お花とレースの工房   

信州散策から彩の国さいたま散策に変わり、山野草や高山植物などお花や野鳥など紹介。時々ルーマニアレース、お細工物、手作り

自家製リンゴ酢で野菜の甘酢漬け

2017-03-17 19:43:35 | 食・レシピ

お美味しそうなセロリ―が目に入り、久しぶりに自家製リンゴ酢を使って甘酢漬けを作りました。


甘酢は自家製リンゴ酢に三温糖、ハチミツ、粗挽き黒こしょう、粒グリーンペパー、タカノツメを調合して作ります。

材料の野菜は、セロリ―、人参、カリフラワー、紫キャベツ、ブロッコリー、シソの葉

セロリ―とシソの葉以外の野菜はオリーブオイルを少し入れて下茹でします。

人参は油と一緒に摂取することが望ましいので、下茹でするときにオリーブオイルを数滴入れて茹でます。

野菜はセロリと人参は拍子切り、カリフラワーとブロコリー、紫キャベツは適当な大きさに、シソの葉は荒みじん切り。

シソの葉のみじん切りを加えることで味が深まりますが、香りが苦手な方は入れない方がいいかもしれません。

密閉容器は深くないものをお勧めします。

縦長の密閉容器しか空いていなかったため、取り出すのに苦労しています。

初めてブロッコリーも甘酢漬けしてみましたが、とても美味しいです。

我が家は夫婦2人ゆえブロッコリー1株は多すぎ、いつも残りは冷凍にしていました。

近ごろは小さなサイズの物も出回っていますが、ブロッコリーは丸ごと買うのが鮮度が良い様な気がしています....。

ブロコリーの甘酢漬け、 お勧めレシピが一つ増えました。

自家製リンゴ酢は皮つきリンゴを丸ごと16当分位に切り、密閉容器に入れ穀物酢をひたひたになるまで注ぎいれ、2週間程度で出来上がります。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

縮緬と古布でハムスターのぬいぐるみ完成

2017-03-16 19:33:48 | 手作り・お細工物

縮緬と古布を使ってハムスターのぬいぐるみを仕上げました。

昔むかし作った梅花球を添えて飾ってみました。

  

ハムスターの尻尾は退化してとても小さな尻尾、視力の弱いハムスターの髯は重要な役割を果たすそうです。


古布で作った0.7センチの梅花を12個つなげて、球花に仕立てたものです。

昔はこんな小さなものも難なく作っていましたが、今は作る気にもなりません。

たった1つ残っている極小の梅球、大事な品になりました。


こちらのリスは我が家で飼っていたリスのゴンチャンがモデル。

ハムスターはブティック社刊、「キュートなぬいぐるみ」を教本に作りました。


添えるものが違うと、ハムスターの雰囲気も変わります。

蓮の実のお細工物と梅球を添えて

ハムスターの身長は10センチ弱、座りを安定させるために身長の4分の一強のペレットを入れて仕上げました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

林試の森公園 色とりどりの椿たち

2017-03-15 19:53:47 | 花・ガーデニング

東京都目黒区の林試の森公園に河津桜を見に行った(3/3)折に、散策コースで出合った椿たちの紹介をいたします。

白系と淡いピンク地に絞り模様の八重咲の絞り系のツバキ

  

情熱的な赤系と対照的な優しく気品ある淡薄ピンク色合いのツバキ、品種が判りません。

  

今にも散りそうな白唐子と、洋種ピンク系のローリーブレー


草紙洗(そうしあらい)と名札がありました。

江戸時代から伝わる原種で、名前の由来は能曲「草紙洗」から

  

ピンクと赤のツバキ

林試の森公園では、これから咲く椿もたくさんあるようで楽しみです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

縮緬と古布でハムスターのぬいぐるみを作っています

2017-03-13 20:36:23 | 手作り・お細工物

久しぶりにのんびりと 手作りをしています。

昔むかし ブティック社刊 「キュートなぬいぐるみ」を教本にハムスターのぬいぐるみを作ったことがありました。


その時の型紙を取り出し、思い出しながら作り始めています。

梅や河津桜のピンク色を見ているうちに、可愛いハムスターを桜色で作ることに決めました。

桃色の濃淡の縮緬と赤茶色の縮緬そして白系の古布を使って作っています。

ちょっぴり太っちょさんのハムスターになりそう...。

型紙に尻尾がないのでネットで調べてみました。

退化したような小さな尻尾がついていました。 どうやってつけようなかな~....。

あとは目、鼻、口そして尻尾そしておひげを付ければ完成です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

林試の森公園の河津桜とメジロ

2017-03-12 16:00:44 | 桜のある風景

昨日に続き東京都目黒区五丁目に位置する「東京都立林試の森公園」の河津桜の紹介です。(3月3日撮影)

河津桜に10羽以上のメジロが群がる光景は初めてでしたので感激しました。

  

河津桜はオオヤマザクラとカンヒザクラの自然交配種と推定されている桜だそうです。

静岡県賀茂郡河津町で原木が発見され、そっこから広まったと聞いております。

濃いめのピンクの色合いは癒しの色で、誰もが愛らしく感じる色合いではないでしょうか。

ソメイヨシノよりも濃いめの淡紅色、桃色の河津桜に包まれたメジロたちの囀りがとても心地よい。

  

1月下旬から2月にかけて開花する早咲きの桜ですが、花期が長く3月3日に散策した時も綺麗に咲いていました。


今年も桜の季節の始まりですが、楽しめる時間が持てそうで感謝です。

健康であれば幸せは寄ってくるものだと感じております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

林試の森公園の河津桜が綺麗だった3月3日

2017-03-11 18:56:39 | 桜のある風景

3月3日に東京目黒区下目黒5丁目の「東京都立林試の森公園」の河津桜を見に出かけてきました。

数週間前にテレビで見ごろを迎えていることを知り、出かけてみたいと思っていました。

  

葉桜になっていることを覚悟で出かけてきましたが、散り始めの桜も美しいものです。

  

メジロも桜に埋もれて可愛い姿を魅せてくれましたが

こちらは梅とメジロ

 

林試の森公園は、旧林野庁林業試験場の跡地が、平成元年(1989年)6月に避難場所を兼ねた公園として整備されたものです。

開園面積:120,762.91平方メートル  樹木数:高木;6100本  低木;600平方メートル

日本産や外国産の珍しい樹木、身近な樹木、虫の集まる樹木暮らしに役立つ樹木などいろいろなふれあいコースがあるようです。

何度か足を運びゆっくり、のんびり制覇したいしたいと思っています。


パンフレットより引用⇒”前身の林業試験場から数えると100年以上の歴史があり、幹回りが3メートルを超える樹木は数多くあります。”

芝生広場で咲き誇る河津桜を見守るように、林試の森公園のシンボルと言われる巨木クスノキがあります。

幹周:4.63メートル  樹高:29メートル

大きな木々に包まれながらの散策は心穏やかになります。

幾度も足を運びたいと思った公園でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスローズ 八重咲エレガンスピンクとフラッシュ系

2017-03-09 20:17:58 | 花・ガーデニング

八重咲クリスマスローズ エレガンスピンクが咲いてくれました。

残念ながら白色の八重咲ダブルファンタジーは消えてしまいました。


数年前に購入した時の花色は、優しい色合いの淡いピンク色でした。

どうやら白色以外の色物は、年が経過すると萼片の色が濃くなる傾向にあるように思います。

萼片に入るスポットが増えたり、脈のような模様が入るべインがはっきり浮き出たり、網目状に見えるネットもくっきりしたりと綺麗になります。

下向き加減に咲く愛らしいお花ですが、今年は残念ながら種が採れそうにありません。

環境にようやく慣れてきた所でしょうから、次の機会を待ちましょう。。。


昨年までと違う咲き方のクリスマスローズ。

黄色っぽいような緑がっかた萼片にびっしりと、スポットが密に広がり黄色の密腺が大きく中に斑点模様が見えます。

今までに見たことのないクリスマスローズ、受粉による変化によるものでしょうか?

セミダブルゴールドハイブリッドだといいのですが、そんなわけありませんよね...。

大事にしたい株になりました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスローズ バイカラー系イエローとアプリコットピコティー

2017-03-07 20:14:09 | 花・ガーデニング

クリスマスローズ 2色の色で構成されるバイカラー系のイエロー x イエロー

黄色の萼片に赤紫の縁にシャープな線がとても美しい。


アプリコット ピコティー

かなり薄めのアンズ色ですが、淡い色合いがとても優しい雰囲気を醸し出します。

昨年よりも一回り小さな株になってしまいましたが、生き残ってくれることを願っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ムラサキシジミがビオラで一休み

2017-03-04 21:53:34 | 蝶・鳥・生き物

我が家の庭のビオラにムラサキシジミが一休み。

この時期に蝶を見るのは嬉しいものです。

美しい青に太めの黒縁が美しくい蝶です。

主人がクリスマスローズの株元の枯葉を取り除こうとしたときに、舞い上がったようです。

青いものが目に入り蝶だと気付いたそうです。

さっそく一眼レフをを取り出し、ビオラに停まったところをパチリ!

長野市の自宅ではいろいろなチョウが舞い込み休んでいきましたが、埼玉県の我が家の庭では素通りするだけ...。

少しづつ蝶の好むお花を増やそうと努力していますが、簡単ではありません。

今年こそ我が家の庭のお花で、さまざまなチョウが一休みしてくれますように。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お内裏様はルーマニアレースと古布の手作り品

2017-03-03 20:13:42 | 手作り ルーマニアレース

今日は弥生3月3日 春の到来を告げる行事「桃の節句」。

我が家では10年近く前に作った、ルーマニアレースと古布のコラボで作ったお内裏様の額を飾りました。

現在、女の子の節句として定着した雛祭りですが、最近は愛する娘や孫のために手づくりの吊るし飾りも人気があるようです。。


我が家は息子2人、孫も男の子ということもあり桃の節句は控え目。

色々なお内裏様を作ったけれど、一番のお気に入りのお内裏様を毎年 飾るようにしています。

昔からお雛様は節句が終わったら直ぐに終いましょうと言われていますが、もうしばらく飾って置きます。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加