お花とレースの工房   

信州散策から彩の国さいたま散策に変わり、山野草や高山植物などお花や野鳥など紹介。時々ルーマニアレース、お細工物、手作り

寒桜が咲いていました

2017-01-14 21:23:41 | 日記

この冬一番最大級の寒気が居座り続けていますが、日本海側の皆様そしてセンター試験の受験生の皆様めげずに頑張ってくださいね。

今日は心苦しく思いながら、散歩で出合った寒桜・カンザクラを紹介いたします。

埼玉県ふじみ野市も寒いとはいえ、雪が降らないだけでもありがたいことです。

雪国、長野県長野市から昨年戻りましたので 今年の冬は天国のように過ごしております。(雪国のみなさんごめんなさい。)

  

受験生の皆さん 実力発揮して「サクラサク」の通知が届くことを祈っております。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プリムラ・ジュリアンとポリアンサ

2017-01-12 19:18:44 | 花・ガーデニング

プリムラはギリシャ語(ラテン語)で一番とか最初という意味だそうです。

品種の種類も多く500種類以上だそうですが、今日はその中から2種類の紹介です。

プリムラ・ジュリアン バラ咲き

名前の通り蕾の時はバラの花に似ていますが、開き始めると少し雰囲気が変わります。

  

プリムラ・ポリアンサ

花色が豊富なポリアンサは大きめの花を咲かせます。

日本のサクラソウもプリムラの仲間で、江戸時代の浮世絵に描かれていたそうです。

NHKの朝の番組、「あさイチ」で紹介されていたことが、興味深かったので紹介いたします。

浮世絵からお正月遊びや、シジミ釣り遊びを楽しんでいた様子がうかがえるのだそうです。

番組内でサクラソウの茎を使い、実際にシジミを釣る様子を再現していましたが、なるほどと思いながら浮世絵を見ました。

重箱に数種のサクラソウを詰めて楽しんだそうですが、現在も重箱に御花やお菓子のお細工物を詰めて楽しんだりしますね。

先人たちの風流な文化が少しづつ変わりながらも、今に伝えられているって嬉しいですね。

イギリスではプリムラを額縁越しに楽しむと紹介していました。

プリムラの鉢花の前に額縁(ガラス抜き)を立て置き、花を愛でる。

この飾り方は幾度かお花の展示会で見かけたことがありますが、空間があれば素敵な飾り方だなあと思っていました。

花を愛でながらの生活、これからも楽しみます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春ですね ロウバイを見てきました

2017-01-10 21:08:33 | 花・ガーデニング

ロウバイが見たくて7日に越生町までドライブがてら出かけてきました。

実は越生町梅園の一角に咲いていると勘違いし出掛けたため、見られないとがっかりするところでした。

越生町の観光案内所で教えていただき、春の息吹を感じてきました。

  

名前に蝋梅と梅がついているため、バラ科 サクラ属と思っておりましたがクスノキ目、ロウバイ科だそうです。

名前の由来は花が蝋に似ているからだと思っていましたが、花弁の色が蜜蝋に似ているあるいは蝋月(12月)に咲く花が梅に似ているなど諸説あるそうです

青い空に映える黄色のロウバイを見ていると心がほっこりして、こうして花巡りができる喜びを感じます。

今年はこれまで以上に健康管理に留意して、埼玉県・彩の国散策を楽しみます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 今年もよろしくお願いいたします。

2017-01-06 21:28:56 | 日記

迎春

今年もよろしくお願いいたします。

昨年中は大変お世話になり有難うございました。

昨年はスローペースでブログ更新でしたが、今年は昨年よりは少し頑張ろうと思っています。

健康に留意してボケ防止のために、お細工物やレース編みの創作活動もできればと考えております。

時々思い出してお立ち寄りいただければ幸いです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐクリスマスですね

2016-12-20 20:44:58 | 手作り

もうすぐクリスマス

昨年のクリスマスイブは長野市から埼玉県ふじみ野市の引っ越しで、それどころではありませんでした。

今年は少しでもクリスマス気分を味わいたと思い、捨てずに残しておいたクリスマスのミニタペストリーを壁に掛けました。

このクリスマスキルトは基本のパターンで、これまでほとんど終いっ放しでした。

そのためとても綺麗な状態で残っていました。

ルーマニアレースで作ったオーナメントなども添えて飾ってみました。


庭にはビオラの傍らにサンタさんの置物を....。

週末のクリスマスが楽しみです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

銀座で微睡む2匹の猫 6月初旬

2016-12-14 21:28:16 | 日記

師走に入りあっという間にすす払いの時期になってしまいました。

ブログ更新もままなりませんが、今日は6月初旬に銀座に出かけた時に出合った心和む光景をご覧ください。


銀座松屋の辺りで人だかり、何かしらとキョロキョロすると可愛い猫の微睡む姿。

道案内版の上で2匹の猫が向かい合ってお昼寝?

時々薄目を開けてはまたウトウトする姿に、私もアイホンを取り出しパチリ!

私の身長は162.5センチ、それよりもはるかに高い案内板。

何処から来て、どうやって乗ったのかしら、君たちは銀座の住人なの?

いやはや何とも愉快で自然の風景やお花に癒されるのとはまた違う、ほっこり優しい気持ちにさせられる光景でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プレミアムビオラ 「ディージェイ」シリーズ3色

2016-12-10 20:39:01 | 花・ガーデニング

11月の初めに購入したプレミアムビオラ「ディージェイ」シリーズ 3色の株が華やかになってきました。

「冬にも咲き、春先になると驚くほど花が咲く」という うたい文句に惹かれて購入しました。

  

お値段は少々高めの一鉢 398円。

バイオレット系とイエローそしてレッド系の3色。

花色がとても優しく、綺麗で間伸びしないため花姿がとても美しい。

プレミアムビオラの配色に合わせて、定番のビオラも購入しましたがこちらはまだ花数が少ないです。

春先に大きくなった株を紹介できることを願いつつ、管理していきます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シクラメンを購入しました

2016-12-09 21:50:23 | 花・ガーデニング

街のお花屋さんはポインセチアからシクラメンの鉢が目立つようになってきました。

我が家ではシクラメンとの相性が悪く、ここ数年購入を見送ってきました。

埼玉県富士見市上南畑にシクラメンの栽培農家・谷合園芸があると知り出掛けてきました。


直系15センチの鉢のシクラメンとガーデンシクラメンを購入してきました。

シクラメンの栽培と手入れを伺ってきました。

水やりは鉢のまわり2~3か所から土の表面が平均して水がしみわたるようにたっぷり与ええる。

目安としてコップ約2杯程度。

肥料は薄い液肥(ハイポネックス2000倍)を月2回与える。

置き場所は昼間、ガラス越しの光が当たる場所、光合成で成長と開花促進のために充分日光に当てる。

シクラメンの生育適温は15℃しい~23℃しいだそうです、温度管理と水をやりに注意し長く咲いてと願いつつ管理たのしみます。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

彩の国 平林寺の美しかった紅葉11月下旬 2

2016-12-07 20:40:30 | 彩の国さいたま散策

彩の国 埼玉県新座市野火止の金鳳山 平林寺の紅葉(11.26)パート2を主人の写真を拝借して紹介いたします。

円卓のバレリーナーのように、一葉のモミジが音を奏で舞っているようです。

  

”昭和43年に平林寺境内林は武蔵野の風情を留める貴重な文化財として、国の天然記念物に指定されました。”

  

”現在はおおよそ43ヘクタールで東京ドーム9個分がその範囲となっています。”←パンフレットより引用

雑木林としては国内唯一の指定天然記念物だそうです。

丁度見ごろだったこともあり、美しく彩られた境内の紅葉を楽しみました。

  

木漏れ日化に照らされたモミジの美しさに目を瞠ります。

  

”クヌギ、コナラ、シデ、エゴなどの雑木林中心に、シラカシ、スギ、竹林を含む典型的な武蔵野の里山の風情を昔のまま留める貴重な森”←説明版より引用 

”境内林は全域、禅の厳しい修行場であり、人間に安らぎを与える聖域です。”と説明版にありましたが、我が夫婦も時間を忘れて心穏やかに散策できました。

  

放生池で錦鯉も紅葉色の染まっていました。

  

平林寺の紅葉に癒されてきました。

そろそろ雑木林一帯が落ち葉の絨毯が敷き詰められている頃かと思います。

お勧めの紅葉狩り癒しの空間です、来年には是非お出かけ下さいませ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

彩の国 平林寺の美しかった紅葉11月下旬

2016-12-06 19:53:08 | 彩の国さいたま散策

彩の国 埼玉県志木市野火止の金鳳山平林禅寺の見ごろだった11月26日の紅葉を紹介いたします。

南北朝時代の創建以来650余年にわたり禅の法灯を伝える関東の名刹です。←パンフレットより引用

古式ゆかしい茅葺屋根の総門を入ると、真っ赤に染まるモミジが迎えてくれました。

総門は埼玉県の有形文化財に指定されています。

  

総門から350年以上に耐えた山門に進みましたが、平林寺の貴重な建造物でシンボルとされている門だそうです。

オレンジ、赤、黄色、黄緑、緑のそれぞれの濃淡色で鮮やかな彩で包まれました。

  

総門を入り間もないのに、山門では鮮やかな彩に魅せられた人々でごった返していました。

総門、山門のほかにも仏殿、中門も県の有形文化財建造物にも指定されています

  

真紅や黄色に色づいたカエデの落ち葉は、落ちて間もない事もありとても美しかった。。。

  

武蔵野の面影を残す約43ヘクタールの広大な境内林は国指定天然記念物に指定されています。

  

埼玉県指定史跡の松平伊豆守信綱夫妻の墓の辺りで見つけた、誰かさんが遊んだ雪の上に書いたモミジ絵....。

  

青い空に向かって伸びるの紅葉の風景は、去年まで居た長野県の紅葉風景を思い出す。。。

1回では紹介しきれなかった平林寺の紅葉、明日に続きます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加