ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス? 日米版比較

2005-10-26 | 映画感想 他

Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?
映画館に行けずじまいで、やっとレンタル開始になったのを借りて来ました(^_^)/
う~~かなりショック。日本版はかなり好きな作品で、思い入れが深かったせいか
かなり失望。凄く内容やセリフが同じなだけに、全く別物の作品として見る事が
出来なかったです。
元々私がこのShall we Danceで好きだったのは、
何も不満が無いんだけど、なんとなく虚しさを感じていたサラリーマンと
本来のダンスする事の喜びとかを忘れ、態度も高慢だった女教師が、ダンスを
通して、お互いそれぞれ、変わっていく様子を描いている処なんです!

amazonamazon

そして回りの脇役の人達も良くて、それぞれ職場でははじかれもんだったり、
コンプレックスを持っていたりと、楽しい生活をしてる訳ではないのだけど、
ダンスをするということが生き甲斐になって、ダンスしてる時だけは輝いてる・・・
みたいなそんな部分や、ダンス好きな者同士が(あの当時、日本ではあまり
大きな声で言えない様な一部の趣味であっただろう社交ダンス)を
こっそり分かち合ってるかんじも、見ていて微笑ましく楽しかった。

大きな違いとして日本版の主役は、役所広司とダンス教師(草刈民代)で、
アメリカ版は、リチャードギアと奥さん(スーザン・サランドン)だったこと
聞いた処によるとアメリカ映画は、奥さんがちゃんと真面目にやってるのにも
かかわらず、旦那が浮気心?みたいのを持ってしまう・・・様な設定は、
よろしくないとか・・・・
アメリカ版の妻(スーザンサランドン)は、留守がちで、仕事やバザーに
忙しいっていう設定なんですよね・・・
なんだかね・・・映画全部通して、やたらと旦那が奥さんに遠慮してる
感じがして、アメリカ人の夫婦は大変だなぁ・・って思いました。


ずっと何十年も生真面目過ぎるほど生きてきた旦那が、こっそりダンスに
目覚めて(それが最初綺麗な先生目当てだったとしても)一生懸命やって
楽しそうにしてた、それが表にはっきり出た時、アメリカ版では、旦那を
なじるんですね。やっぱりアメリカと日本じゃ違うな~。
日本人の奥さんなら、当初の目当ての部分は嬉しくはないけど
責める人は殆どいないと思う。少なくとも私なら責めないな。

でも、役者という意味で、男主人公は、断然リチャードギアがタイプです。
奥さん役も、スーザンサランドン(バッチリでした♪)の方が好き。
この2人が夫婦っていうのも、とても合っていました。

リチャードギア、とてもこの役に合っていたし素敵でした。冴えない(はずの)
最初のシーンからして、私には凄く素敵に見えましたし・・・。
というか、カッコイイ人がこの役演じちゃったら、話が・・・
やっぱり感情投入出来てじ~~んとなるのは日本版でした・・・・。
日本版の役所さんは、地道に真面目にコツコツ20数年働いてきて、住宅ローンで
やっと手に入れた庭つき一戸建ては、通勤時間がかかる郊外(早朝に自転車で
駅まで走る姿が、もうもう哀愁漂っていて、泣ける・・・)

優しい奥さんもいて、家庭で何も不満が無い。でも、なんだか最近ちょっと虚しい。
この設定がね~~~もう、たまらんですわ。日本にはこういう人が
一杯いるにちがいないんだもん!


脇役も描かれ方も日本版の方が抜群に良かったし、面白かった。
たま子先生を筆頭に、渡辺えり子役、竹中直人役、太って汗かきの青年の
田口浩正役が、アメリカ版では物足りなかった。
竹中直人の会社での妙な歩き方がなかったですね(だってそもそも、アメリカ
版の方の男性は、別に格好悪く無いんだもん)

関西弁のおっちゃんの役が、軽い兄ちゃんに変更なっていて、ギャグとかも
なんか下品になっちゃった感じ。

そして、ジェニファーロペス、窓から外を淋しそうに眺めている・・
って最初のシーン見た時に「たくましい~」
って感じで、最後までなんだか
淋しげって印象より、マッチョなバディだな~という印象の方が強かった。
日本版は、細くて淋しげでちょっとツンツンしてるって感じが、草刈民代さん
凄く合っていたし、踊る姿も素晴らしく美しく、近寄りがたさも出てました。
そのツンツン冷たい先生が、段々笑顔も増えて来る・・って辺りがとっても
良かったんですな・・・。

ジェニファーロペスは、ラテンダンスを踊るシーンでは流石だったけれど、
社交ダンスって設定だし、そもそも、窓の外を淋しげにながめてた・・・
って理由もあまり描かれてない。
日本版ではお父さんから、既にトップダンサー
である彼女を場末のダンス教室で先生するように言われ「冗談じゃないわ!
何故この私が、こんな処で??」とばかりの苛立ち部分があったし・・・
かつブラックプールでの失敗や相手男性とのトゲトゲした過去も説明があって
充分、あの窓の外を見る彼女の心理をこちら側が推察出来るんですよね。

そういえば、ジェニファーロペスがダンスを踊るきっかけになった女性は
やたら綺麗だった!!見たことない人ですが、あの方がもしも先生役を
演じてたら、またこの映画全然違う印象になっていたに違いないです。


ただ、アメリカ版も悪い処ばっかり・・・て訳じゃなくて、
「箱に入れられるプレゼント」という表現、くだりが、とっても良かった
です~~!!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジブリ美術館探訪記~☆ | トップ | 21年前 SUNTORYのCM動画「... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいな~ (みみこ)
2005-10-26 15:27:48
こんにちは。ギア版観たのね。

そっか・・・セリフも同じだったのね。

そもそも、日本とアメリカじゃあ・・・

生活習慣っていうものが違うから、日本版で感じたよさは、そのまま当てはまらない

ですよね。この映画の日本版脇役の面白さってあったでしょ。

私<太って汗かきの青年・・田口浩正>

は印象深かったから、アメリカ版

どんな感じになっているか是非みたいわ。

ガッカリなのか・・・・。でも観たい

ギアって、最初から踊れそうな雰囲気を感じるよね。社交ダンス・・上手でしたか。

シカゴでのタップも見事だったから、踊りの面では期待しているんですけどね。

早く観たいです。
アメリカ版、映画館でみました (honey)
2005-10-26 19:37:44
日本版は見たことがないんですが・・・。

アメリカ版はジェニロペがやたらお色気ムンムンだった印象が・・・。

スタイルがいいので、どうしても情熱的になってしまうのかなあ(笑)

リチャードギアは冴えない役をやってもやっぱり素敵なおじさまですね
みみこさん☆ (latifa)
2005-10-26 21:59:05
こんばんは~みみこさん

そうなのよ~映画館に行く!なんて意気込んでいたのだけれど、またレンタルになってしまったワ。

でも正直映画館に行かなくて良かった・・なんて思っています。(これと、コーラスと、どっち見ようか映画館で悩んでコーラスにしたの)



>太って汗かきの青年・・田口浩正

うん、うん、良い味出してましたよねー。がんばれー!!って思いながら見てました。アメリカ版では・・・これから見る楽しみが減っちゃうから、黙っておくわ。みみこさんのレビューを楽しみに首をなが~くして待ってます
honeyさん☆ (latifa)
2005-10-26 22:04:31
こんばんは~honeyさん

今日は急に寒くなって、暖かめの絨毯を引いてしまいました。

honeyさんも、ご覧になられていたのですねー!

今、honeyさんのところに飛んで探して見たのですが、レビューは書かれていなかったみたいですね。

そうそう、ジェニファーロペスは、お色気ムンムンでしたねー

リチャードギアは個人的に若い時より、おじさまになってからの方が好きです♪
Unknown ()
2005-10-27 00:33:38
日本版、アメリカ版の両方を見ていますが、

作品の優劣とは別に日米の価値観比較の

ようなものが面白かったと思います。

「箱に入れられる贈り物」という

物理的な発想は、いかにもアメリカ的

ではないかと思った次第です。



トラックバックをさせていただきます。
アメリカ版は見てないけども (funi)
2005-10-27 02:01:57
実はうちの母が昔社交ダンスやってたんで、日本のやつ劇場に一緒に見に行ったんですよー。

脇役のシーンでは場内爆笑!面白かったですよねー。

私が一番好きなのは、周防監督が民世さんに「社交ダンス踊れますか」と聞いて、「ステップを教えていただければ踊ります。プロですから」みたいなことを言った・・・らしいんですよ。そのプロ意識に素敵っ!となっちゃいました。

映画とは全然関係ないけど(笑)



リチャード・ギアはほんとセクシーすぎますよね。

「ジゴロ」という言葉が似合う男No.1だと思う。今でも。
哲さん☆ (latifa)
2005-10-27 08:22:46
こんにちは~哲さん

わ~~い!!両方見たことがある、という方と始めて話せて、とっても嬉しいです

しかも今哲さんのブログに飛んで、レビュー拝見したら、私とおんなじ感想で、またまた嬉しさ倍増です!!上の文には書かなかったけれども、「あのシーン」についての感想も全く同じだし

funiさん☆ (latifa)
2005-10-27 08:35:54
こんにちは~funiさん

なんと!funiさんのお母さんが昔社交ダンスを!!すごいー!ドレスはまだ保存してあるんですか?funiさん、やってみようと思ったことはないのかな?あの映画や、ウッチャン・ナンチャンの番組とかで、すっかり社交ダンスも市民権?を得た感じですよねー。今は堂々と「社交ダンスやってるよ」って言える雰囲気に変わった感じがします~



>周防監督・民世さん

ご結婚されましたもんね 彼女を凄く綺麗に撮られていたし。この映画がらみで、現実にもそういうロマンスに繋がったっていうのは、微笑ましいぞ~と思っちゃいます。



>リチャード・ギア ジゴロ

うはうは。昔、80年の「アメリカン・ジゴロ」を見ましたですよ。でも私はあんまり何も感じなかったのです。あと、世間の多い女性が大絶賛する「プリティウーマン」も、そうでもなかったわ・・・

最近のじいさまになってからの方が、私の好きな「犬顔オーラ」が出ていて好きです。

くたびれた、可哀想な役の「運命の女」とかのリチャードギアが結構良かったわん!
間違えてた (funi)
2005-10-27 21:42:35
民代でした。失敬。



プリティ・ウーマンは私もぜんっぜんいいと思いませんでした。

ジュリア・ロバーツがどんなに洗練された格好をしてもゲスかったので・・・。

私もギアは年取ったほうが好きです!

やっぱりある程度濃い顔の人が年取って油抜きされた感じって良いですよね~。
おぉ~! (らら)
2005-10-28 00:04:18
latifa さん、チョッとのお久でした!!!「Shall we dance?』遂に出ましたね!私は、リチャードギアの大ファンなので、もちろん映画館に見に行きました。日本版は、それを見た後で見ました。私は、結構アメリカ版好きでした。細かい部分は別として、映画館で、リチャードにうっとりでしたよ。ただ、latifa さんと意見が同じだったのは、アメリカ版では、リチャードギアが、黙ってダンスを習ってて本当に悪かった!って謝る部分。もちろん国民性の違いから来るのでしょうけど、何でそこまで謝る必要が???と思ってしまいました(笑)何となくダンスなんて、照れくさくって言えなくて。。。と言う気持ちわかるから、あそこまでひどく怒る妻に、チョッとしらけちゃいましたね?(笑)





latifa さんもリチャードのファンなのですね?

娘に素敵!って言ったら、「は?ただのおじいさんやん?」って言うんですよ(おじさんじゃなくて、おじいさんですよ!)ま、10代の子から見たら、無理も無いか?!

私も『運命の女」見たけれど、何か、りチャードギアが可愛そう過ぎて、見ていられなかったわ^^





私は、今テレビでやっている韓国ドラマを見てます。土曜日の夜の7時から2本。『夏の香り」と「・・・インビテイション』(何だっけ?^^;)後のほうは、結構一生懸命見ています。最初のは再放送かな?2時間続けてみると、結構充実感有ります!



映画は、ここ最近、本当にご無沙汰しています~
funiさん☆ (latifa)
2005-10-28 07:00:09
あらっ!漢字、funiさんに言われるまで気がついていませんでした(^^;)(ほんとズボラなもんで・・・)草刈民代さん、最近みかけないけれど、どうしているのかな~?



funiさん、そういえば前からジュリア・ロバーツに対しては良い印象をあまり持ってない気が・・・。

私は彼女がどうのこうの以前に、あの内容には、どってこと感じなかったのです・・・(もうご存じのとおり、富豪の男性が、貧しい女性を・・って内容には全く萌えない性分なので(^^;))



>やっぱりある程度濃い顔の人が年取って油抜きされた感じって良いですよね~。

話はちょっと横道にそれるんだけど、funiさん、リチャードギアって濃い顔なのかな・・・?私は勝手に薄い系って思っていたのですー。欧米人の割には目が小さいというか目がいつも笑顔で横に細くしわしわになってるイメージがあるのですヨ(それが好き)
ららさん☆ (latifa)
2005-10-28 07:10:52
ーーーーーーネタバレ注意ーーーーーーーー

ららさん、こんにちは~

ららさん、映画館に見に行かれたんですねーっ!

私もね、絶対行こうと思ってはいたんですよ。

でも行けなくて・・・だから、せめてレンタルでは、すぐ借りるぞ!と意気込んで(そんな処で意気込まなくても・・・(^^;))レンタル初日に借りて来たんです。

ららさんは先にアメリカ版を見てから、日本版だったから、どうしても先に見た作品の方が基本になりがち・・だから・・・

私ももし、アメリカ版を先に見ていたり、日本版に思い入れがなかったら、もっと良く見れたんじゃないかなーって思っています



ところで、ららさんの娘さんの「おじいさん」発言には、どっひゃ~~~と思ってしまいました。

おじさんじゃなくて、おじいさん~~~~ 

そうかぁ・・・・髪の毛もね、シルバーグレーだしね・・表情も温和だから、おじいさんなのかもなあ・・・そこが好きなんだけどな・・・



>運命の女

見る前は、絶対フランス美形男優の方に、ワクワクするんじゃないか?って思っていたのですが、その俳優さんがあんまり私の好みじゃなかったせいか、断然リチャードギアが良かったです。でも、可哀想過ぎましたよね。わたしぁ~あの旦那からのプレゼントを、彼氏にあげちゃう部分は、酷すぎじゃ~と思いましたわ。



>夏の香り・インビテーション

夏の香りは前に見たことがあります。途中までは結構面白く見ました。とっても画像が爽やかで綺麗でみずみずしいですよね^^

インビテーションは、知らなくて検索してみました。

ユン・ソクホ監督(春夏秋冬シリーズ担当の)の初期の作品だとか。いつか機会があったら、私も見てみたいです。
ご無沙汰です。 (ラム)
2005-10-29 01:16:33
latifaさん

本当にご無沙汰です。

人間疲れると、とまもな文章も書けなくなる。

それでなくともハチャメチャの文章力の持ち主ですから・・・。少し自重しておりました。



「Shall we dance?」 日本版はまずレンタルビデオで、TVで放映された時も観ましたよ。

何と言っても劇中で使われる音楽が良いですよね~!

主演も良いけど、何と言っても竹中直人はじめ助演俳優達の存在が光っているでしょ。

こう言う映画って好きなんですよね。



アメリカ版・・・ギアファンとしては興味があったんですよ。

でも、女優さんが・・・。

日本版は草刈さんで、イメージがピッタリなんだけど・・・。

どうしてもギア&ロペスってのがピンとこなくて・・・。

でも、やっぱり観てみようかな~?!



ギア氏、年を重ねてからの方が素敵になりましたね?!(個人的にはそう思います。)

昔は【ニヤケタ男】って感じが強くて・・・。



これからますます渋い俳優さんになるのでは・・・って期待しています。

その意味ではタイプは違うけどショーンコネリーもそうですね。年をとってからの方が素敵。

女性でも男性でも、年を重ねて魅力的になる・・・そんな人が各界でどんどん増えて欲しいですね。

ラムさん☆ (latifa)
2005-10-29 08:42:57
こんにちは~ラムさん

解りますよ~。疲れてる時って、文どころか思考能力も怪しくなってきますよね。



実はね!この映画見ながら、ラムさんが浮かんだんですよ。ほら、前に欧米人夫婦の破綻?愛情表現を言葉で言わなくなったり、怠る頃にはまずいものが・・って話をラムさんからうかがった事がまず頭をよぎったんです^^

映画見て一番思ったことも、やっぱり、大変だわ~~アメリカって・・・って事でした。



>ギア&ロペスってのがピンとこなくて・・・。

私も見る前からそう思っていましたし・・・見終わってからも、そう思ってます

あまり、色々言うと、これから見るだろうラムさんに先入観とか植え付けそうでまずいんで・・・

是非見終わったら、ラムさんの感想を聞かせて下さいね!!!



それと、最後の文、そうそう!!

私も同じこと思ってました。昔007の時とか若い頃のショーンコネリーってすっごく嫌いだったんですよ。

ところがじいさまになってからは、俄然好きになりました。私はインディージョーンズ3の時のショーンコネリーや、薔薇の名前とかのが、好きです☆

他にも、やっぱり若い頃は嫌だったけど、何故かじいさまになってからは、素敵!って人がいたわ・・・

あっ!一人ちょっと思い出した。アンソニー・ホプキンズもその一人かな。

でも、上の人達と若干ちょっと違うのは、リチャードギアは、じいさまじゃなくて、もうちょっと若い年代・おじさま時代から素敵ってことで・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハリウッド版「シャル・ウィ・ダンス」■これは失敗作です (映画と出会う・世界が変わる)
状況設定、人物設定、そしてストーリーはオリジナルとほとんど同じである。もちろん舞台をアメリカに移したことによる変更はあるが、それ以外は全く同じであると思ってみていたら、ラストでこのハリウッド・リメーク版はオリジナルの日本版と大きく異なることが判る。人そ...
ハリウッド版「シャル・ウィ・ダンス」■ここが不満! (映画と出会う・世界が変わる)
日本版の「シャル・ウィ・ダンス」は、サラリーマンを主人公にしたホームドラマの形の上に「ダンス」という日本では非日常のものを持ち込み、そこで「ローマの休日」のような時間限定のロマンスを持ち込み、登場人物たちの自己実現を描いたという非常に欲張ったウエル・メ...
Shall we Dance? (耳の中には星の砂の忘れ物)
Dance with me?君が僕のパートナーだから。 日本版の『Shall we ダンス?』を観る前に、ハリウッド版を観てしまいました(公式サイト→こちら )。 どーなん?これは、いかに。私は普通に楽しめましたよ。ハリウッド的に。周防監督の方を観てはいないものの、配役はわかる