お花とレースの工房   

信州散策から彩の国さいたま散策に変わり、山野草や高山植物などお花や野鳥など紹介。時々ルーマニアレース、お細工物、手作り

北海道・眺望抜群の色彩の丘のお花たち

2016-09-19 16:07:22 | 写真

北海道の最終紹介は美瑛のお花畑「四季彩の丘」。

あいにく十勝岳連峰は雲に阻まれて眺めることができませんでしたが、小高い丘の上にある15ヘクタールのお花畑の眺望は絶景でした。

   

春から秋にかけて30種類のお花が見られるそうです。

   

ケイトウ、、サルビア、マリーゴールド、ラベンダーなど赤、黄色、白、紫、青紫など美しい花々に惹かれます。

目を見張るほどの鮮やかさで、壮大な景色に花々の彩りが映えます。

丘の上から見るパッチワークの眺望も壮大で素敵、これに雄大な十勝岳連邦が加われば最高の景色だったのにな~。。


8月18日 この「四季彩の丘」を最後の見物として旭川空港に向かいました。

後先になりましたが、パンフレットより引用⇒「美瑛」の地名の由来はアイヌ語の「ピイエ」からきている。

”「油ぎった川、濁った川」を意味し、美瑛川に十勝岳の硫黄が流入し、そのように見えたのではとの説があるするそうです。

開拓者が「ピエイ」を「ビエイ」とあやまって読んだのが始まりで

”美しく明朗で王者の如し”と意味を込めて「美瑛」の文字があてはめられました。”とありました。 

何とも美しい地名の「美瑛」、開拓者の読み違いから始まった素敵な呼名、これからも美しい風景を魅せてくださいね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北海道富良野・ファーム富田... | トップ | 彩の国 巾着田曼珠沙華公園... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2016-09-20 09:54:05
植付も色を考えておられそうな気もしますが、生きた花の色なら隣同士がどんな色でも合うのかなとも思います。
美瑛にはそんな謂れもですか。綺麗な漢字ですものね。広くて綺麗で素晴らしい眺めです。
Unknown (masumi)
2016-09-22 16:55:15
kazuyoo60さんへ

 この広大な広さをキャンバスにしてデザイン、配色を考えてお花の配置を考えるさすがプロは違いますね。

こんなに素敵なお花の海、絨毯、友禅流しなどといろいろ想像しながら  魅せていただきました。

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事