ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「イニシエーション・ラブ」感想  乾くるみ

2012-09-03 | 小説・漫画他

随分昔に友達から薦められて読んだものの、途中で挫折してしまい、その後今年の春に王様のブランチで、GOING UNDER GROUNDのメンバーの方(角田光代さんの旦那さんではない方)が、薦めているのを見て、再度トライして読みました。

80年代の若者のありふれた恋愛話かと一見思わせられるのですが、最後まで読んでみて、ああっ?!という驚きは確かにありました。男女7人~は私も全話楽しみに見ていたドラマだけれど、もう内容忘れてしまっていて残念。でも登場する昔懐かしい曲とか、あの時代に生きていた人なら反応出来る楽しさがあります。

でもね、この小説の、文体というか・・登場人物とか・・・会話のやりとりとかが、どうもワクワクさせられないのです・・。すいません。。。楽しくサクサク読み難いものの、最後まで読むと、あっ!という処はある小説なので、確かに2度読みたくなる小説です。実際私も1度読んだ後、またすぐ2,3度読みました。もしこの小説の文体とか全体に漂う雰囲気が、もっと楽しい感じだったらなぁ~と、そこが惜しく感じられました(偉そうにほんとにすいません)

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
前半と後半と、たっくんの性格というか・・随分違うことに、とまどいました。
あれ~ウブでお洒落にうとかった男の子が、ちょっとしてこんなに変わるものなのか?って。
だから最後まで読んで、別の男子だったと解って、納得。同じ名前で呼ぶというのは、なかなか~
それにしても、可愛い印象だったマユは、随分したたかな女子だったんですね・・。
でも、いつから彼女は現在の彼氏(2章目のたっくん)に危機感を感じて、次の男(最初の章のウブなたっくん)に、モーションをかけ出したんだろう? というところとか、2人の男の間で、段々次の男にシフトして行く経緯を日付を追いつつ興味深く読みました。
でもねえ、妊娠中絶したばかりの女子が、処女のふりって・・。 
彼氏が東京に行ってからも、遠路はるばるマユに会う為に遠距離運転して通ってくれていましたよね? でもマユが東京に彼を訪ねて行く事は一度も無かったのは何故なんだろう・・?お互いに交互に行き来せず、彼が来るのばかりを待っているのは・・。
彼氏のたっくんが、慶應出の美女に段々惹かれて行って、そういう仲になってしまう経緯だけれど、ここまで女子の方から積極的に迫られたら、しょうがないのかなあ・・・という気もしました。でもいつかきっとその女子に振られる気がするな・・。お金持ちのお嬢様でブランドな女子が、田舎出身のとりたてて学歴も無い男子と結婚まで行くとは思えない・・。
でもマユと次の彼氏のたっくんは、結婚しそうな感じ・・・。
以上

乾くるみ/ 2004年03月
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「かけら」感想 青山七恵 | トップ | 「最果てアーケード」「余白... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっと9月に (みみこ)
2012-09-03 16:18:25
学校始まったね
その後調子はいいかな・・・
ボチボチやろうね。
私もこれ、話題になったときに読んだよ。
最後の数行であ・・・と気づくのに
すぐにピン!!とこなかったんだよね
情けない。内容よりも、オチ重視という作品なのかもね。またね~~
Unknown (こに)
2012-09-04 09:50:00
私も人に薦められて読んで、最後の最後でビックリ!
それから他の作品も二つばかり読んだのですが、胸焼けしそうな空気に乾さんはもう止めにしました。
女性なのにすごい作品を書くんだな~、と思っていましたが男性と知り納得。
みみこさん☆ (latifa)
2012-09-05 11:04:14
みみこさん、こんにちは
あついねえ・・・・でも今がピークで、週末から涼しくなってくれるとか・・・。
それを期待・・・

これね・・・、うん、確かに騙された!感はあるんだけど、いかんせん、なんというかなぁ・・・
微妙といえば微妙・・・。
でも、この本、多くの人が読んでいるみたいね。
こにさん☆ (latifa)
2012-09-05 11:06:25
こにさん、こんにちは!

>胸焼けしそうな空気に
爆笑!!
実は・・・私も、乾さんの本、他に2冊ほど以前借りて読んだ(読もうとした)のですが、たまたま相性が悪い本だったのか、途中で挫折してしまったんです。

>女性なのにすごい作品を書くんだな~、と思っていましたが男性と知り納得。

うわ、、、そうなんですね。男性かぁ・・・。
なんか納得してしまいますわ・・・。
Unknown (日月)
2015-09-01 23:15:30
latifaさん、こんばんわ。

>どうもワクワクさせられない

私も確かにそう思いました!ときめかないんですよね。

ラブシーンがどうも説明的ですし。恋愛シーンでドキドキしていたら、もっと驚きがあったかもしれません。

作中「十角館の殺人」がでてきましたが、最後の謎解きに関するモチーフは似ているので、それをヒントに推測してたので十角館ほど驚かなかったですし。

「便秘での入院」もなんとなく検討ついて、ちょっと怖かったです。
日月さん☆ (latifa)
2015-09-02 12:53:32
こんにちは、日月さん
便秘での入院ー!!
そういえば、そういう風に言ってましたっけね。。。
この小説は、男性が読むのと、女性が読むのとでは、その辺りも、受ける印象とか違って来そうだなあ・・・。

映画版は未見ですが、当時を知っている人なら、楽しめる小物やファッションなどが見れるとのことで、いつかTVで放映してくれたら、見てみようかなーと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イニシエーション・ラブ  乾くるみ (自分では買わず、図書館で本借りて読んでいる、読書嫌いの感想になっていない読書感想??)
これから、これを読もうとしている方は、 この先読まない方がいいです。 この本の面白さが半減以下になります。 辛口です。 内容 僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとと...
乾くるみ「イニシエーション・ラブ」 (読書と映画とガーデニング)
ただの恋愛小説の筈はないよね何か変どうして記述が無いのかな?あれ?こんな話あったっけ?最後から二行目!なるほどね!そうか!必ず二度読みたくなる二度読んで、自分の目で確かめたいとなりますね私は二度は読みませんでしたが何度もページを繰り直して確認しました\...
読書日記376:イニシエーション・ラブ by乾 くるみ (書評:まねき猫の読書日記)
タイトル:イニシエーション・ラブ 作者:乾 くるみ 出版元:文藝春秋 その他: あらすじ---------------------------------------------- 僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々...
「イニシエーション・ラブ」乾くるみ (りゅうちゃん別館)
恋愛小説であると同時に、ミステリー小説でもあるという作品。 私には物足りない。ネタばれあり。    【送料無料】イニシエーション・ラブ [ 乾くるみ ]価格:600円(税込、送料込) 主人公は静岡の大学4年生、鈴木。合コンで成岡(マユ)と出会う。 付き合い始める二...
「イニシエーション・ラブ」 乾くるみ (日々の書付)
少し前に映画化され「ラスト2行のどんでん返し」に興味をひかれて読んでみた「イニシエーション・ラブ」。噂に違わぬラストのオチのインパクトに、他の読者同様、最後の2行を読んでから、最初から気になるところを読み返しました。 「イニシエーション・ラブ」あらす...