新ラ☆スーサの星

ラ☆スーサのいろいろ

22日はクリスマスくじの抽選日でした。

2016-12-27 19:48:39 | スペイン
一枚20ユーロもするから買えなかったんですけど。

結構な一大イベントです。

町を歩いていてもバルとかから抽選の歌声が聞こえてきます。
この抽選会も歌もとても特徴的なので、是非写真付きでアップしたいな、と思ったらインターネットの調子により4日後になりました。


この宝くじ、一等賞でも400,000ユーロ。約4500万円くらい?
そんなに巨額ではないんだけど、結構みんなが当たる宝くじらしいです。
当たりの本数が多い。一等以外にも。
普通の宝くじより当たりに充てる金額の割合が多いらしいです。

で、それの発表が12月22日朝から数時間かけて行われるのです。

日本の年末ジャンボとかも、テレビで放送しているけど。そんな感じ。見たことないですが。


大きな地球儀みたいな抽選機械で、右側に金額、左側に番号が入っていてぐるぐる回っていくつか出てきて
少年少女が独特な節で歌い読み上げるのです。

左の男の子が「ミールエーウロー」1000ユーロ、そして中央の串みたいのに刺します。

右の女の子が「ベンティセイスミルキニエントスキンセー」26,515こちらも串にさします。

そういうのをずーっと繰り返して、

400,000とか、大きいのが当たると、ちょっと興奮したような読み方に替えて、

ちょっと叫びながら審査員みたいな人のところに報告に行き、

玉が確認され

正面に出てきて再び読み上げる。

こんなことが3時間くらい続く。

あたしは10分位しか見ていなかったけど、こりゃしばらくこの歌声が頭をぐるぐるしてるだろうなー。
と思いましたが、意外とそんなことも無く。この記事を書こうと思ったころにはすっかり忘れていましたよ。

ユーチューブにもあったので、興味があったら見てみてくださいね。
こんな数の多い数字を間違えることなく読み上げる、すごい子どもたち。そしてなんかかわいい。


https://www.youtube.com/watch?v=kRjGcEzcvP8
『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスパーティーに行っ... | トップ | 急に思い出したのですが。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スペイン」カテゴリの最新記事