ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

映画NANA感想と、フランス版漫画NANA他

2005-11-16 | 映画感想 他

映画NANA見ました。漫画は凄く好きだったので、絶対これを映像化する
のは絶対無理だろう~と最初から覚悟して見たせいか、
結構私は面白く見れました(爆)
2時間で、まとめるのは至難の業だし・・・・殆ど原作を忠実に再現していたし
描けなかった部分は残念だけど、しょうがないですよね。
そもそも私は漫画NANAの一番面白かったのが、今回の映画で扱った部分なんです。
内容がまず面白い部分だったし。
来年、映画の続編を作るそうですね、ちょっと不安・・

世間では、当然キャスティングについての不満が一杯聞かれるようですが、
そりゃ無理ですよね、漫画の中の人物を現実世界で捜して来るのは。
それでも、女の子2人nanaは、かなり近かったんじゃないか?と
思いました。ちょっとハチ(宮崎あおい)が、もう一人のnana中島美嘉よりも
背が大きく見えたのはイメージが違っていたけど・・・
回りをざっと見渡したところで、中島さん以外にnanaを演じられそうな外貌・
キャリアの人が見あたらないし、結構私は近かったと思いましたよ^^
漫画での2人は、こんなかんじ


さて、その他キャスティングですが・・(^^;)
漫画未見の方が読まれる事を想定して、以後の話しについて、ネタバレ
しないように注意して書きますね。

一番やっぱり、これは変だと思ったのは、皆さんもそうだと思いますが、
シンでした。
下の絵右側が美少年シンです

それと、レン・・・目を極限まで細めて、ぼんやーりと見れば、
一瞬似て無くもないです
(爆)
ただ、一つだけ。松田龍平君ってば、あんなにスリムなのにお腹だけは
ぽよ~んとしていることにビックリ!他の人だったら別に驚かないんだけど、
あの松田優作の息子さんですよ~~!お父さんの体や仕事ぶりを思うと、
息子が体鍛えてないっていうのが、ちょいと意外だったんです。
 私がいかに松田優作のファンであったかは、 こちら
だって、レンって、革ジャンの中に裸とかよくあるし、上半身裸のシーンも
結構多いのに・・・それに松田君だったら、ちょっと鍛えれば、すぐにいい体
になれそうなのにね。

有り得ない程カッコイイ、レン↑ こんな人存在不可能と思われ・・・・
よって、この役をやれる人を探すのはそもそも無理。
だから松田君を責めるのは酷というものだわ。

次、ノブ。。。。私はね、ノブが結構好きだったんですよ。思い入れがあった。
それだけに、成宮寛貴君は、違う~~!イメージが違うよー!と思ってしまった。
もっと私の中でのノブは、真面目で優しい人。成宮寛貴じゃ、明るいノリ
の軽い雰囲気に感じて見えてしまった。でも成宮君はいつも演技が上手い。
そして、タクミ、玉山鉄二・・・う~ん、違うなー。玉山鉄二ハンサムだけど
ロンゲは似合わない。続編から、一杯登場してくるだろうタクミ・・・・
ヤスはかなりぴったり!笑っちゃいました♪

章司とサチコ う~ん、サチコの声が妙に高くてう~んだったけど、この部分
漫画で私が結構好きな部分だったんです。
わざとだよ」←漫画ファンには、キターーー!って感じでしたよね?^^
切ないけど、現実的にありがちな、恋愛エピソードで、漫画の方が、より一層、
サチコに章二が行ってしまう、やむをえない?過程や気持ちの変化がうま~く
出てたとは思いますが、でも映像で一生懸命表そうとしてたスタッフ・製作陣
の人の気持ちが伝わった感じありましたよ♪全体的に、この映画、スタッフさん
達が原作に思い入れを持っていて、大切に作ってあげたいってことが伝わって
来たから、こんな普段から文句が人一倍多い私みたいな人間でも、楽しく見れた
んだろうな~って思いました。


ハチ(宮崎あおい)の語りのモノローグ部分も、原作のイメージそのままで、
凄く良かったです。←ここ重要ですよね!

ちょっと残念だったのは、美里ちゃんが出て来てなかったこと。
この子の存在って脇ながらも、ちょっと2人のnanaの女同士の心理状態に
関係ちょっと重要な気がするような・・・
続編では出て来るのかな・・・?
こちらゲーム版NANA内で、キャラクター紹介(絵付き)有ります

ところでNANAって、世界中で愛されているんですねー!
ちょこっとネットサーフィンしてみたら、イタリアやフランスにファンサイト
が幾つもあったり、中国他、色々な国にヒットして、びっくり。
ひとつ、フランス語版の中身を持ってきました。ご覧下さいまし。

ハチの親友の淳子・京助↑カップルが私は好きで、この若いのに既に
隠居に入った様な2人の脇役の突っ込みも漫画版で楽しみの一つでした。
私も高校卒業後、似た感じの専門学校に行っていたので、NANAの最初の方の
巻は、共感・解る部分がありました。

idial.aff.bdnet.comさん写真出所も

高校時代のハチ・ナナ達の様子が映画版では全く触れられていません
でしたが、漫画版のこの辺りも、私はかなり好きです。
以前漫画nana、映画化決定について書いてた文
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お気に入りののど飴 キシリ... | トップ | エンヤenya 芭蕉の「すみれ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ははは!>キターーーー! (ケイ)
2005-11-16 16:12:38
こんにちは!

おおおぉぉ~~、NANA御覧になったんですね

予告くらいしか見てない私がコメント書くのもずーずーしいのですが、キャラクターの中では好きな美少年シン・・・む~う、そりはちょっとちげーよって感じですな。

DVD出たら突っ込みいれまくりで娘と一緒に見たいと思います。(単行本は娘のなのです)

あとリアル京介淳子の夫婦コンビも楽しみです。



話は違いますが。

先程Yahooニュースでサントリー烏龍茶の2枚目のCDが今日発売になるというのを見ました。

RYDEEN聞きたいです。(踊りはしないけど、ハハハ)

latifaさんご存知かもしれないですネ。

近所にでっかいツタヤが出来たので借りよう~!

(記事と違うコメントでごめんなさい)
ケイさん☆ (latifa)
2005-11-16 18:15:04
こんばんは~ケイさん

おおっ!ケイさん、しっかり予告編で、シンちゃんがあの子だって解っているんですねー(^^;)

私は見るまで誰が誰なのか知らなくて、予備知識を持たずに見たので、かなりびっくりしちゃいました。

京介・淳子は、ほとんど出て来ないのですよ・・・残念です・・・ちょこっとしか出て来なくて・・・京介は結構合ってたかな。



ところで、ウーロン茶CD2が発売なんですかー。

あのRYDEENは素敵なアレンジでしたよね~

私もフルバージョンを聞いてみたいな。他の曲も興味有り!

ねえ、ねえ、ケイさん、私すごく疎くて恥ずかしいんだけど、音楽アルバムとかのCDって、レンタル開始になるのって、発売されて半年後とか、何か決まりがあるんですよね?それとも映画DVDとかと同様、発売と同時にすぐレンタル出来るのかな?

近所にTSUTAYAが出来たなんて、羨ましいな~。

家はTSUTAYAも遠い、映画館も遠い、駅も遠い・・・ 田んぼと牛小屋はすぐじゃ。
フランスで映画化を! (哲)
2005-11-17 08:42:28
コメント、トラックバックをありがとうございます。こちらからもトラックバックをさせていただきます。



このコミックはフランスでも出版されているのですね。アメリカでも評判だそうで、原作は、もはや国際的な作品なのですね。

さて、フランスで出版されているならば、

これは是非、エリック・ロメールに映画化して欲しいものだと思いました。

原作通りにはならなくても、彼なら新しい魅力を追加できるはずです。

NANA、 (neko)
2005-11-17 09:06:38
読みたいーっ!と思いつつ…まだ読んでないのです。

うん、読みたい!

近々、近所の漫画喫茶に行ってみようと思います。

映画は、私もDVDが出たらツタヤさんで~♪
哲さん☆ (latifa)
2005-11-17 16:43:47
こんばんは~哲さん

偶然見られる機会がこんなに遅くですが出来まして・・(^^;)

ところで、エリックロメールに、っていうのは、全然思いつかなかったけれど、面白いかも!こういう男女の恋愛エピソードを書かせたら強者の方ですよね~。

以前ブログに、エリックロメールについて文を書いたことがあるんですよ。良かったら、見てやってくださいまし^^

http://blog.goo.ne.jp/latifa/e/25993936a3b25c04834c526c5af772fc

nekoさん☆ (latifa)
2005-11-17 16:45:20
こんばんは~nekoさん

是非ぜひ、NANA、立ち読みでも良いから(爆)ちらっと読んでみて下さいまし~☆

でも映画を先に見てから、マンガを読まれる方が良いかもしれないなあ・・・・
おはようございます (ケイ)
2005-11-18 10:13:29
なぬー!京介純子の夫婦ペアはあまり出てこないんですね。

イチゴのグラスとかライターとか小物も映画でどうなっているのかなぁと思っています・・・ってDVD待ちですが(^^;)



>近所にTSUTAYA

うんうん、ツタヤは青森には2軒目で、一軒目は私の所からずーっと離れているんです。

だから新店舗OPENが楽しみです。



レンタル開始のヨーイドンですが(なんじゃこの言い方)、音楽CDは発売同時にレンタル開始な気がします。発売日にズラーッと並んでいるのをよく見るのです。

DVDも広く一般公開されてる普通の映画は、発売と同時にレンタル開始のような気がします。

でも映画によっては違う作品もあったような。

私も知りたくて以前に検索してみたんですが、はっきりわかりませんでした。

私がボンヤリで気がつかない部分もあると思うわ~。

なんか歯切れが悪いコメントになっちゃった
ケイさん☆ (latifa)
2005-11-18 18:12:09
こんばんはーケイさん☆

また説明の為にご足労願ってしまったようで、すまんかったぞ~でも、ありがとうー

まずは、そうなの、そうなの!いちごのグラスはちゃんと出て来ますぞ。パスポートってお店知ってる?(全国あちこちに支店があると思うのだけど・・・)あそこで買ったっぽかったですよ。ハチとナナの住むアパートとかもなかなか素敵だし、そういう話の筋とは別の部分も、割と面白く見れるはずですよー。



それで、なんと!音楽CDもレンタルは映画と同じ様な感じなんですか??それは知らなかった・・・←あまりに無知だったな・・

それじゃ、発売と同時にレンタルして、コピーしちゃう人だっていたはずですよね(最近はコピーガードとかなってるらしいのは聞いているから、出来ないようになってるんでしょうね)教えて下さって、ありがとうー!

今度TSUTAYA行ったら、レンタル音楽CDの所も覗いてみようっと・・・今まで殆ど音楽の所は覗いてみたことがなかったのです。
コメントTBどうもデス♪ (motti)
2006-10-24 09:34:47
>そもそも私は漫画NANAの一番面白かったのが、今回の映画で扱った部分



そういえばそうですね。

運命のイタズラで出会って何か素敵なコトが起こりそうな高揚感...そういうワクワク感が人気の秘密なわけでしょ?



フランスで人気あるんですね!?

全般に日本の漫画やアニメは人気あるのは知ってましたがオメメぱちくりな少女漫画は海外でどうなのかと日頃思っていたので意外でした!



mottiさん☆ (latifa)
2006-10-24 10:04:18
こんにちは~mottiさん

こちらまで来てもらっちゃってスイマセン(^^;)

映画倉庫にも記事あるのですが、あっちは画像が全滅なので、こちらからTB貼らせてもらいました。



そういえば、mottiさんちで、NANA役が最初中島さんじゃなくて、アンナさんの予定だったと聞いて、びっくりしてます。知りませんでしたー!



フランスでは、どうやら日本の漫画、色々なジャンルのもの(女子漫画)でも人気があるみたいだとか・・・

嬉しい限りです
見ました(笑) (みょん*)
2006-12-12 22:34:28
☆NANAネタバレご注意ください☆

latifaさん、こんばんは!
昨晩、ビデオとって見ました!
2、見たい気持ちはかわらないですが、DVDでもいっか(^^)と、気持ちが少し落ち着きました(爆)

私はアニメから入ったヒトだったので・・・。
まぁ、おさらいという感じで見れました(^^;)
心に残っていたシーンがそのまま反映された面もあれば、「あれはいれといてほしかったなー」というシーンもあったりしました。(たとえば、シンがブラスト加入の時に「尊敬するギタリストは?」「レン」「じゃあ、レンを超えて」みたいなシーンが良かったのに・・・けっこうあっけなく加入みたいな。それに、美少年キャラ・シンのはずが・・・latifaさんの言ってた意味がわかりました;)

でも、NANAとレン再会のシーンは映画の方が良かったような気がします。アニメではあっけなくヨリを戻すような感じだったのですが、こう、心の揺れが表現されてたのは映画の方だったかなと。

中島美嘉さんの歌声が本当にいいですよね。
さすが、元祖’雪の華’☆


ちなみにアニメでは前回イチゴのグラスが割れちゃいました・・・
みょん*さん☆ (latifa)
2006-12-13 09:38:37
みょん*さん、こんにちは~
映画版の感想、ありがとうです~~!
>美少年キャラ・シンのはずが・・・
でしょ、でしょ!!!ちょっと、松山ケンイチ君の、シンは会わなかった・・・・。
2では、テニスの王子様の子(未見なんだけど)美形菜少年系の子が演じてるらしい。

>NANAとレン再会のシーンは映画の方が良かったような気がします
 うん、うん、そうだね!!

で・・・レン(松田君)のお腹の、ぽにょ・・・は、気にならなかったかな?(爆)

>雪の華
私は、なぜか、「ごめん愛してる」のバージョンの雪の華の方が好きだったりするんです。
中島さんのも良いけれどもね^^

いちごのグラスにしても、お家にしても、かなり漫画に近いのを揃えて・再現してくれて、漫画・アニメファンとしちゃ~嬉しくなる部分もありましたよね
Unknown (みょん*)
2006-12-14 13:46:16
latifaさん、こんにちは

>レン(松田君)のお腹の、ぽにょ・・・は、気にならなかったかな?(爆)

ああっ(><)
スルーしてあげようと思ったのに、直球だわ(爆)
yahoo映画評のところでも皆に突っ込まれまくってましたね>お腹ぽにょ

ワタシは・・・「あ~これかぁ、皆が言ってたヤツはー」と思いながら見てました。。。もっとすごいの想像してたから、なんとか大丈夫でした☆

夫もギターをしますが、2日に一回は腹筋・腕立て伏せ
100回してます。
なんでも、ライブのときに割れた腹筋&たくましい腕というのはギタリストの必須アイテムらしいです。きっと、B'zの松本さんあたりは意識して鍛えてはるんでしょうね(^^)
中にはあゆの隣でギターを弾いてるよっちゃんみたいな人もいますけどね(^^;)

中島美嘉さんのナナっぷりも目を見張るものがありますね。
NANAの原作、近所の中古で探したんですけどありませんでした。ファンの皆は大切に読んでるんでしょうね(^^)

そうそう、昨日のアニメの最後の方できいたのですが、NANAのアニメも外国で放送される予定だそうです。

原作はlatifaさんが取り上げてはるフランスバージョン以外にも、タイや韓国・中国などなど、9カ国分も出てるとか・・・。すごいですよね!!
みょん*さん☆ (latifa)
2006-12-15 08:25:23
こんにちは~みょん*さん
あっ・・と・・・・。
やっぱり、お腹ぽにょ、世間でも色々言われているんですね・・・。いや~なんとなく、ほら、鍛えてる!って風に見えたからこそ、ビックリ@@みたいな・・・のが、あったんだと思います。
でも、みょん*さんは、最初に、ソレ聞いていたから、心の準備(爆)あって、平気っぽかったんですね^^

みょん*さんの旦那様がギターやってた(好き)っていうのは、最近知りました。ギターの写真拝見させて頂きましたよ☆
実は家の旦那もなんですよ(^^;) 家に全然使わなくなったけど、部屋の隅に立ててあるギターが何本かあります。掃除機かけるとき、邪魔だったりするけど・・・
B'Zの松本さんって、鍛えているんですか? 私は、B'Zは、あまり良く知らないのですが(テレビで出るのを見たり、ラジオでかかってくるのを聞く程度)お2人とも、とても良い感じの人だな~って好感持っています。

で、よっちゃん。
家の旦那に言わせると、外見はああですが(爆)、ギターは、なかなかがんばっているし、すごいみたいだとか・・・。私には解りませんが・・・
でも、たのきん?時代からずっとマニアにギターで、がんばって来て、アイドルじゃなく今の位置にいるのは、ほんと才能が有るとか、色々努力した上での立派な功績?なんだろうな~って思いますわ。

NANA、是非是非、漫画を読んでみて下さい!!
私は、やっぱり、漫画>>>>>>映画・アニメです

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「NANA」■その失敗の原因 (映画と出会う・世界が変わる)
4日の日記で映画「NANA」について私は、この映画には「核がない」と述べたのであるが、このことに対して私の友人が非常に的確な意見を述べたので紹介したい。「テレビで映画『NANA』の紹介を見ましたたが、漫画に出てくる服や家具、小物まで映画ではかなり忠実に...
映画「NANA」■主役はいいが・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
遅ればせながら、やっと映画「NANA」を見た。作品としてピンとくるものがない。つまり作品の「核」が感じられないのだ。それでも退屈することなく見ることが出来るのは主役の二人、宮崎あおいと中島美嘉が持ち前のキャラクターを活かして演じているからであろう。二人...
NANA-ナナ ~ 正反対なのに似ている2人の信頼関係 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 正反対なのに似ている2人の信頼関係 ~ 矢沢あいの超人気漫画を実写化したこの作品。主演は2006年10月公開予定の映画「ただ、君を愛してる」、そして、2008年NHK大河ドラマ「篤姫」にも主演が決定している宮崎あおい、そして歌える女優・中島美嘉の2人で、 ...
NANA (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
若い女性を中心に熱狂的な支持を集める矢沢あいの同名コミックの映画化。 僕はアニメ化よりは意義があったと思う。 NANA -ナナ- スペシャル・エディションposted with amazlet on 06.10.23東宝 (2006/03/03)おすすめ