ラ・プロンジェ深海工学会

深海に関する学術技芸を考究し、海中観測・作業や機器開発などを推進する学会の活動を紹介します。

五島列島沖合に海没処分された潜水艦24艦の調査 講演会

2017-06-08 16:18:34 | 講演会
五島列島沖合に海没処分された潜水艦24艦の調査 講演会

200名近くのご参加を得て、無事終了しました。また、ニコニコ動画でリアルタイム配信し、1万8千人の視聴、9千件のコメントがあり、95%の視聴者が良かったといってくれました。ご協力を賜りました皆様、ありがとうございました。


(6月10日以前の本ページで申し込み用メールアドレスが間違えていて、gmail.comのドットを書き落としていました。失礼致しました。修正いたしましたので、どうぞよろしく)

海底に突き刺さる潜水艦は伊58潜水艦か?
-海と日本PROJECT-

主催:一般社団法人ラ・プロンジェ深海工学会
http://blog.goo.ne.jp/laplonge
協賛:公益財団法人三笠保存会
後援:横須賀市、公益社団法人日本船舶海洋工学会
日時:2017年7月8日13時から15時半
場所:記念艦「三笠」講堂
横須賀市稲岡町82-19
http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/

プログラム(主催者の都合により変更することがあります)

13時 ラ・プロンジェ深海工学会の活動 浦  環
13時10分 伊58潜水艦とは 勝目純也
13時40分 サイドスキャンソナーの原理 柴田成晴
14時 立ち上がる潜水艦 浦  環
15時 潜水艦調査の討論会 司会 古庄幸一
15時半 閉会

参加:参加希望の方は、

① こちら
https://goo.gl/forms/OR1TGEtCVZIYN3Fu2
からオンライン登録をお願い申し上げます。


② 参加登録フォームにアクセスができない方は、
secretary.laplongee@gmail.com
( eが二つ繋がっていることにご注意ください)宛てに、件名を「講演会参加申し込み」とお書きの上、下記をご連絡ください。

1)参加者氏名(必須):
2)Eメール(必須):

参加証をEメールにてお送りします。メールの到着順に定員数(350名)まで参加証をお送りしますので当日お持ちください。
参加証をお持ちでない場合には、立ち見でお願いすること、あるいは講堂への入場をお断りすることがありますので、ご注意ください。

参加費;無料、ただし三笠艦の入場料をお払いください
資料が必要なかたは、資料代千円をいただきます。
販売:当日、海底から立ち上がるポスターなどを販売いたします。
問い合わせ先:メールで下記にお問い合わせください
secretary.laplongee@gmail.com


本講演会は、日本財団日本の海PROJECTの活動の一環として行われます。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご寄付のお願い、その3、ク... | トップ | T-Shirtsを販売いたします »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。