ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「炎上する君」感想 西加奈子

2012-01-05 | 小説・漫画他

今まで読んだ西さんの小説の中で、この本が一番私は面白かったです。4つ★半~5つ★
短編だったのが残念。それぞれ5つ★つけた章を長編で読みたかったかもしれません。
短編にしておくのが、もったいない!ってお話が何編も含まれていて、凄く盛りだくさんな魅力ある本です。

それにしても、西さんって写真やTVで何度か見たことがあるのですが、結構美人な人なのに、どうしてこう、女性の美貌についての劣等感的な内容のお話が多いのかな・・・と、不思議に思う・・。それとも、逆に「トロフィーワイフ」的に、西さんが小さい頃から美人だった側で、それが故に何か苦労した経験から、こういう文章を書くに至ったのかな?

それと、今回の短編集を読んで、もしかしたら、自分か友人の中に、長年つき合ってきた彼氏が、自分を捨てて別の女子の方に行ってしまった・・・という経験があるのかな?そのショックから、引きこもり気味になってしまったのかな?とか推察してしまいました。

「太陽の上」
太陽という中華料理屋の上は、アパートになっている。
2階には、太陽の夫婦が住んでいて、白桃の様な40代の女将さんは、大将の留守中に、アルバイトの男の子と情事をしている。3階に住んでいるあなたは、3年間、一歩も外に出ずに暮らしており、その時の女将さんの発する言葉をノートに綴っている。
中華料理屋で働く様な男子は、2種類にわけられ、性欲旺盛な人と、無い人と・・ってのが笑った~ホントかな?(^^ゞ

「空を待つ」 これ凄く良かったです。5つ★
ある日、小説家の女子は、携帯電話を拾った。届けようと思っていたが、ふとした遊び心で、来たメールに返信してしまった。送信者はあっちゃん。段々そのメール交換が自分を支えてくれる様になり・・・

「甘い果実」
実生活で、山崎ナオコーラさんとお友達らしいですね

「炎上する君」これも凄く可笑しく面白かったです 5つ★
梨田と浜中は高校時代からの親友。現在30過ぎの独身で資産運用などで生活力はある。学生時代にそれぞれ、おかっぱ頭と赤い頬、おさげ髪に黒い眼鏡ということで、「戦後」、「戦中」「学徒動員」と呼ばれてバカにされていた過去を持つ2人は、それぞれのスタイルをかたくなに変えないまま現在に至っている。2人は「大東亜戦争」というバンドを組み成功するも、ライブは没頭するよりも、こなすものとなり、みなさんの期待を裏切ってはいけない、演じなければならないという気持ちの方が強くなり、感動出来ない様になってしまった。そんな2人が唯一感動出来るのが銭湯と、「足が炎上している男」だった。

「トロフィーワイフ」 5つ★
トロフィーワイフとは、若い頃苦労して仕事して、年を取ってから成功した男の人が、今まで苦労を分かち合ってきた年を取った妻と別れて、若くて、綺麗な女の人をもらうこと。そのトロフィーワイフであった宇津木ひさ江、そして孫の江里子は、一緒に暮らしている。
可愛がられ甘やかされる綺麗な家猫と、野良猫を、女性に重ね合わせて比較する所は、猫好きの西さんらしい、絶妙な表現でした。ネズミやコオロギをつかまえたい、醜くてもいいわ・・・。と後悔するひさ江・・。

「私のお尻」
ちょっとシュールで、面白いお話でした。お尻が「きゅう」と泣く?のが可笑しかったー

「舟の街」
3年間つきあってた彼からふられた。なんと2年10ヶ月前から、まきちゃんとつき合ってたなんて。酷い、酷すぎる・・・。
「だって・・・何よりもおっぱいが大きいんだよ」
ガーン・・・貧乳の人間には一番ショックなセリフです、これ・・。

「ある風船の落下」 これも凄く面白かった 5つ★
風船病なるものが世界に広がって来た。溜め込んだストレスがガスとなり、体を膨張させる奇病で、やがて風船病患者は段階を踏んで、空の彼方へと浮遊していく。帰還した者はいない。

炎上する君/西 加奈子 / 2010-04-29

表紙のイラストは、ご本人が描いたそうです。すごい!絵の才能もあるなんて。
私は図書館で借りたため、知らなかったのですが、なんでもこの本の帯に又吉の推薦が書かれてあるとか?

「あおい」「さくら」感想
きりこについて
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末年始のご挨拶と、2011年... | トップ | 「青年のための読書クラブ」... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
読みたい! (こに)
2012-01-05 18:18:34
明日、本屋さんへ行ってきます!
Unknown (ゆう)
2012-01-05 20:01:47
こんばんは。
西さんの作品は、短編も好きなんですが、この作品は難解すぎたのか、私の好みに合わなかったのか、よくわからなかったというのが正直な感想です(苦笑)

なんだか、独特ですよね~~

個性的で好きですが(笑)
こにさん☆ (latifa)
2012-01-07 16:44:11
こんにちは、こにさん
えっ!、そんな、もうすぐ買いに行っちゃうんですか?
うぬ~~どうしよう・・・
気に入って頂けると良いのですが・・・。
ちょっと小川洋子さんっぽいお話もありましたよ♪
ゆうさん☆ (latifa)
2012-01-07 16:46:09
こんにちは、ゆうさん
今まで読んだ西さんのお話よりも、ちょっとシュールな感じのお話があった気がしました。
小川洋子さんとかが書きそうな、不思議系なお話というか・・・
そういうのが私は結構好きなので、大丈夫だったのですが、西さんの普段の大阪弁の下町っぽい感じ?の話は少な目だったかしら・・・
読みましたよ~ (こに)
2012-03-01 20:12:36
やぁ、すごく良かったです。
キリコ~に負けないくらい忘れがたい作品になりそう。
又吉さんのコメントは以下です。
「読者としての僕を満足させながら、芸人としての僕を不安にさせる」
又吉さんのブログに本書に関する記事をみつけました。流石又吉さん、といった内容でしたよ。
\(~o~)/
こにさん☆ (latifa)
2012-03-04 20:27:18
こにさん、こんにちは
凄く良かったなんて、嬉しいなー!
私も、キリコも、こちらも大好きな小説です。

又吉さんのコメント、教えてくださって、ありがとうございます!そうか、そんな風に書かれていたんですね?
又吉さんって、最近知ったのですが、なかなか凄い人だったんですねー。おみそれしました。
あったー (存在する音楽)
2012-06-17 04:35:45
latifaさん今晩は♪
最近夜中に目が覚めてしまいます。

この前 ピース又吉が紹介していた 最近気になる本の一つにあげていて、面白そうだなって思っていました。
ひょっとしてと思って探してみるとlatifaさんが読まれていたので、ちょっと感動しました。

まだ読んでいませんけれど、これもそのうち(笑)読みたいと思っています。
存在する音楽さん☆ (latifa)
2012-06-20 15:32:20
こんにちは、存在する音楽さん
そうらしいです。又吉が、とても気に入っている本らしいです。
すごく私も好きな本です。
短編が幾つか入っているので、多忙な方でも気が向いた時、ちょこちょこ読めて良いかな、って思います。
是非!
1年 (存在する音楽)
2013-06-02 13:39:27
latifaさん こんにちは
梅雨の合間で過ごしやすい曇り日なんですが、読みかけのまま放置していたこの本が出てきて、先ほど読み終わりました。ここに書いてから1年も経ってました^^

最初はなんだろうなーって思っていたんですが、最後の「ある風船の落下」には驚きました。これ凄い小説ですよね。
面白かったです。また彼女の作品をlatifaさんのを参考にしながら選んで読んでいきたいと思います。
存在する音楽さん☆ (latifa)
2013-06-05 12:29:43
こんにちは、存在する音楽さん
おお~1年が経っていましたか。
最近は年月の経つ感覚が早いです。

最後のお話、面白いですよね。
短編が幾つか入っていると、途中で辞めて、また続きは後日読めばいいか~って、感じで、全て読み終わるのに時間がかかったりします。

この本は娘も最近読んだみたいですが、やっぱり最後の風船の話が一番面白かったと言っていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
炎上する君 西加奈子 (かみさまの贈りもの~読書日記~)
足が炎上する男との出会いをきっかけに、何かに目覚めた色気のない女達を描いた表題作をはじめ、揺れる女心を少し変わった形で描いた短編八編。 空想とも妄想ともつかず、感覚だけで読み進めないと読み終えれないような物語ばかりだったが、最高の皮肉とウィットに富んだ...
西加奈子「炎上する君」 (読書と映画とガーデニング)
角川書店 2010年4月 初版発行 198頁 短編集です 少し小川洋子さんを思わせるような不思議ワールド、そこに西さんの強い筆致で引っ張り込まれるような感じ 一番気に入ったのは表題作「炎上する君」 外見は全くいけていないけれど知的レベルが高く、確固...
「炎上する君」西加奈子 (りゅうちゃん別館)
西のエッセンスがよく出ている短編集。     「太陽の上」 中華料理屋「太陽」の上にあるアパート。 1階が料理屋、2階が「太陽」の夫婦。 そして3階の301には主人公の女性が住む。 彼女は、引きこもりで部屋から出ることなく暮らしていた。 料理屋の女将は...