ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

トーマス・クレッチマン波瀾の過去 ヒトラー最期の12日間

2006-02-16 | 映画感想 他

ここのところ、3本続けてドイツ映画を見ました。
まずは「ヒトラー 最期の12日間」 「スターリングラード」(ジュードロウの方じゃ
ないやつで1993年の)、そして「ベルリン、僕らの革命」です。
感想文ベルリン、僕らの革命、The Edukatorsあらすじ・世界のポスター

ドイツ映画って、「ラン・ローラ・ラン」、「グッバイレーニン」感想が、かなり
面白くて良い印象を持っています。

まずは、「ヒトラー最期の12日間」
見たのが日曜の夕方だったのがまずかった・・・
もうちょっと違う時間帯に見るべきだったと後悔・・・
主役のブルーノ・ガンツは、本当にヒトラーそのものに見えました。
「ベルリン天使の詩」、「永遠と一日」(テオ・アンゲロプロス)の時
とは、全くの別人。すごい。重厚な内容で、しっかりと作られた映画でした。
最後の12日と、崩壊直前の時期に絞って描かれているというのが、ちょっと
見てみたいな、と興味をそそられて、レンタルしてみました。

そして、この映画に、密かに私がカッコイイナ♪と思っていた、
戦場のピアニストのドイツ将校役のトーマス・クレッチマンさんも
出演していたのは、嬉しかったデス。戦場・・・以来久しぶりに見ましたが
やっぱりカッコイイ!!
で、最期の12日見終わった後、勢いで、「スターリングラード STALINGRAD」
も借りて来ちゃいました。(すいません、見る動機が不純かつミーハーで)
う、うつくしいっ・・・・!!若かった!
解ったことは、年取っても、若くても、両方素敵で、カッコイイということ。
普通どっちかにかたよるんだけど、両方だなんて、素晴らしい!!
この映画も、重厚で悲痛な映画でした・・・戦争の悲惨さがひしひし伝わって
来ました・・・。と、話はトーマスクレッチマンさんに戻り・・・

以前、「戦場のピアニスト」を見終わった後一度、彼の調査検索の旅に
出て、経歴を見て、凄く驚いたんですよ。

(トーマス・クレッチマン Thomas Kretschmannさんの経歴)
1962年東ドイツ生まれ
。(うっ!若干年上・嬉しい・・・(T_T)←こういうこと滅多にないからね)
水泳の代表選手としてモスクワ・オリンピックに出場したという輝かしい
経歴を持ちながらも、18歳のときにたったひとりで、しかも徒歩で国境を
越えて西ドイツに亡命

3年間、自らアルバイトで学費を稼ぎながら演技学校で演技を学び、その後
多くの舞台を経験し・・・

これ読んで衝撃受けて、誰かにこの事を言いたいっ!!と当時思ったもん
でした(友達で戦場のピアニスト見に行った人皆無で言えずじまいだった。
だから今言わせてもらいます。)彼が青春時代を過ごした頃は、まだ
東ドイツ、西ドイツと、分かれていたんですもんね・・・・

ネタバレ 戦場のピアニスト(映画・本)比較

最近の映画では、「キングコング」(未見)「トリコロールに燃えて」
にも出演していたんだなあ・・・この映画、見る意欲が湧いてこなかった
のだけれど、面白いのかな?
→→後日見ました。トリコロールに燃えて 感想

一番上の写真は、「デュカリオン」(2004年 アメリカ 原題:FRANKENSTEIN)
フランケンシュタインを作った博士の役らしいです。
トーマス・クレッチマンさんの出演映画 ぽすれんさん
日本未公開映画?に結構出演していらっしゃるんですな。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔のソノシート(レコード) | トップ | 小山田圭吾 92年OLIVEのお... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まさに重厚な映画でしたね (をかもと)
2006-02-16 23:16:05
トーマス・クレッチマンへの愛が感じられるレビューですね (^^;;;

なぜか「デュカリオン」が観たくなってしまいました。

#「テキサス・チェーンソー」のマーカス・ニスペル監督の作品ですね。
をかもとさん♪ (latifa)
2006-02-17 09:00:07
こんにちは~をかもとさん

なんだか読み返してみたら、とてもミーハーちっくな文になってしまって、本人焦りましたが、もうアップしちゃったので、ま、いいっか・・・と・・・

お恥ずかしいかぎりです(^^;)

をかもとさんの文、しっかり頭にあったのですが、こんな文なので、TB先に貼るのは、はばかられてしまっていて・・・

なんだか、すいませんです、でも、ありがとうございました



そうなんですー!私も何故か、デュカリオンって映画が見たくなってしまいました。1,2年前、夜中の映画番組でも、フランケンシュタインの映画(←この映画のことだったんだと今解りました)を取り上げていて、面白そう・・って思ったものの、ずっと忘れていました。日本公開しなかったみたいですね。レンタルで出てたら借りてみます。



>「テキサス・チェーンソー」のマーカス・ニスペル監督

知らなくて、今検索してきました!知らないです~(;´_`;)面白い作品だったら、今度見てみたいです
テキサス・チェーンソーは... (をかもと)
2006-02-18 13:03:11
「テキサス・チェーンソー」は、ホラー映画の傑作「悪魔のいけにえ」のリメイクです。

スプラッタ物に抵抗が無いのなら観ても良いと思いますが...



オリジナルの「悪魔のいけにえ」が凄すぎたので評価はかなり低めになっている作品ですが、リメイクとして観なければ悪くは無いと思います。
をかもとさん☆ (latifa)
2006-02-18 17:55:54
こんばんは、をかもとさん

また教えて下さるのに再度の書き込みありがとうございました!!

オヨヨ・・・そういうジャンルは、とっても苦手なので、、、、無理そうです・・・(;_;)

気分的には見たいのですが、、、、

いつも色々親切に教えて下さって、どうもありがとうございます!!

Unknown (betty)
2006-07-15 22:23:42
latifaさんーりんふ

クレッチマンさん、ステキですよね。

私が彼をはっきりくっきり意識したのは「戦場のピアニスト」からと遅いので、未見の作品も多くて。

「スターリングラード」、教えてくださりありがとうございます。絶対観てみます!

軍服なんでしょうねえ(ステキ~)。



「Uボート~最後の決断」もすごくステキでした(はぁと)。
Unknown (betty)
2006-07-15 22:37:57
latifaさん

連続コメントで失礼します。

latifaさんのブログを拙ブログのリンクに入れさせていただいてよろしいですか?



(latifaさん、お子さんいらっしゃるんですね?ハワイの旅行記を見せていただいてお子さんのことがちらっと出てきたものですから。うちは子どもが二人、といっても大学生で、年令もオトナになりました。

旅行記を読んで、シュノーケルの話とか、子どもたちを連れてハワイに行ったときのこととそっくりで思い出しました。お子様の成長、楽しみですね)
bettyさん☆ (latifa)
2006-07-16 08:18:28
bettyさん、こんにちは~

私も彼を見たのは「戦場のピアニスト」からです!

未見の作品も多いです☆

スターリングラードは、重厚でちょっと重い映画で、お薦め!って言える感じじゃないのですが、、、

でも若き日のクレッチマンさんを見れるという意味では有意義??でした(^_^;)



Uボートは未見なんです。TVで放映やるっていう機会があったのに、どうもあの手の映画が少々苦手なので、結局見ないでしまいました。後悔!次回は必ず見てみます。



ところで、リンクの件ですが、FC2の映画倉庫の「ラマン」の処でレスしましたが、大歓迎ですよ♪

私もさっそく昨晩bettyさんちを、入れさせて頂きました





え~っ!bettyさん、そんな大きなお子様がいらっしゃるんですか?まだ6,7個しか記事を読んでいないので、全然気がつかず、20代の方かな?なんて勝手に想像しちゃってました 汗))

きっと子供さんと同じ目線で生活されていらっしゃるから、私もそう感じちゃったのかな?

ハワイのお話とかも、読んで下さってありがとうございました!映画以外にも子供や旅行の話しなど、色々出来そうで、とっても嬉しいです。今後とも、どうぞよろしくお願いします

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
DER UNTERGANG (独断と偏見の何でもレビュー)
ヒトラー ~最期の12日間  出演:ブルーノ・ガンツ, アレクサンドラ・マリア・ララ  監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル ベルリン陥落とドイツ第三帝国の終焉までの数日間を、総統の秘書ユンゲの視点から描いた作品。 戦争物だが派手な演出は無く、抑え目の
アドルフ・ヒトラーについて~映像の世紀、アドルフに告ぐなど (一言居士!スペードのAの放埓手記)
今回はアドルフ・ヒトラー[:銃:]について書きます[:強風:]。 ヒトラーは、いろいろ本や映画などにもなっていますが、比較的新しい人物なので映像も多く残っています[:カメラ:]。 NHKの10年くらい前のドキュメント番組『映像の世紀[:雷:]』というものがあるのです
ヒトラー最期の12日間 (シネマでキッチュ)
←さすが名優ブルーノ・ガンツ、魂からヒトラーになりきり~。 この映画を劇場に観にいった一番の理由はブルーノ・ガンツのそんな演技と、トーマス・クレッチマンの軍服姿をみたかったから~という不純なもので・・。 トーマス・クレッチマン、「戦場のピアニスト ...