「世界は僕を救わない」 -穏やかな世界の祈りと願いー

人生は一度きりやり直せる人はいない。
PN真城灯火の日常の駄文ブログ。
たまに書いている小説話等です。


海の日。

2017年07月17日 20時32分30秒 | 日記
☆なごや港まつり。
混雑するので見には行きません。
花火が近所の橋の上から遠くに見えます。

熱田祭りも、港まつりも、長島のカウントダウン花火も
マンションから見えると言っていた友人が転勤で札幌に行ってしまいました。
札幌からの転勤族だったからいつかは戻るだろうとは思っていました。

ママ友でご近所で、ずーーと仲良くしてくれていたから、
このままずっと仲良くしてゆけると思っていました。
離れても仲良くしてゆけると思います。
思いますが、
一歩、下がって友情を築いていたなぁ~と思うのです。
ママ友って微妙です。

子どもがケンカでもしたら、会わなくなる訳ですし、。
ちょっと離れて仲良くしていれば良いとお互いが思っていたのかな?と思います。

でも、前に私の小説を読んでもらっていたのもあって、
昨年の「シナリオ新人賞」に出したのを読んでもらいました。
ママ友だけじゃない「絆」を作ろうと行動をしました。

離れて、今までとは形が変わりました。
もう一歩、踏みだして行って良いだろうなと思いました。
まぁ、そこで相手に拒否されれば、そこでまた考えないといけないけれど、、。


そうだなぁ~。
彼女に読ませられるような作品を書きたいです。
自信をもって、見せれるようなのを書きたい。

読解力がある人だから、読んでもらいたい。
離れてしまった事は、とても寂しいけれど、
これで一つの目標が出来ました。

よし。

書く。


絶対に、書く。





ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九寨溝や天門吐霧に行ってみ... | トップ | 姉妹というもの。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む