ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「ブエノスアイレスの夜」 ガエル・ガルシア・ベルナル

2005-07-31 | 映画感想 他

ビデオ屋に行ったら、新作で出ていたので、つい借りてしまった。
内容は全然知らずに、モーターサイクル・ダイアリーズ、天国の口、終りの楽園
他で好感持ってる「ガエル・ガルシア・ベルナル」君が出演していた
2001年映画ということで。

まずは、主役の女優さん、あらっ・・この人知ってる!どこで
何の映画だったろう・・・と、最初はそればかり頭でぐるぐる考えて
しまって(映画見終わった後解った→ペドロ・アルモドバル監督の
オール・アバウト・マイ・マザー
だったんだ~~)

詳しい内容に興味が有る方は、公式サイトで書かれていますが、
ざっとおおまかに言うと、アルゼンチン出身でマドリッド在住の42歳の女性、
20年前にアルゼンチンのお国の情勢から、悲惨な経験をして、その時の
トラウマで・・・異性と・・・そういうのが出来なくなってしまっている。
彼女の唯一の性的な趣味・・・というかは、壁を隔てた状態で隣の部屋から
漏れる声とかで・・・する事でした。その隣の部屋にお金で買われた
若き美青年ガエル・ガルシア・ベルナルと・・・
という内容です。


この主役の女性セシリア・ロスって、この映画の監督・脚本・音楽担当(
ミュージシャンでもあるらしい)であるフィト・パエスさんと実際に
夫婦
だったんですってね。子供さんもいて(息子)。
でも、この映画を撮影された後、離婚されてしまったそうです。
下の写真、一番彼女が心からニッコリと笑っている写真が
旦那との2ショット
というのは・・・(^_^;) 
旦那、なんだかいかもにマニアック芸術家的風貌ですな。

出演: セシリア・ロス, ガエル・ガルシア・ベルナル, その他
監督: フィト・パエス


http://www.noticine.com/

☆以下ネタバレです☆ 白文字反転して読んで下さい。
アルゼンチンの歴史とかを良く知らないで見ていたので、もっと
色々知っていたなら良かったな・・・と思いました。
ガエル君は、この役にあってましたな~ 可愛かったですよ。
でもあのポスターの下の方、ありゃ~アルゼンチンでは広告に大胆に
使ってOK!なんですかね?

それと、親子だとはねぇ・・・途中から、そうかもなあ・・・とは
思っていたけれど。
やっとトラウマから一歩踏み出せる相手が見つかったと思いきや
息子だったとは・・・

それと、セシリア・ロスさんの独り@のシーンが、迫力有りすぎで
なまめかしさとか、色っぽさとかを通り越していた感が・・・
声もハスキー系でパンチ有るし・・・


http://www.filmaffinity.com/lガエル・ガルシア・ベルナル君のフィルモグラフィー 映画タイトルと写真
写真 amazonより
なんか日本のこの映画のタイトル写真というかは、、ガエル君のみのアップ!
になってる様ですなぁ・・・(^_^;) 多分ガエル人気で、こういう古い作品も
どんどん遅れて公開されたりビデオ化される様になったのでしょうね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7 Seconds ユッスン・ドゥー... | トップ | 鬼が来た!・姜文(チャン・... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見たかった! (レイ)
2005-07-31 09:58:33
のに、いつのまにか終わってた映画でした。

もう、ビデオになってるんですね。

こういう、ストーリーだったとは。

私は「天国の口、終わりの楽園」しか、見てなくって

でも、すごく印象的な役でしたね、ガエル君。





以下、ネタバレ感想です。

++++++++++++++++

「オールドボーイ」もそうなんですが

あれ系の話は、どうしても苦手で、、、。

面白いんだけど、生理的に「ウグぅ、、、」ってなってしまうんです(笑)。これは、どうでしょうか?

そうだわ、前にlatifaさんと、実は弟(兄)だった

っていうのが、抵抗あるっていうお話しましたっけ?

弟がいるからかなぁ、、、と。

でも、ファンタジックな作りだと、そうでもないのかも。

しっかり「ギリシャ神話」とかならね。

むかーーーし、ルイ・マルの「好奇心」を見たときは

なぜか、大丈夫でした。
レイさん☆ (latifa)
2005-07-31 15:20:02
あづい・・・・暑すぎる関東です・・・

レイさんのところは涼しいのかなぁ・・・



レイさん、見ようって思っていらっしゃった映画だったのですねー。いつか機会があったら是非・・・

とは、言えないかなぁ・・・・



++++以下ネタバレ!!!+++++++







そうなんですよー!私は内容あまり知らないで借りたんです。そしたら、レイさんじゃないけど、ありゃ~~これまたオールドボーイか???って思っちゃったんです。でもオールドボーイは非常に罪深い~~!って感じが出ていたけれど、この映画はオールドボーイほどは、何というか・・・うん・・・

まだ見てない方に、こんな風に言っちゃうのは良く無いだろうと思いますんで、ここまでで留めておきます・・(^_^;)



ルイマルの好奇心、見た様な、見てない様な、どうしても思い出せなくて、検索して内容とか写真を見たんだけど、やっぱり思い出せないって事は見てない気がするんですよ。(ルイ・マルの「鬼火」や、「死刑台のエレベーター」は昔見て好きだったので、ルイマル関連で見ようと思ってたのは確かなんだけど・・・)

もし万が一見てたとしても、気持ち悪いという思いが全く残ってない処を見れば、平気だったみたいです。



そうなんですよ・・・家族系、兄弟系も苦手。

弟がいるからなおさらダメなのかもです・・・。レイさん、もしや、山の焚火って映画はご存じじゃないですか・・・これもちょっと・・・だったんです。映像とかは綺麗だったんだけどね・・・

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23828
Unknown (MRSY)
2005-07-31 18:06:55
latifaさんは、映画のことすごくお詳しいのですね。

毎月、どれくらい映画を見ていらっしゃるのですか。

ところで、僕は男優さんより女優さんが気になります。あたりまえかな。
山の焚火 (レイ)
2005-07-31 19:56:03
はいはい、見ました、見ました。

あれは、姉弟でしたっけ?

だから、きっと真面目に描かれると、、、ちょっとね。

でも、同じ姉弟でも「ホテルニューハンプシャー」とか

なら、いいんですが。現実感なくって。



それに、弟もいるし、息子もいるんで。どうしても、

気持ちわるーーー!です。



関東は、すごく暑いんですね。

札幌も、今日はちょっとムシムシ。でも、こんなもん、

けっ!!!って言われそう。

夏バテしないように、熱中症になりませんように!
MRSYさん☆ (latifa)
2005-07-31 21:03:45
そんな全然詳しくないですー!

ただ好きで色々見ているだけです・・・、

忘れっぽいので、古い作品だと、よっぽどの

強い印象がないと忘れてしまったり・・・

毎月どれくらい見てるかな・・・・

こちらにUPしてる文×2、3倍は見てると思います。

でも見ない時は全然見ないし、見るときは一杯って感じです。最近はよく見ていますが、何年か前までは殆ど見ていませんでした。

レイさん☆ (latifa)
2005-07-31 21:08:08
やっぱり、レイさん、見ていらっしゃったのねー!

そうそう、姉妹です・・・・

子供まで出来ちゃうんじゃなかったかな・・・

(忘れてしまったけれど・・・)



ところで!レイさん、ホテルニューハンプシャー、

見たんですが、もうすっかり忘れてしまって、

何も覚えてないんですよ・・・・

ジュディフォスターが出てたとか、部分的には覚えているのですが・・・

旦那と見たので、聞いて見たのですが、彼も覚えてないそうです・・

小説も読んだのに、こんなに忘れちゃうなんて

大丈夫かなあ・・・ちなみにガープの世界も

全て忘れちゃってます・・・



あ~あ、寝苦しい夜が・・・札幌が恨めしい・・・
ブエノスアイレス (paola)
2005-08-01 23:42:54
アルゼンチンのブエノスアイレスにとても興味を持っているpaolaですので、ビデオやさんでこのタイトルを見たとき、即効で借りたかったのですが、新作扱いだったので、もう少し後で借りることにしました

ガエル君が主演ということは!!スペイン語の映画ですね!私、映画見るときは必ず、字幕なのですが、スペイン語やフランス語の響きが好きで、言葉で見る映画を決めてしまったりもします・・・。それから、現在、細々とスペイン語を勉強中・・・。チェゲバラの時も、スペイン語の響きに聞き惚れていました。ああ、この映画もそんな意味で見るのが楽しみです!
paolaさん☆ (latifa)
2005-08-02 07:44:39
こんにちはーpaolaさん~

私も!何かブエノスアイレスっていう響きにヨロヨロとしてしまうんです。何か妙に惹かれるんですよね。

はい!スペイン語の映画でした。

何でもガエル君はアルゼンチンなまりのスペイン語を勉強したそうです。

スペイン語って、世界各国で使われているから、微妙ななまりとかあるんですねー(私の耳には、その差は解りません!(^_^;))



>言葉で見る映画を

うううう・・・これまた解るっ!!私もスペイン語、フランス語の映画に弱いです。響きとかが好きです。

スペイン語お勉強中なんですねー。私も15年くらい前1年位勉強したことがあります。結構日本人に馴染みやすい言語の気が・・・。でも今はすっかり忘れてしまいました・・・(涙)映画をみると、すごく簡単な言葉だけですが思い出したりして、嬉しくなったりします☆
女優 (kimion20002000)
2006-03-23 13:17:47
僕もこの映画は、女優さんに存在感がありましたね。圧倒的な孤独。これは、戦争の後遺症でもありますが、やはり、ヨーロッパの「孤独」のひとつの典型ですね。日本では、こういう、「病理」はなじまない。
kimion20002000さん☆ (latifa)
2006-03-23 17:32:49
こんばんは、kimion20002000さん、

見てからまだ1年経ってないというのに、結構細部を忘れてしまっているのに自分でも呆れてしまいます・・

セクシーな部分だけは覚えてるんですが(爆)

しょうもなくて、スイマセン(^^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ブエノスアイレスの夜」(アルゼンチン・スペイン/フィト・パエス監督) (サーカスな日々)
1976年のアルゼンチンにおける軍事クーデター。ジャーナリストの夫を殺され、宿していた赤ん坊と引き裂かれ、10ヶ月に及ぶ拷問の日々を体験したカルメン(セシリア・ロス)がマドリッドからブエノスアイレスに戻る。 実業家としては成功している彼女だが、家族含め、