☆らんらんしましょ~♪☆

スピリチュアルだけど現実とのバランスセッションしています。

チャネリング、タロット・・自然体で歩いています。

情という名の問答集~新大阪にて。

2008-09-30 18:10:01 | チャネリングのお仕事
地下鉄で次の乗り継ぎを待つために・・新大阪でじわぁ~~としていました
こんなとき・・たぶん「(質問が)来るだろうなぁ~」と思ったら「来た」。
守護○さんから
「・・しようか?」
「あ~はい」と
そして
「情とはなんだ?」と聞かれ
「え~~っとえ~~っと・・・」
「わからんか?」と。
「そうですね、人情、感情・・人のやさしい心・・うん?違うなぁ~やさしさというのと情とは・・・」
「わからんだろ?」
「そうですね・・こうしっかりとは」
「だろうな・・だから縛られるんだろうな」
「あ・・確かに」
ふるらんが続けて
「情でひっぱられますよね?」
「そうだな・・深情けになるときが多いな。まして自分の過去と同調するとき、過去の自分の行いの償いをかねる場合が多いしな」
「ですね・・それで止まらなくなる・・」
「ああそうだ。しかし自分ではどうにもならん。そして周りが止めても・・止まらなくなる。情が無くても困るが、使う場所を間違えると大変だな」
「はい」
「それでだな・・」
「はい?」
「こういうときはどう思うか答えてみよ」と言われた後ある風景が見えてきた。
一人のお坊さんがお堂のようなお部屋の中に正座・・いやあぐらのような・・座っている。
そしてその周りにロウソクが数本立っていて・・闇の中にロウソクの揺れる炎が影までも揺らしている。
ここは・・木造の・・お堂?・・違うなぁ~~どこだろう・・
そしてそのお坊さん、右手の○指を立ててある形を書き始めている。
その後、何かの模様が・・見える・・・
もしかして・・○○如来さんの○かな?って感じで。

できる人なんだろうなぁ~と思いましたよ。
だって・・その雰囲気だから。
そして炎が彼の顔を照らすのがまた神秘的・・・
フッと
「お父さん」と子供の声が聞こえたかと思うと彼の指が止まった。
そして少ししてまた動き始めた・・・
「あ、これが・・情か」

○○の世界で○○する術者として生きるのであれば・・「お父さん」で揺らぐようではまずい。
それが最大の欠点になり、相手の思う壺にはまる。

相手は・・いい○だけだとは限らない。
相手はなんとしても自分のやりたいことをかなえてくるために‘情’という部分に乗り込んで操作してくるのだから。

「情でみていると不実を握らされ、動きが取れなくなるときが来る。いずれ己の呼吸さえ相手に決められ、苦しくなり、息を止められる時が来ることを覚悟せよ」

目がマジになる会話ねぇ・・・と思いましたよ。
そして・・
「それでな」と守護○さん。
「前にも言ったように・・」といってあるお話をしてくれました。
復習なんですけどね。

簡単に書きますと・・
守るものに手がかかりすぎると自分の仕事がおろそかになる。
しかし、守ることによって己の力が増幅され強大になることも確か。
守る相手を間違えている場合は守られている人が・・離れていく。
いろんな理由を発生させて・・ね。

「人がそうされる?それとも・・」と聞くと
「判っていることを聞くな」と笑い声がする。

そうね・・そうよね・・・しなきゃならないことが未来にある。
そのために・・いろんなことが発生する。
あ~毎日しみじみ・・・・
「自分の仕事を忘れていないだろうな?」
「はい、もちろんです」と答えると
「だからあの○だからな」と。

ふふ・・ありがとうございます

そして・・乗り継ぎの電車に乗りました

新大阪ではいろんな地方の方が地下鉄に乗ります。
旅行やビジネスマンの方や・・・
その人たちの持っている空気にふるらんはときどき懐かしさと不思議な感覚を覚えます。
その人がまとっているその土地の風の香り・・・
あ~海の人・・山の人・・・

なぜなら・・どんなに土地を離れていてもそこの氏神さまのおかげでこうやって他の土地に来られているのだから。
大阪という土地のご縁に結ばれて・・お仕事をされたり、思い出を作られたり・・

新大阪って好きですよ。
この感覚を味わえるのは・・ここだけだから



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

潔い

2008-09-30 17:03:01 | 幸せ体質になるために
昨日の夜から
‘潔い’とか‘潔く’とか言われていまして・・・
①事物、風景などが清らかである。
②思い切りがよい、未練がましくない。また、さっぱりとしている。小気味が良い。
③道に反していない。潔白である。
・・という意味でして・・

水のように・・清らかで、それでいてちゃんと締まっていて・・・
う~ん、それで何のお話なんだろう・・と思いました。

それで・・・今日歯医者さんの帰り道に地下鉄に乗ると・・女性が車内で立ち読みをしていました。
正直・・みんなの出入りの邪魔な場所なんだけど・・・
読んでいる本の題名が
「潔い生き方をするために・・」
う~ん惜しい・・・

あ・・でもまた‘潔い’なんだ・・・

そうねぇ~そうよね~
潔く生きるっていいかも
無駄なことに一生懸命エネルギー使うって変だしね。

昨日のテレビ番組の職人さんの会話もとっても潔かった。
そうそう、かっこいくいけたら、可愛くいけたらいいかも

はい、ふるらんこれからは「潔く」行きます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「てんいを知れ!」

2008-09-29 23:34:46 | ちょっと驚き!
今日も一日整理整頓
いやぁ~ゴミが出る出る・・・
そしてタンスの引き出しがまたひとつ空きました。

そうですよ~色のあせたものとかあったし、来年着れるかな?と思いつつ、とってもきつい服とか・・
確かに痩せれば着れるけど・・そんなに極論の体重にするわけではないし

で・・まとめて・・
やっと終わって・・入浴
シャンプーをして・・お湯で流していたら・・
「てんいを知れ!」と守護○さんから。
「え?てんい?」
どんな字を書くのよ?・・って「天の意思?」それとも・・「転移?転位?」
う~どれだ????
するとす~~っと出てきた。
あ~~~転・・・転ぶ転がす・・運命を・・運ぶし転がすし・・
うまく運べば・・そううまくいく・・・
転の意ねぇ~~
後ろで笑う声が聞こえましてね。
そうそうそうなんだ・・と思いました。
自分の運性を知り、それをうまく使えば・・悪運もまた真に変わるぐらいの好転の兆しありだもん。
悪いことをそのまま・・じゃなくて知って、使って・・成功をつかむんだもん。

それが・・占術のやり方。
一人でニヤニヤァ~~~~~
あ・・時間がないなぁ・・本を読む時間が・・・

本日も占術のお問い合わせをいただきありがとうございます。
あと一日で料金が変わりますのでよろしくお願いいたします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨宿り

2008-09-29 18:04:19 | 携帯からで~す!!
買い物をしてマンションに戻ると…
あ~ニャンコ~

雨降ってし…雨宿りね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議な現象を見る。

2008-09-29 10:10:42 | ちょっと驚き!

ふるらんのお家は・・一人暮らしでちょうどいい感じで・・・
でも周りのお部屋はこのお部屋でみなさん二人で暮らしています
お向かいさんと両隣さんとは顔を知っていて、ちゃんと挨拶。
あとは時々エレベーターであう人たちとちゃんとご挨拶。
だって・・みんなで同じご縁があって・・ここに住んでるんだもんね


それで・・・昨日、歯を磨いていたらふっと玄関の方が気になり・・目をやると風も無いのに暖簾(のれん)が半分ぐらい・・それも片側だけふわぁ~~~~とこっちに揺れて・・ピタっと止まりまして。
そして元にふわぁ~~っと直って・・・
「え?」状態。
まるで誰かが入ってきて暖簾が浮いて、そして通過したから暖簾が戻って・・・・
え・・・・これって・・誰が来たの?状態。

本当にまるでスローモーション
間違いなく誰かが通った・・・・
で、誰?
あ、○視○視・・・・・
なんか魂だけ通る分だけ・・暖簾が先に動いたってみたいな。

そしてある風景がフッと入ってきました。
目の前に絹があって・・少し目を上にあげると・・大きなカーテンのようになっていて・・・
女性が正座で両手を床に付いています。
長い袖で、手は袖の中のままで・・・
少しずつ目を上げると・・天蓋付きのベッドです。
そしてその透けた絹のカーテンの向こうに誰かが横になっています。
髪を解いたような解け具合で・・横向きです。
体が動くと衣擦れの音がします。
疲れきった顔をして・・そしてこちらを見ている雰囲気が伝わります。
普段はとても怖い人なのに・・・でも本当の普段のまなざしは・・優しい・・・
この人のクセは・・寝る前までも○を~~する人で・・・
衣擦れの音がして・・目の前の天蓋が揺れ、そして少し開き・・
「なぜ入らぬ・・」と。
お仕事の時は怖いけど、優しくされるとそれも怖い・・・
強さと孤独が一緒に存在する人で・・
幸せなのに・・失う恐怖も混在するし・・
「今が壊れるのではないか・・」と幸せにおびえるのは・・この女性だけなのかな・・・

・・とフッとそんな風景が入ってきて・・
え?今のはなんだったのかな?と首を一人でひねっているふるらんでした。

だから・・みんなに
「だまってふるらんを見ていると面白い」といわれる由縁でしょうね


ちなみにね暖簾って目隠しだけの意味があるんじゃないんだよぉ~~~
実はある意味もあるのです。

で、あ~冬用の暖簾もほしいなぁ・・とかなんとか。
今は麻の暖簾です。


今日は寒いので・・・今から荷物の整理整頓と冬物を出します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

護摩を焚いているのを見る

2008-09-29 07:27:21 | ちょっと驚き!



今朝の夢です。
お坊さんが護摩を焚いています。
部屋が暗いのですが、護摩の火であたりが揺らいで見えます
細身で法衣を着たお坊さんがゆっくりと護摩を焚くための真言を説いていまして・・
ふるらんはその姿を後ろから見ています。
お坊さんが座った高さより少し低いぐらいの炎が上がりますが・・少し気迫が足りない?
ふるらんの守護○さんが
「う~ん」とちょっと不満足。
横から角隠しをして「黒留袖(結婚式に着る黒の着物)」で金糸銀糸のあざやかな刺繍が入っている着物を着た女性が護摩の前に座りました。
お坊さんがよけました。
彼女が手をかざすと・・炎が上に上がり・・
「お~~素晴らしい」とふるらん感激
でもお嫁さんがなんで護摩の前で・・?そしてこの人実力あるんだなぁ・・と思いました。
たった手を動かすだけど、炎が上下するんだから・・・
真言も何も説いていない。
そして・・・護摩の周りのお坊さんがそれを見ていました。

なんか・・・変わった風景だなぁ・・・・としみじみ。
そして彼女の目を見てその中に映る光景を見たいな・・と思って前にずれた瞬間・・目が覚めました

あ~~動かなきゃ良かった・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可愛く、可愛く・・

2008-09-26 07:48:48 | 嬉しいわ~☆
昨日のお客様から「脂取り紙」をいただきました

彼女はリーディングのご依頼もいただいた方でして・・

そしてタロット占いをしました。
内容はナイショ

ただひとつ。
まったく希望がないんじゃないの。
そこまで上がるのに努力しましょう~そしたら・・いけます、です

彼女はとっても可愛いのに、大人っぽく見せるからもったいない。
可愛く、可愛く・・そしてきらきらしちゃいえばバッチリ運気も付いてくるし。


そうよ、奇跡や運命は突然やってくるの
ふるらんもその経験を先月しちゃってますものね~~~



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大仏さんが通る

2008-09-26 07:11:56 | 楽しい~♪
透明になりかけなのか、透明だったのが形を現すのか・・・
大仏さんが歩いている。
ふるらんがマンションにいて・・顔が半分ぐらい見える。
顔の幅が4・5メーター。
体の一部が土の中に入っている。
でも~大きいかも
のそ~のそ~~~とした歩みで、止まった。
そしてふるらんに
「いるか?」と
う~その顔を見ると・・・緊張する。

グレイの色をした感じで・・これって鉄製かな?
「はい、います」と答えると
「そうか」と。
そして続けて
「あのな・・」と話してくれる。
内容を聞くと・・最近落ち着かないらしい。
「え?」と思うでしょ?
大仏さんが落ち着かない。
・・ってどこの大仏さん?と思うでしょ?

「土地が・・落ち着かない」という意味らしい。
大仏さんが落ち着かないんじゃなくて・・ね。
う~ん、不動産市場が落ち着かないのか、土地の神様の関係の落ち着かないのか・・・
ふるらん、大仏さんの目を見ると緊張するから・・頭のぶつぶつさんを見ていた。
あ・・螺ほつ(らほつ?)って言ったっけ?
間違えたらごめん。
う~ん、確か修行に入るとき・・云々とか・・との話だったっけ?

手が見えない・・・って・・意味がある?
その袖の中はどうなってるのかな?

場面が変わって・・・
数百畳もあるお寺さんの中。
人が十数人けど、畳に余裕がある。

20代前半の女性が両脇を抱えられ、お寺に連れてこられた。
その光景が・・・まるで「除○」
「ここでお払いを受けたら・・・治るんだ」と父親らしき人が子供を引きずってつれてきている。
(このとき対象は娘を見ているのではなく、自分が早く安心したいから・・という気持ちで父親は父親を見ている)

それって・・・・・元々は
「お父さんやお母さんが彼女に人としての芯を教えないから。それと・・愛が足りないだけで・・・彼女は愛を疑っていて・・・」と思うのに・・・

なんで・・・こんなときに仏様に頼るんだろう・・・
普段、小さいときから仏壇の前で
「日々感謝だよ」と言っている家なら・・こんな問題なんかおきないのに。
どんなに社会が大変でも起きる現象が大変でも
「日々感謝だよ、いろんなことを君に教えてくれて、そして君は成長するんだ。僕もお母さんもちゃんと君を支えているし、君を愛しているからいつでも心配しないで前に進みなさい」と言えば・・あんな風に芯が消えてのっとられることは無いのに・・・
なぜ今までほっておいて・・困ったときだけ仏様?

またその後ろから若い男性が連れてこられて・・・お経を読んでいる。

あ・・・なんか違うと思う。
除○のためのお経じゃない

「愛が欲しい・・愛が欲しい・・・お父さん、お母さん、私を見て

そして仏様の声が聞こえる。
「人は自分しかみないな。そのくせ自分を見ていない。周りを見ないのは自分をみていないことと同じだな。見られていることばかり気にする人も多いがな」

めっちゃさめてる感じ。

う~人はいろんなことを体験して泣いて笑って・・
で、大切なことをほっておいて・・いざ困ったら・・・こんな形を取って・・・

「地が落ち着かない」って判るような気がする。
家族の樹が育たないのは・・・「愛っていう栄養」を増やそうとしないで、相手からもらおうとか、家には最初から無いとか、相手が悪いとか言うから・・なんだろうなぁ・・・とか。

どんなに物質に恵まれても・・・寂しいのは心。
どんなに年をとっても・・・空白の心ぐらい悲しいものは無いだろうし・・・

「仏の心に触れられるだけの人」になるために・・・と考えていると、畳から半分顔を出している大仏さんが
「哀れだな、大切なものがわからないものは一生さまような」と周りの光景をみながら一言。

あの胸に両手を添えて、手に仏様のぬくもりを感じたい。
そして・・・ひとつになれたらどんなに素晴らしいか・・・
触れるために触れようとしてはいけない。
手首をつかまれて
「触っていいよ」と言われるか、向うから「近づいてくれる」か・・
ここに仏様がいるのに・・どうして仏像に向かうのか・・・
感じることさえブロックしているのは・・なぜなのか・・・

「仏ここにあらず、人の魂の中に宿る。仏知らずして、人を知らず。人を知らずして仏の心知らず・・・」

う~~~ふるらんまだまだ未熟・・・

そして目が覚めました。
5時40分。

なんか落ち着いてきた・・・





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイドブロック&ガイドブロック

2008-09-25 16:48:32 | ちょっと驚き!
今朝は朝から「バイドブロック」「ガイドブロック」と。

バイドブロックって言うのはね・・・あのですね~意識が無い人が歯をがっちりかんじゃって・・酸素を肺に入れるのに口にかませて・・その穴から酸素の管を入れる用品なんですわ

たとえば・・「こんなの」。

バイドは「bite」噛むこと。かみ合わせること。
歯車のかみ合わせとかファスナーの接触面のことでして・・・

ほら、病院のシーンで酸素を口に入れてるでしょ?
あの器具。

かんじゃったまんまだと・・・空気が~~になります

そうですね、痙攣とかしてるときも歯が折れたりするから、使ったり。
あ~歯軋りする人は・・「マウスピース」をお勧め。
歯が削れると・・・お金が無くなるし。
それと歯が力で押し込まれると・・外にでて・・隙間ができて・・歯の間が開いてくると・・お金が出てきます。

まぁ医学的に言うと・・あごがやられるので・・顎関節症。
つまりひどくなると・・頭痛、吐き気、めまい・・・肩こり・・歯を痛める・・

強くかみすぎると・・・そう歯が変形して・・・運まで変えてしまう・・・
だから歯軋りの人には
「マウスピース」をお勧めです。

あごの負担が減り、歯の隙間もできません。


・・ということで・・・酸素がたくさん入ります。
酸素が入ると心が休まります。
そして魂も楽になります。

もうひとつは・・・
「ガイドブロック」
・・って何なのでしょ?
う~んとう~~んと・・・・

「ガイドをブロックされる?」
「いやいや」
「それなら・・ガイドがブロックをしに来る?」
「・・・・」
「それか」
十二○○とか、○族とか・・・他の情報が入ってきます。
う~やっぱりお彼岸って・・お彼岸って・・・・

・・ということで・・・これからまたお彼岸のことをしますね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お彼岸の中で・・

2008-09-24 21:57:53 | ちょっと驚き!
あ~そうだった・・お彼岸だったぁ・・・
お茶の入れ替えをしておこう~っと、と思ってお茶をいれ、仏壇に置いたら・・・
「ゴトン」
ぎゃァ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お茶がぁ~~~お茶がぁ~~~~~~
ひっくり返った
う~~~~~~~~~~
お彼岸を忘れたからかな・・・

そして・・・買い物へ行かないと~おはぎがぁ~~~

あ~その前に・・お風呂の掃除がぁ~~~
そしてお風呂に・・と思ったら・・・
「きゃぁーーーーーーーーー!」
ハ○が二匹も壁にぃーーーーー壁にぃーーーー
どうしているのぉ

きゃぁ~~嫌いなのよ、ふるらん、大嫌いなのよ
シャワーを入れて、水攻撃
逃げ惑うハ○に水をかけ・・・
結局ふるらんも「濡れた

虫・・・虫・・・大嫌い。
ナメクジの方が・・まだ大丈夫。
う~~~~~そう来たか
うぇ~~ん
嫌いなんだよぉ~~~~

そして気分を変えるために・・お風呂の中に「あれ」を入れて・・・
あ~~~~~綺麗になった・・・

そして・・・お風呂から上がってからスーパーへ。
菊を買って・・・おはぎぃ~~~~
そして売り場へ行くと・・・
「な、無い
きゃぁ~~どうしよう・・・・

あ~~~あ・・・・どうしよう・・・
「団子でいいぞ」と守護○さん。
「いいんですか?」
「うん。数は多いほうがいい」
(あ~串だから・・)
となりに芋蒸しがあって・・
「どうします?」と聞いたら
「いいなぁ~そっちも」と。
それなら・・どっちも買おうと思って、お彼岸だし。

「ありがとう・・・」と聞こえる。
「いいんですよ、いつも守ってもらってるし」・・ね
「これからは・・あいつにも守ってもらえな」
「あ~はい

なんか嬉しいな
ふるらんは女の子だけど、いままで一人だったから必死に自分を守ってきたし、支えてきたし。
でもこれからは・・うふふ
なんか心の余裕が出てきて・・幸せ感じます。
「おい、俺を忘れるな」と後ろから笑い声
はい、もちろんです。守護○さんが居られてこそのふるらんです。

今お線香の香りがいっぱいお部屋の中を漂っています。
あ~~~心の中からとても綺麗になれる・・・・
そして・・・
この香りがご先祖様を癒してくれたら・・どんなに嬉しいか。

手を合わせて祈りましょう。
「ご先祖様、いつも温かく見守っていただきましてありがとうございます。私はみなさまのお心の支えのおかげで毎日が無事に生きていられます。本当に感謝しております。ありがとうございます・・・」と



コメント
この記事をはてなブックマークに追加