ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

ネタバレ大有り オールドボーイ 疑問点

2005-04-27 | 映画感想 他

上の写真はロシアのオールドボーイのポスターなんですね。日本・韓国と随分違っていますよね。
このシーンをポスターに持って来るのか~ロシアは^^ って思いました。

やっと見ました。去年の秋から、長かった・・・(T_T)
まずは、私は面白かったです。賛否両論だったみたいですが、少なくとも私は
最後までドキドキハラハラ、どうなるんだろう~~と、釘付けになりました
展開もスピーディーだったし、見ていて飽きる事無く、凝ったインテリア
(すごい独特な壁紙や色合いや柄とか・・・)音楽の使い方も好きでした。

見終わった後、かなり、どーーっと疲れる映画というか・・・
元々怖い残酷系な映画は見ない方なので、やっぱりこの映画、お家で見て正解だった・・・
と思いました。家のTVで見る程度ならなんとか大丈夫ですので。

まずは韓国映画だいたいにおいて言える事ですが、演技者はとてもみなさんが
熱演、上手に演じられてるな~と思いました。
想像した通り、やっぱり「カン・ヘジョン」ちゃんは、可愛くて合っていたと
思いました。やっぱり、ウォンビンの妹って感じ・・・顔立ちが似ている気が
しました。小さい顔にでっかいパーツがついているのに、けばくなくて、
ちょっと幼い子供と母性の両方を感じさせられる雰囲気がある人ですね。
おっぱいまで露出しての演技は拍手。結構大きいんですね・・・。

★この下から、ネタバレ大有り★
まずは、あんな事ぐらいで、15年も監禁するなんて!って事にですが、
私はがっかりはしませんでした。それどころか、逆に、こっちにしたら何気なく、
もう忘れている様な事でも、相手にとっては、ものすごい憎悪となってる・・・
そういう事があるかもしれないんだ・・って事をみごとに表現?してたと思います。
自分が気がついてない・身に覚えのない恨み、怖い!怖いですねー!!

悪役のユ・ジテは初めて見ました。途中で、えっ、チェ・ミンシクとユ・ジテは
ほぼ同じくらいの年代?まさかー!!
って思っちゃったんですが、後で色々な
方のお話を見たらば、姉が死んだショックで若いまま時が止まったような彼の
様子を表現したくてわざとだ・・・というのを知りましたが、見てる最中は
そこまで想像出来ない私としては、ええ~年離れすぎ!って思ってました。

それと、ユジテのお姉さんの名前「イ・スア」が、やっぱり「姉弟の禁断の愛」
という内容の、2000年頃のヒットドラマ SBS「ピアノ」の姉(キム・ハヌル)の名前と
同じだったのは、おっと思いました(ちょっとこちらは直接の血縁ではないけれど)

ここから、私が解らないで気になってしまっている部分です。
もしお解りになる方、もしくは、こうなんじゃないか?って思われる方は
是非お気軽に、お考え聞かせて下さいませ!。


①ユジテの心臓リモコン?は、もともと、あのリモコンで自殺出来るというのは
 嘘だったんですよね?
②ミドは、5,6年前に父親の消息を訪ねた時、ハングルをすっかり忘れて
 しまっていたとのことでしたが、ペラペラに喋れましたよね・・・?
 それと父親の名前とかは知らなかったんでしょうかね・・・
③ラストシーンですが、韓国版とは微妙に違っているそうなのですが・・・
誰も周りに韓国版を見た人がいないんです。韓国人の友達もこの映画は
見なかったと言ってるので・・・どなたか見られた方がいらっしゃったら
是非違いを教えて頂きたいです。

日本版しか見てない私の想像では、ミンシク氏は記憶が消えなかった。
消えないまま、娘と解っていつつ、2人でやっていく事に決めたって風に
あの涙で感じたのですが・・・(ミドが父だと解ってない様だと安心した)
かたやミドはアジョッシーが、父だという事は解ってないと私は感じましたが

いや父だと解って居る様子だ・・・と思われた方も多い様ですね。

④奥さんを殺したのも、ユジテの仕業なのですよね・・・?
⑤ラスト、雪の中久しぶりに再会した2人、どのくらいの時間が経ってたんだろう・・・

この2人が多分父・娘だなと言う事は割と早い段階でそんな気がしました。
「娘はストックホルムに・・」って処で、もしや・・・って思ったんです。
でも、その部分に推察ついたからって、全然平気でした(^^;
真剣に見てたので、あまり色々先の事「ああなるんだろうな~」とか余計な
事を考えずに巻き込まれる様に見てたのが幸いしました。
この15年は、娘が成長する間の時間つぶしの為の監禁で、
監禁から解放してからが、本当の復讐劇の始まり(娘と関係持たせてショックを
受けさせる)って事まで、このおばかな自分の頭では、すぐにピンと来なかったので。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天然生活 6月号 雅姫さん... | トップ | ロベール・ドアノー 「パリ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれ?! (funi)
2005-04-27 13:43:47
未見だったのですか?すっかりご覧になられていたのだとばかり・・・。



>姉が死んだショックで若いまま時が止まったような彼の様子を表現したくてわざと



これは私も今知った(笑)確かに同年代にはとても見えん。でも確かにユ・ジテはそのショックで若く、チェ・ミンシクは監禁され続けてるショックで老けたのかも知れない。



私は韓国版を見たと思うのですが(字幕なかったし)、日本版のラストってどんなのでした?

最後は吹雪?の中二人抱き合って、雪山の景色でエンドロール・・・だったと思います。



1)リモコン 多分嘘だったはず。

2)催眠術のおかげか・・・それともそうしないと映画が進行しないから(笑)

4)あんまり覚えてないのでわかりません

5)けっこうすぐ後だったんじゃないかなーと思います。事実を知って一気に老け込んだんじゃなかろうか、と・・・。推測です。



funiさん~~~~ (latifa)
2005-04-27 14:18:28
そうです!未見で、やっとこ見ました。

まだTSUTAYAの新作扱いなんですよー。昨日はまた子供の病院通いの為に遠い病院に午前に名前を書きに行って(待たない様にね)、夕方診察に連れて行く用事があったから、途中にTSUTAYAがあるから、当日返却可能じゃ~!と借りて見たんです。新作の1週間レンタルは高すぎるんだもん(私にとっては・・・)



funiさん、確か、前感想とか、書かれてましたよね?、消えちゃったから、もう読めなくて、悲しい・・・うううう・・・



でも、やった!funiさんは韓国版を見たんですね!

あのねラストは日本版も同じ。じゃあ、どこが違うのかな??

それと、誰かが書いてたんですが、韓国版では、催眠術師の女性が亡くなってたっぽい・・・(ミンシクが殺害?)って書き込みを見かけたんですが、違うのかな?



1はやっぱり嘘だったんですよねー。2とか4は、追求しない方が良さそうですネ。

5は、そうかー事実を知ってショックで更に老け込んだって言うのはアリですね!

お答え、ありがとうございました
Unknown (funi)
2005-04-27 15:04:03
催眠術師殺害?!うそ~!!!そんなシーンあったっけ?ラストはけっこう覚えてるんだけど・・・まったく覚えてない。

やっぱり映画は2回見ないとね~!(ここから数分)

というわけでさっきファイルもらう約束したので、来月もう一回見てみますね!



そういえば自分のとこで感想書いてましたっけ(笑)すっかり忘れてた。見終わったらもう一度書きます。
funiさん☆ (latifa)
2005-04-27 15:19:58
殺害のシーンは無いんだと思うんですが、どうやら催眠術師の人が倒れてた・・・死んでた?処がちらっと写る(らしい)んです。

あくまでも、ネットサーフィンしていて、誰かが書いてただけなのです。



でもその人以外にも、韓国版とは違うらしい・・って書いてる人が何人かいたんですよ。そうなると、妙に気になっちゃってね・・・(^^;



感想確か書いてたと思いますよ!私読みたかったけど、読まずに我慢してたはず!

見終わったら、またfuniさんの感想聞かせて下さいね~楽しみにしていまーす
オールド・ボーイ (みみこ)
2005-04-30 06:44:35
おはようございます~来るのが遅くなってゴメンね。

ロシアのポスターって、面白いね。これだけじゃあ・・まったく内容想像できないですよね。

↑大判写真が沢山掲載されていて、楽しく拝見できましたよ。。

<あの2人の年が離れすぎ~>これはほとんどの人がいっていますよね。まあ、私もそう思ったけれど、

細かいことは目をつぶり、考えないことにしようと

結論付けました。原作マンガだしね。

それでも、ユジテ、オールバックにして普段より

大人びた雰囲気を出したそうですよ。もともと、童顔ですしね・・。

一番下のユジテのえびぞり写真ね。これはワイヤーで脚引っ張ったんですって。映画のため彼も、ヨガ練習したそうですが、さすがに、このカタチは無理だったとか。私だったら・・・ノーコメント・・笑

①~⑤までの疑問。↑のお答えとほぼ同じ。

⑤はね・・監督さんが、わざと時間の流れを曖昧にしたようですよ。どう解釈してもいいみたい。

最後のミドとミンシクさんの記憶の件は、latifaさんと同じ解釈かな。これ色んな意見が飛び交ったみたいですけれど、わりと素直に受けとりましたわ。

 痛い部分も多かったけれど、楽しめるものもあって

面白い映画でしたよね・

話は違いますけど・・・。

連休いかがですか~~。うちは、大きなイベントなしで、ほぼ同じペースの日常ですわ・・。

相変わらず早起きだし・・・笑

ではまたね~~♪
みみこさん☆ (latifa)
2005-04-30 07:59:05
こんにちは~みみこさん。家も相変わらず同じ様な毎日です。今日は親戚の家に遊びに行く予定だけど他は何も無いよー。



ところで、一杯書いてくれて、ありがとうーさっすが、みみこさん、詳しいわー!

色々教えてくれて、助かりました。

そうか~あれ、ワイヤーで釣ったのね?ひょえー!

みみこさんと私、似た様な見解で見た部分が多かったみたいですネ☆嬉しいナ。



私も見終わった後、他の方はどう思ったのかなあ・・ってちょこちょこ見たんだけど、結構評判良くなかったりするんだよね。(←ちょっと意外だったんだ)

私は、最近見た映画の中では、スピーディーでグイグイ釘付け状態度が、かなり高い映画だったんだけどネ。細かい部分や、15年監禁の理由のオチ(これはこれだけ~?って思う方がいてもおかしくないもんね。受け取る方の気持ちは千差万別だと思うから)を差し引いても、そのグイグイだけでもかなり好評価受けられそうだと思ってたんだけど・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オールド・ボーイ   プレミアム・エディション (ちょっとお話)
オールド・ボーイ  プレミアム・エディションを購入しました。劇場でも観たのですが、今回特典内容の充実さにひかれて、再見しました。映画の感想はこちら・・http://www.h4.dion.ne.jp/~oshidori/suirimono2.htm#o-rudo何回観ても、後味が悪く、生々しい、陰険な内容です
オールドボーイ (distan日誌)
去年のカンヌ映画祭で、グランプリに輝いた韓国映画。審査委員長のタランティーノ監督が、絶賛したとのこと。 (ここからは、ネタバレ全開です) ひとことで言えば、「二重構造を持った復讐譚」です。主人公であるオ・デスが、15年間監禁されたことに対する復讐を遂げよ
オールド・ボーイ (mama)
OLDBOY 2003年:韓国 原作:土屋ガロン、嶺岸信明 監督:パク・チャヌク 出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン、キム・ビョンオク 妻と一人娘を持つ平凡 ...