ER34 201141 blog

日々の鉄道、飛行機の画像

久しぶりの雪の山陰本線、福知山線撮影

2017-02-13 21:24:36 | 鉄道
もともと2月11日は大津トンネルに500系新幹線 TYPE EVAを撮影しようと思って予定を立てておりました。
そんななか、1月に続き最強寒波到来ということで週末は厳しい冷え込みとなり、京都北部方面は雪景色が期待できるとあって急に気持ちが傾いてしまい、前日夜に予定を変更して山陰本線、福知山線の撮影に切り替えることにしました。
当日は久しぶりのNに社長さんに車を出していただき、私のFBつながりのお友達もお誘いして3人で向かうことになりました。

撮影スタートは山家を07:15過ぎに通過するきのさき4号・まいづる2号です。
ドライ路面なら自宅からR173の山越えの約80㎞ちょっとの道のりを1時間20分もあれば走破することが出来ますが、R173の山越えは雪道と思われますので余裕を見て04:50に出発することにしました。
R173は思っていた通り一庫ダム近辺から凍結路っぽくなり、更に走るとあっという間に雪国の様相でしたが想像したよりは雪は深くなく、雪よりは凍結が心配な感じでやはりペースは上がらず安全運転で山家へ向かいます。
R9と交差する交差点を抜けると雪が深くなり、道沿いにある外気温時計は―6℃を示していました。
かなり過酷な撮影になりそうです。
山家付近も雪は深く、除雪をされていない20cmほど積もった道を進み06:50頃にやっと山家の撮影地に到着しました。

山家の撮影地ですが、一面の雪景色で誰の足跡もないサラサラの新雪を歩くのは最高に気持ちがいいです。
天気も一日中雪予報だったのが、雲はありながらも青空も見えている状況で、背後の山々には朝日が差しています。
きのさき4号・まいづる2号の時間帯は朝日が山に遮られてしまいますが、8時前に通過するきのさき6号は新雪に朝日を浴びた287系の撮影が出来そうな期待感があります。


2017.02.11 07:19 綾部~山家 5004M+3042M きのさき4号+まいづる2号 289系
EOS-1DX Mark2 ISO640 1/800s F5.6 227mm EF100-400mm F4.5-5.6L IS2 USM

きのさき、まいづるは287系のはずでしたので、287系が来る前提で画角を決めていたのですが、やってきたのは289系でした。
なので串パンになってしまいました(言い訳・・・)
当日は大雪の影響で山陰本線の福知山以西が運休となっていたようで、車両のやりくりがつかず289系が運用にはいったようです。

次のきのさき6号の通過時間は07:58くらいですが、通過15分前には雪景色に眩しい日差しが当たり始めました。
これは期待できると思ったのもつかの間、太陽の周りだけ急に分厚い雲に覆われて山家らしい天気になり撃沈。
そして通過数分後にまた晴れるという毎回のオチがまた繰り広げられました。(涙)


2017.02.11 07:58 綾部~山家 5006M きのさき6号 287系
EOS-1DX Mark2 ISO500 1/1000s F5.6 227mm EF100-400mm F4.5-5.6L IS2 USM

きのさき6号を撮影後は毎回のパターンの石生~黒井のお立ち台へ向かいます。
いつもであれば約40㎞の道のりを1時間弱で移動できるのですが、除雪されているとは言え雪道のために1時間15分くらいかかっての移動となり、通過時間の10分前ちょっとに到着しました。
不人気の287系、289系に変わってからは石生~黒井のお立ち台も閑散としたものでしたが、今回は雪景色の撮影を狙ってる方々が多く、7人といつもよりは多い少しは活気のある撮影になりました。
こちらは山家とは違い、いい日差しが照らし続けており、もともと少ない雪がかなり融けだしていたのが悔やまれます。


2017.02.11 09:33 石生~黒井 3001M こうのとり1号 289系
EOS-1DX Mark2 ISO200 1/1000s F6.3 271mm EF100-400mm F4.5-5.6L IS2 USM 7連で構えていたので左側をトリミングしています。

こうのとり1号は289系の7連のはずなのですが、これも雪の影響なのか289系の7連ではなく287系の4連でした。
メインカメラでは望遠で7連を圧縮して撮影するつもりだったのに4連なのでイマイチな仕上がりです。
サブカメラでは広角気味に撮影したのでまだ4連でも見えることは見えますが、やはりイマイチ感はぬぐえません。


2017.02.11 09:33 石生~黒井 3001M こうのとり1号 289系
EOS-1D Mark4 ISO200 1/1600s F5.6 50mm EF24-105mm F4L IS2 USM

その後は福通コーナーまで移動し、本日最後のこうのとり3号を狙うことにします。
こうのとり1号は7連ではなく4連、はたしてこうのとり3号は7連で来るのか?
また289系が所定ですが、本当に289系なのか? 差し替えして287系なのか?
287系と289系ではパンタの位置が異なるので画角を変えて撮影をしていますが、とりあえずは所定の289系が来る前提で画角を決めることにします。

が、踏切が鳴り、遠方のカーブから見えたヘッドライトは287系でした・・・。ガッカリ・・・。(涙)


2017.02.11 10:30 石生~黒井 3003M こうのとり3号 287系
EOS-1DX Mark2 ISO200 1/1000s F6.3 248mm EF100-400mm F4.5-5.6L IS2 USM

もう一台では少し広角気味に


2017.02.11 10:30 石生~黒井 3003M こうのとり3号 287系
EOS-1D Mark4 ISO250 1/1600s F5.6 97mm EF24-105mm F4L IS2 USM

今回はショートバージョンの撮影でしたが雪の中の撮影で十分楽しむことが出来ました。
しかしながら山家の日差しのなさ、こうのとり1号の4連、こうのとり3号の287系はがっかりした出来事でした。
今シーズンにもう1回雪のチャンスがあるのであれば再度チャレンジしたいです。

今回は車を毎回出していただいているNの社長さん、FBのお友達のTさん、ご一緒させていただいてありがとうございました。

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末年始恒例の鎌倉踏切撮影... | トップ | 久しぶりの500 TYPE EVA »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL