前田敦子もやったレーシック

元AKBの前田敦子さんもやったレーシックについて解説します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レーシックは年間50万人が受けている施術です。

2012-12-28 09:46:43 | 日記
レーシック手術は角膜の上層をカットしてレーザー照射によって屈折矯正する手術です。2000年には2万人、2008年は40万人、現在では50万人が手術を受けています。

有名なところでは、ゴルフのタイガーウッズ選手、サッカーの本田選手なども行なっています。



レーシックの概要
日本での歴史は、2000年にエキシマレーザー装置が医療機器の承認をうけ、販売が許可されたことから始まっている。日本国内での手術名称は「角膜屈折矯正手術」である。現在のところ治療には健康保険が適用されず、自由診療である事から手術費用は診療所や医院によって幅がある。普及当初は両目で60万円以上するのが通常であったが、手術数や手術医院等の増加等に伴い、現在は両眼で8万円から50万円程度まで開きがある

レーシック手術の内容
レーザー機器もしくは、マイクロケラトームと呼ばれる眼球用カンナで角膜の表面を薄くスライスし、フラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。表出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射し、一部を削る(蒸散させる)。その後、フラップを元の状態に戻し、フラップが自然に吸着する。角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり(凹レンズを用いたのと同じ効果)、近視が矯正される。視力は術後直後から1日程度で矯正される。視力が安定するには1週間から1ヶ月程度を要し、90%以上の人が裸眼視力1.0以上になる。


レーシックの比較情報

人気のレーシックのクリニックを施術、料金、口コミで比較しています。
レーシック手術の口コミ情報など
コメント
この記事をはてなブックマークに追加