ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

always三丁目の夕日 ちょっと辛口感想かな・・・

2005-12-12 | 映画感想 他

ALWAYS 三丁目の夕日を見に行って来ました。
幾つもの映画感想サイト、ぴあ等で、どこも軒並み91点以上の高得点なので
期待しちゃイカンと思いつつ、やっぱり期待してしまいました。
映画館は普通の日曜日で、上映されて随分経つというのに、かなり満席に近く
びっくり!こんなに盛況だなんて。客層は、50代以上の男性が多くて
私達なんかは若い方でした。

さて、見た感想はというと、映像(CG)や小物(昔の看板やら小物、部屋や
外の雰囲気)は、凄く懐かしくて、目にするものどれもこれも、おおっ!!と、
目に愉しかったです。
しかし・・・内容は、別にこれと言って・・・とりたてて・・・
な・・
よくある設定や内容でした。だから100点満点で言うなら80点位・・・。
せっかくこれだけ素晴らしい凝った背景やCGを整えたのに、もうちょっと内容に
ひとひねり・・もうちょっと引き込まれる筋書きがあったなら、素晴らしい作品
になれたのに、勿体ないなあ・・って気がするねって話しました。

この映画、若い人が見たら、どう感じるのでしょうか・・・?
昭和33年に小学生以上だった人(しっかり記憶に残ってる年齢の人)が見れば
懐かしさで、内容いかんとして、高得点をつけたくなってしまうのは、何となく
解るのですが、冷静に見れる若い世代の人が見たら、そんなに素晴らしい作品
って思わないのかもしれないなあ・・・と、中途半端な世代の私は思いました。
私はこの昭和33年(1958年)は産まれてなかったけれど、60年代産まれなので、
若干懐かしいと思える部分がありました。
カラーテレビが来た日!、ビデオが来た日!等の喜びを体験出来た?のは
今となっては幸せな世代だったんだなあ・・・って思いました。
always3丁目の夕日 公式HP

元々漫画(ビックコミックだったかな?)は何度か読んだことがあったけれど
この漫画はリアルな絵ではなくて、独特の絵風なので、こうやって実写版に
するというのは全く別の作品に仕上がっていて成功していたと思います。

出演者の方々はみんな演技も上手で良かったですよー。
私は「吉岡秀隆」君(北の国からの純君)が元々好きだし、
堤真一さんの「鈴木モーター」オヤジが結構良い味出してたし、奥さん役の
薬師丸ひろこ、とても良かったです。良いお母さんだなあー!!
温水洋一(電車男と、スローダンス両方に同じ役で出てた人)さんも出てた
のは笑いました。


☆以下ネタバレです☆文字反転して読んで下さい
内容で、私がおっ!ちょっと面白い設定♪と思った部分は、淳之介が偶然同居する
羽目になったおじさんが、大好きだった小説を書いてた人だった・・って処でした。
2人がどんどん情を深めて行くシーンが少なかったかな・・・?
私はお布団を2つ並べた寝床で、芥川竜之介と、淳之介が、小説の内容なんかを
あーだ、こーだと、2人でこうならどうかな?それはつまんないよ、こういうのは
どう?なんて話すシーンがあったら良かったのにな~なんてちょっと思ってしまいました。
そして2人で作り上げたお話で、みごと賞を受ける!なんてならないかなぁ~なんて
思ってしまいました。←オイオイ・・・(^^;)
最後、お金持ちの実のお父さん(善人ではなさそう)が迎えに来るっていうのは、
あら~そんなありふれたオチかい!と、ちょっと思ってしまいました(^^;)

冷蔵庫、テレビ、電話・・・色々な新しいものが家の中に揃って行く中で
唯一捨て去られるものとして、氷そのまんま保存冷蔵庫が捨てられてるシーン
・ピエール瀧(氷屋)が、ちょっと心にちくっとしました・・・。

ネタバレ終了

先日このキネマ旬報を読んだのですが、やっぱり純、良いな~!!って
再確認してしまいました。小さい頃のエピソードや、高倉健さんや黒澤監督
の話し等、とっても面白い話が一杯載っていて、とても面白く読みました。
純君には、ずっと日本の俳優さん(日本映画と日本のTVなどで)腰をすえて
活躍して欲しいな~(海外にどんどん進出してがんばって欲しい人もいるけれど、
吉岡君は日本でがんばって欲しい気持ち^^)

「キネマ旬報2005年11月下旬号 No.1443号 」
 俳優・吉岡秀隆、映画出演50本記念特集 吉岡秀隆インタビュー
<俳優・吉岡秀隆を語る>山田洋次、杉田成道、野上照代、小泉堯史、佐々部清、永瀬正敏...
結婚後、あか抜けた様な気も。この本に載ってる写真で、え~!これって
純君なの?ヾ(≧∇≦)〃というカッコイイ系の写真もありました。
吉岡秀隆君の今までの映画出演作品一覧公式サイトより
50本も出演されているなんて驚きでした。TVドラマにもよく出てるのに。

同上の本で、always三丁目の夕日の山崎貴監督のインタビューも
載っていて、この作品作る時に、映画「ラブアクチュアリー」の要素を頭に
置きながら作ったって書かれていて

あ~だから、色々な人のエピソードを盛り込んだんだな・・・って見た後
解ったのですが、あの時代生きていた人達の色々な話しが、ちりばめられてる
のが好き!良い!って人も多くいるのでしょうけれど、これは人それぞれの
好みもありますよね。私は基本的に主要な人に絞って深く描くタイプの映画の
方が好きなので、ラブアクチュアリーも、そんなに好きな映画じゃなかったし・・・
どうも、色々な人が出て来ると、2時間という時間の関係上、中心的な人達の
描き方や心理描写が突っ込み足りない様な気がしてしまうんですよ・・・
(色々な人が出て来る内容は好きなのですが、そういう内容って、ドラマの
方が好きだったりします。ドラマは時間が多いから、それが可能ですよね)

他の人の話を描く時間分、もっと主要な人達の話しに時間を使ってくれたら、
もっと良かったかね・・・と一緒に見た人も言っていました。
なんか色々偉そうな事を一杯書いてしまい、すいませんでした
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロバート・サブダ ポップア... | トップ | ユン・ゲサン バレエ教習所... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
予告編では (honey)
2005-12-12 20:50:07
感動作ぽかったんですけど、あの時代を生きてないからイマイチ入り込めないかなあと思ってまだ見てません。

吉岡秀隆は最近ようやく「北の国から」のイメージから脱出したような気がします。

確かに垢抜けたなあ(笑)
 (存在する音楽)
2005-12-13 01:43:19
吉岡君には、日本代表のしぶーい役者に成長して欲しいです。

奥さん好きだったんですけど(笑)

僕には「純」での幼少の頃より成長してきたイメージが強くて、土台は倉本聰 今は吉岡節になりつつあるのかなぁ。

どこかナイーブな仕草が魅力的なよい俳優だと思っているんですけど~
honeyさん☆ (latifa)
2005-12-13 08:36:27
昨日、うちの両親が見に行って来たんですよ(60代)

家の両親、普段、辛口?な評価する人達なのですが、

これが、まぁ、手放しで最高だった!って大喜びしてました。

その時代生きてた人と、知らない人では、やっぱり違うのかもなあ・・・と思いました。



吉岡秀隆君は、やっぱりどうしても純って言っちゃうんですよ・・・私は北海道出身なので、つい自分の親戚の子みたいな感覚で勝手に家族的な目で見てしまって・・・
存在する音楽さん☆ (latifa)
2005-12-13 08:42:08
あらっ!私も奥さん、好きでしたよ。

福山君と長く交際してるってよく見聞きしてたから

電撃結婚には、かなりびっくりしましたよ。

全然タイプ違うし・・・(^^;)

2人が結婚に至ることになった、最終話の北の国からも

そういう目も入れて見てしまいました



内田ゆきさん、最初に見た時(共演に、一色サヤとキムタクが出てた1992年頃の青春ドラマで、タイトル忘れました。女同士キスとかしちゃう内容)が、おおお~~なんて可愛い子なんだ!!と思いました。私にとってはその最初のドラマが最高の印象があります。

平成教育委員会とかに出てて、頭良いんだなー!って事で我が家では、評価がでした。

2人が結婚して、なんだか嬉しかったです。ゆきちゃん効果で、純君、お洒落になったのかも
何でしたっけ (存在する音楽)
2005-12-14 00:21:21
「じゃじゃ馬ならし」という映画のタイトルと同じドラマもやってたんですが、キムタク出てたかなぁ~

でも出ていたようーな・・・

「北の国から」で二人が結婚する話と彼らの実際の生活が重なるというのが微笑ましかったです。

同じような視点で見られていたんですね^^
これはやはり話題作です (哲)
2005-12-14 01:28:01
日記に書かれている批判めいた内容は、妥当

なものだと思います。

私の12月2日の内容は批判的に書いた

ものです。但し、作品の内容というより

この映画で描かれている内容への感動的

評価をされた観客へのものです。

現実はどうか、というものです。



この作品、見る年代によって理解の基礎が

ない場合もあり、その意味では本当に傑作

かどうかは疑問です。



と、かなり辛口でした。



トラックバックをさせていただきます。

「その時、ハートはぬすまれた」 でした♪ (latifa)
2005-12-14 08:35:06
存在する音楽さん、ちょっと調べてしまいました(^^;)私が言ってたドラマは、

その時、ハートはぬすまれた というドラマでした。

■フジテレビ系 ■木曜 20:00-20:54

■1992 11/19~12/17 ■全5回放送

http://www31.ocn.ne.jp/~danran/dorama/sonotoki.htm

上のサイトさんは、凄く詳しい説明がされてます。



それで、じゃじゃ馬ならしは、

http://www.skyperfectv.co.jp/info_programme/005_drama/005_0508004.html

これは私、見てないです・・・こちらは観月ありさが主役のドラマだったみたいなのかな?

出演:中井貴一、観月ありさ、内田有紀、鶴田真由、いしだ壱成、武田真治、西村雅彦、草刈正雄 他

と、なってます。
哲さん☆ (latifa)
2005-12-14 08:39:05
こんにちは、哲さん

哲さんのブログで、このalways・・について

何回かに分けて文をアップされていらっしゃいましたよね。

映画見た後、全部拝見させて頂いておりました

その通りだな、って思いました。

多い方が色々なコメントされていて、とても興味深く拝見させて頂きました。

昨日両親が見に行って来て、かなり感動していたので、あら~やっぱりそうかあ・・・と思った次第です。(普段あまり手放しで「良かったよ!」と言わない人達なので)
Unknown (のすとろ)
2005-12-17 17:10:00
ハジメまして!のすとろ「ブログでアクセス!おすすめ映画館」本日開店です!「ALWAYS 三丁目の夕日」はオススメ!な映画です。原作が短編なマンガのせいもありますが、物語散りばめ系なのはやむ得ないかとd('-^o)。最後、全ての話をあの風景一発で1つに結実させてますしね~(o^-')o

<オススメポイント>この映画、泣けます。泣ける;;「人に優しい」んです。ホロリとさせて、笑わせるような優しさ。

>昭和33年の設定や物語=庶民的ですが、画はシッカリしてて。後席のおばあさん「ああ、あんなだったぇ」の声も、気にならず、むしろ歓迎ですよ。なつかし昭和のムード。振り返ると、観客全員が泣いていました。ああ・・一体感。

<まとめ>泣ける幸せ。薬師丸ひろこの「昭和の母」ぶりに「ホッ」としてください。オススメ!
のすとろさん☆ (latifa)
2005-12-18 08:21:22
こんにちは、はじめまして、のすとろさん

この映画に対する熱い思いが、伝わってくる

コメントですね。ありがとうございました。

薬師丸ひろこのママさんは、本当に良かったですね。

映画を見て来た後、むつこちゃんが、色々な

番組やCMに出てたのを後から気が付いたしだいです。

(同一人物だと気がつかなかった)

やっと観ました! (こまものやJUN)
2006-12-28 21:19:48
先月に地上波ゴールデンタイムでやっているのを録画して、先日やっと観ることはできました。latifaさんはじめ皆さんとは一年の時差があります(笑)

この映画以来CGで当時の景色を作るのが多くなったような気がします。

ちょっといろいろ詰め込みすぎて長くなった気がしますが、ラストが暗くなくてよかったです。

来秋に続編が出るそうですがどうなることやら…。

ブログに感想を書きましたのでTBします。宜しくお願いします。
こまものやJUNさん☆ (latifa)
2006-12-30 08:52:32
JUNさん、こんにちは~
ちょっと留守にしていたので、遅れてしまって、ごめんなさい!

CGで未来を描くというのが多かった中、こういう昔の街並みを描くというのは、珍しかった気がしました(私がたまたま見てなかっただけなのかもしれませんが^^)
2も楽しみですが、少々不安でもありますね。

今年も色々ありがとうございました♪
来年もどうぞよろしくお願いします
Unknown (舘 伝人)
2007-11-08 21:03:31
こんにちはー
ちょっと失礼、皆さん初めまして
「続・三丁目」最近…でもないか、売れ筋の芸能人などをメインに据えた駄作も多い上にハリウッド映画もなんだかイマイチなのが多い中、年代などに左右されるものの、それでも特定の観客層にジャストミートできる映画があってもいいかなって思います、その年代から外れている観客はちょっといい話程度でこの程度?と感じるかもしれませんが、「続・三丁目」は駄作の札は私は付けずにおきます。私ですか?たぶんこの時代からカラーTVも既にあり、パソコンもギリギリあったかな?そんな世代でジャストミート世代ではありませんでしたが、うるうるっと最後のほうにきました。自分的判定は良作としときましょう


舘 伝人さん☆ (latifa)
2007-11-08 21:13:44
こんにちは!コメントありがとうございました~
実は、先日のTV放映で、この映画をまた見たんです。
そうしたら、かなり面白くて(爆)
私も、そして一緒に映画を見に行った旦那も、1回目よりも、2回目の方が面白かったんです

内容が解っていつつ、細部を楽しめたせいか?それとも内容が解った上での安心感からか・・・
とにかく、自分がかつて、結構辛口な感想を書いていたことは、忘れていなかったので、そのことが自分なりに引っかかっていて、でも書き直すのもなぁ~という気持ちもあり。 でもこれが1回目映画を見た直後の率直な感想だったのです。

それから年月が経ち、今では、もっと温かい目でこの映画を見れる様になっているみたいです。
続編も、いこうか、いかまいか目下の処非常に悩み中です。
Unknown (ありす)
2012-02-11 20:49:49
私は高校1年生ですが、十分楽しめましたよo
この時代に生まれていなくても、当時はこうだったんだ、とか
この言葉はこの時代にできたんだ、とか
知らない人にも分かりやすいような内容でしたo
ありきたりのストーリーですが、ひねらずに
シンプルに涙を誘うストーリーは個人的には好きでしたo

ありすさん☆ (latifa)
2012-02-12 11:27:16
こんにちは!ありすさん
コメントありがとうございました!
まさか、このあと、この映画の続編が3つも作られる様な、シリーズ作品になるとは、この時は思ってもいなかったです。

この感想を書いたのは、もう7年も前なのですが、続編も楽しく見ています☆
見た直後だったので、辛口な事を言ってしまっていますが、細かい事を今は全然気にせず、楽しくTVで放映されたのを見る様になっています。

私にも高校生の娘がいるのですが、ありすさんと同じ反応で楽しんでくれていました。
そういうのって、なんだか嬉しい気持ちです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ALWAYS 三丁目の夕日」■彼らのその後は・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
予想以上に良く出来た映画であった。「再現」が主役かと思っていたら、「物語」と「人」が主役となっており、良質な娯楽作品である。出演者もみな好演。しかし、見終わった後に非常に複雑な気持ちにさせられる。自殺者の多さは現在の最も痛ましい社会問題であるが、その中...
「ALWAYS 三丁目の夕日」■時代の変化の瞬間 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画で非常に印象に残るシーンがある。鈴木家に電気冷蔵庫が来て、それまでの氷で冷やす冷蔵庫は捨てられる。その捨てられた冷蔵庫を哀しそうに苦々しく見つめる氷屋。演じるピエール瀧の表情がいい。三種の神器が揃って、高度成長時代が近づく。このシーンは、そうい...
ALWAYS 三丁目の夕日 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
西岸良平の『三丁目の夕日』は昔大好きでよく読んでいました。 短編の仄々ムードであの絵柄が人懐っこい、あったかい気持ちになれる漫画だった。 ALWAYS 三丁目の夕日posted with amazlet on 06.08.12バップ (2006/06/09)Amazo
ALWAYS三丁目の夕日 (こまものや日記)
少し前に地上波ゴールデンタイムに放送していました。 録画していたのをやっと観ることができました。 劇場公開は2005年秋。その時は観ていません。おそらく「私の頭の中の消しゴム」や「アメノナカノ青空」を優先させたのでしょう。どうしても韓国映画優先にな ...