ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

グッバイ、レーニン!限りなく5つ星に近い

2005-05-22 | 映画感想 他

ポスターは珍しい中国語版他。日本向けのとはちょっと違っていて
こちらの方がより政治色を感じさせられる雰囲気ですよね。
 やっと見ました。予想以上に良くて面白い映画でした。5つ☆でも
良いくらいの、限りなく5つ☆に近いって思いました!
こんな優しい息子がいて、ママは幸せもんだー!と思いました。
その一言に尽きる。しかしその息子にはこれまた良い友達が居るんですよね。
息子がママにバレないように一生懸命な姿が微笑ましかったし・・・
看護婦さんも凄く可愛かったし、統一後の東ドイツの庶民の生活の
変化の様子が、色々なエピソードをユーモア交えながらも語られる手法は、
大好きでした。

グッバイレーニン公式サイト(かなり充実してます)
フランスの公式サイト

あと、音楽!あれぇ・・・これはどこかで聴いた事がある・・・と見ながら
ずっと気になっていたのですが、やっぱりアメリと同じ方「ヤン・ティルセン」
という方が担当されていたんですね。
曲も同じのがありましたよね?どうして同じのを使うのかな?
まあ、それはさておいて・・音楽も良かったです。
こちらでグッバイ、レーニン!のサウンドトラック試聴出来ます。
Summer 78って曲は、アメリと同じですよね!

以前こちらでも紹介しましたが、私が大好きなクラッシックカー
(トラバント他)が一杯画面に出て来て、すごく目に愉しかったです。

★以下ネタバレ部分、白文字にしていますので反転して読んで下さい★
ママとパパとのやりとりの部分が全く解らなかったので、ちょっと
そこを見たかったような・・・。
あと、最初の隠し通そう!と思った気持ちは良く解るのですが、
途中で何回か「あ~もうここで言っちゃった方が良くないか?」という
分岐点がちょっとありました。

ベルリンの壁が崩壊した時のTVの映像や
その時の事を既にもう大人になっていた私は良く覚えています。
私の子供の頃は、東ドイツの人が西ドイツに亡命した体験談や壁を挟んでの
厳重な体勢や・・・そういう番組がNHKなどでよく放送されていて、
子供心ながらも、重い気持ちでいたので、崩壊されたときは、まさかこんな
日が来るなんて!って思ったものでした。人の記憶というのはひどいもので
あれから10余年が経ち、すっかり壁が無くなった今の状態が当然の様に
思えていたのですが、そう言われれば、ほんの10数年前までは、
別々の国だったんだものなあ・・なんて感慨深くなってしまいました。

主役のママ思いの青年を演じた、ダニエル・ブリュールは、最近上映開始なった
ベルリン僕らの革命にも出演しているんですね。
経歴を見ると生まれがバルセロナだとか。なかなか自然な演技で、素朴な青年
を素のように演じていて好感持てました。
ベルリン僕らの革命公式HP
この映画も見てみたいです。
 見ました→感想・あらすじと世界のポスターはこちら

今まで見たドイツ映画では「ラン・ローラ・ラン」なども印象的でした。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バティニョールおじさん ジ... | トップ | バガボンド好き! 世界各国... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ベルリンの壁 (ダイアン)
2005-05-22 10:45:08
が落ちたとき私はイギリスに居ました。

びっくりしましたよ・・・

その後数年してベルリンに行ったんですけど、

いや~圧倒されました。

住んでみたい街の一つです。
ダイアンさん☆ (latifa)
2005-05-22 16:10:17
ダイアンさんは、きっとその頃英国住まいだったろうな~ってこの文書きながら、ダイアンさんのことが浮かんだんですヨ

日本でも凄い驚きだったけれど、日本よりもずっと近いイギリスだったら(同じヨーロッパって事もあるし・・・)もっとそのリアルタイムの報道とか衝撃は更に凄かっただろうな~と推察します。

私もベルリンっていつか行ってみたい場所です。何か独特の退廃的・進歩的かつ歴史ある・・ムードが有る都市のような気がするんです
うふふ (ダイアン)
2005-05-22 16:39:23
イギリスに行って最初の大きなニュースでしたよ。ビックリしました。本当に。



ベルリンって本当にエネルギーのあるところなんですよね。私は東側の第2次世界大戦のときからそのままになっているその町並みが生々しくて映画のなかに居るようで、それでもってとってもリアルで凄く好きでした。



今はどんな街になっているんでしょうね。

行きたいなぁ・・・
ダイアンさん☆ (latifa)
2005-05-22 19:06:47
あれっ!先程、同時ログインだったんですね!

私が最後に他の方へのレスを入れ終わったのより

先にダイアンさんがコメント残して下さっていたとは知らなかったです~^^



いやいや、ヨーロッパでこれほどの大きいニュースはここ10何年かでこれが最大じゃないですかー!



ダイアンさんは、イギリスを拠点にして、ほんとに色々な所に行かれていて、凄く羨ましいです~。
面白かったですね (funi)
2005-05-22 22:50:13
映画館見に行きました~。

東ドイツのものを集めるとこが面白かった。

たまたま韓国と北朝鮮のことを昨日考えてたんですよ。今ヒョリと共演してる携帯のCM、朝鮮舞踊の人なんですけど、韓国の舞踊とはまた違うんですよ。元は同じだったはずなのに、なんでここまで別物になってしまったのかな?とか。

東西ドイツも元は同じなのに、映画見てるとすごいギャップだったし。まあ西側=物がある=幸せ 東側=貧しい=でも心は豊か というステレオタイプはどうかなという感じですが、でもこの映画は別に東独賛美じゃないし、普通にしんみり、ほんわか、いい映画でしたね!

なんかなんのこっちゃよーわからん文になってしまってすいません
funiさん☆ (latifa)
2005-05-23 09:10:54
さっすが、funiさんは映画館に足を運ばれていましたか!

そうなんですよ・・・実はね、私もこれ見ながら何度も韓国と北朝鮮の事が頭に浮かんでしまいました・・・

いつかこの映画の様に統一されて、昔は分かれていたよね・・って思える日が来たりするのかな・・って。

でもドイツとは違って、韓国・北朝鮮は日本にとっては非常に重い色々な事に直接かかわってるから・・・

またドイツとは違った気持ちになるかもしれません・・・



ヒョリのそのCMは見た事無いのですが、もしかして先日北朝鮮の舞踊の方が今韓国で・・・ってnewsで取り上げてたその人かな・・・?
TB、させていただきました♪ (おりょん)
2005-05-23 18:10:39
はじめまして。

『グッバイ、レーニン!』のサントラは、

映画館で観る前に買っていました。

ヤン・ティルセン好きなもので。。。

『ベルリン、僕らの革命』は今週末観てきます!
おりょんさん☆ (latifa)
2005-05-23 18:30:19
こんにちは!はじめまして

コメントとTB、嬉しいです~ありがとうございます!



おりょんさんは、映画を見る前にもうサントラをお買い上げになられたんですねーすごいー。

ベルリン僕らの革命、今週末見に行かれるなんて、羨ましいです~~~

私は田舎に住んでいるので、ミニシアター系の映画をロードショーで見る事がかなり難しいんです・・・

またこれを期にどうぞ今後も宜しくお願いします
そうそう、それです (funi)
2005-05-23 22:26:10
私もCMは見てないんですが、日本と韓国両方ニュースで取り上げられてるのを見たんです。

ドイツは吸収統合みたいな感じなんで(だからこそこんな映画が出来たんじゃないかと思う)、朝鮮半島はそうならない!って北は意気込んでますが、はてさてどうなるやら・・・っていうか本当にひとつになるんだろうか?

funiさん☆ (latifa)
2005-05-24 08:51:10
あ、funiさんもCMはまだ未見でしたか。

きっと私が見たのと同じ様なnewsを見られたんですねー。どんなCMなのか興味有りますね。



ほんとにね・・・どうなるんだろうか・・・

私達が生きている間に、大きな変化が見られるのでしょうかね・・・

386世代の韓国の友達が常々言うには、北朝鮮について、自分が小学校とか行ってた頃と、今彼女の子供が小学校で教わってるのでは、すごい差があるそうです。今の若い子、そしてこれからの韓国の子供さんは、北についての思いが、昔とはどんどん変わって来るんだろう・・と言ってました・・・
おはようございます (LORBEER)
2005-09-01 06:54:08
おはようございます。



TBさせて下さい。
LORBEERさん☆ (latifa)
2005-09-01 09:23:08
LORBEERさん、はじめまして、こんにちは

TBありがとうございました。

これから、LORBEERさんのところに行きますね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
つれづれ日記:ドイツ映画を観まくろう! (おりょんキネマ)
本日、風邪のせいで腹筋が痛む中、出勤。 来週末6月4日から有楽町で、『ドイツ映画祭2005』なる特集映画祭がありますの。なんでも今年から来年にかけては「日本におけるドイツ」年なんだとか。そういえばドイツは、来年はサッカーのW杯があるからね。世界中に「今のドイツ」
「グッバイ、レーニン!」 (ひらりん的映画ブログ)
「~レーニン」だからソ連ものかと思いきや、ドイツ映画でした。 東西ドイツの統一時の体制の変化に翻弄される家族をユーモラスに描いてます。 2003年製作のファミリー・ドラマ、121分もの。 あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード) 主人公はアレックス、テレビ修
グッバイ、レーニン! (a story)
主演ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース、マリア・シモン、チュルパン・ハマートヴァ 監督ヴォルフガング・ベッカー 脚本ヴォルフガング・ベッカー、ベルント・リヒテンベルグ 製作2003年、ドイツ 懐かしの東ベルリン 昏睡状態にあったため東ドイツが無くなっ.
「グッバイ、レーニン!」 -GOOD BYE,LENIN!- 2003年 : ドイツ (Chic & Sweet * びいず・びい)
ベルリン映画祭・最優秀ヨーロッパ映画賞受賞作品 80年代末、東ドイツのある家族の物語。 子供達がまだ幼い頃、父は家族を捨て愛人と西ドイツに亡命。 母はその反動から社会主義活動に没頭し、女手ひとつでアレックスと姉を育てあげた。 しかし世界には民主化の波が
グッバイレーニン (Alle Freude -いっさいの喜び-)
第2次世界大戦終結から4年後の1949年にドイツ民主共和国(DDR)日本では東ドイツとよばれた国が誕生しました。 この国は、反ファシズム、社会主義を理念とし、そ
グッバイ、レーニン!(DVD) (ひるめし。)
時代が変わっても、心は変わらない。 CAST:ダニエル・ブルュール 他      母のためにウソをつくアレックスと周りの人々のがんばりは良かった。 でも私はドイツの歴史や政治に疎いのでそれほど入り込めなかった。 ドイツに興味ある人は観て楽しいと思う。 「レーニン」
「グッバイ、レーニン!」 (雑板屋)
2003年ドイツ映画 ベルリンの壁は母を守る壁となり、やがて心の壁にもなった・・・。 いつか必ず見ようと思っていた作品。 東西を分けたベルリンの壁の崩壊もまだまだ個人的には記憶に新しいけれど、1989年当時の東の様子が繊細に描かれていて興味深かった ...
グッバイ・レーニン!:東西ドイツの統合をコ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
東西ドイツの統合は間違いなく20世紀の歴史的な出来事のひとつですが、それは西側諸国の観点から語られる事が多いのではないかと思います。そうした中で、旧東ドイツの家族の視点か...