、をかもとさん

をかもとさんは愛煙家ですね^^

煙草も色々な種類のがエピソード毎で登場していましたね^^

そうそう、真上からのショット、面白かったですね。TBどうもありがとうございます
哲さん☆ (latifa)
2005-11-06 08:25:45
こんにちは、哲さん

哲さんは、煙草は吸わないのですね。

コーヒーはお好きですか?^^

世界のポスター巡り、楽しんで頂けて、嬉しいです。時間がかかるので、世界各国で上映されてる映画とか、興味がある映画だけ、たま~にやってます(^_^;)

TBどうもありがとうございました
 (Unknown)
2005-11-06 11:27:02
コーヒーは大好きです。

これを飲みながらでないといい案が

浮かばない(笑)

だからといって、コーヒーに詳しい

わけではない(笑)
ジャケ見ました。 (存在する音楽)
2005-11-06 17:21:10
HMVに寄ってあれこれ物色している時に

latifaさんのBLOGで見かけたものを目にして手にとって これやー と呟いて 周囲にカップルに魚とされました

買わないのに 何?って感じでした



恥ずかしかったんですけれど、見つけて 素直に喜んでいる自分に驚いてもいたんでよ。
哲さん☆ (latifa)
2005-11-07 08:09:03
こんにちは~今朝もコーヒーから一日が始まっていますか?

哲さん、コーヒー大好きだったのですね^^

私も大好きですが、ここ10年くらいは、ブラックで飲めなくなって、すっかりミルク・牛乳と混ぜていつも飲む週間がついてしまいました。

映画の中では、シンプルに「ブラックコーヒー」が気分?でしたね。

白いコップの中に黒い色の方が、カフェオレ色よりも、ずっと絵的に映えますしね(^^;)
存在する音楽さん☆ (latifa)
2005-11-07 08:29:25
おおっ!!そうか~普段存在する音楽さんも、

関西弁なんですね~~。

これや~っていう言葉を聞いて、初めてその辺りが

解りましたぞ☆。

普段標準語で書いていらっしゃるから、すっかりそういう

印象でいたけれど・・・

こういうふとした妙な発見というか、なんだか普段づかいのお姿をかいまみた気がしましたよ^^

なんだか催促してしまいました (存在する音楽)
2005-11-07 22:07:40
いや^^ お恥ずかしい



調子にのって/05のコメントを催促してしまったみたいですね。^^楽しみにしています。

存在する音楽さん☆ (latifa)
2005-11-08 08:10:26
いやいや、いいんですよ

元々、近日中に、書こうと思っていたんですよ♪

今日後でアップしま~す。大した事全然書いてないので、お恥ずかしいです。

存在する音楽さんのレビュー(昨日拝見しました!後でゆっくりレスつけに、お邪魔します)すごくみごと!!!で、リンク先もとても参考になりましたよ
TB返しありがとうございます (ればん)
2005-11-18 00:49:01
TB返しありがとうございます。

ちなみに画像も勝手に使わせていただきました。

ればんさん☆ (latifa)
2005-11-18 09:14:18
こんにちは、ればんさん

TB,コメントを、どうもありがとうございました♪

ポスター (kimion20002000)
2006-03-23 09:21:34
TBありがとう。

ポスターめぐりも、おもしろいですね。

やっぱ、ロシアは、構成主義的なモダニズムで、こういうデザインには、伝統がありますね。

部屋にはりたいものです。
kimion20002000さん☆ (latifa)
2006-03-23 10:21:03
こちらこそ、なんだか沢山、本当にありがとうございます

下らない文、色々拝見してくださったようで、ありがたい反面、なんだか申し訳なくって・・・・



ジム・ジャームッシュの映画はモノクロもスタイリッシュ?で、ポスターも素敵だったりしますよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
COFFEE AND CIGARETTES (独断と偏見の何でもレビュー)
コーヒー&シガレッツ  出演: ロベルト・ベニーニ, スティーヴン・ライト, トム・ウェイツ, イギー・ポップ, ビル・マーレイ  監督: ジム・ジャームッシュ ジャームッシュが18年間に渡り、撮りためた11本の短編をまとめたもの。 コーヒーを飲みながらタバコ
「コーヒー&シガレッツ」■11の物語がモノクロで語られる (映画と出会う・世界が変わる)
ジム・ジャームッシュ作品。「コーヒー」と「タバコ」にまつわる11のストーリーを連ねたオムニバス映画。「コーヒー」と「タバコ」にまつわるというより、この二つが必ず登場すると言った方がいいかも知れない。どの話も実に面白い。それぞれストーリーはあってないよう...
COFFEE AND CIGARETTES (NOBOUND RECORDS)
うーん、すごくオシャレ。 いかにもクロウト好みですな。 モノクロの映像。粋な会話。 出ている人たちもヒトクセフタクセある俳優やミュージシャンばかりです。 カフェとかでこの映画が流れていたら、すごいおしゃれだよねー。 BGM(Back Ground MusicならぬBack Gro
「コーヒー&シガレッツ」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年1本目のDVD鑑賞作品。 ちなみに、ひらりんはプチ・コーヒーマニアなのですよ。 知らない産地のコーヒー豆を買って来ては、チョビチョビ飲んでます。
コーヒー&シガレッツ (栄太(えいだ)の映画日記)
上映時間: 97分 製作: 2003年 アメリカ URL: http://coffee-c.com/ DVD: コーヒー&シガレッツ (Amazon.com) ■2005/04/12の日記(火) 映画『コーヒー&シガレッツ』(渋谷)を見た。 ジム・ジャームッシュがわざ