波々日記

内に“動愁生疑”を起こしているingな日々を綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

軽くご挨拶を

2060-12-02 00:00:00 | 自分のこと
私が学会関連のブログを見るようになったのは、実はまだ最近(―といっても2,3ヶ月くらい前から)なのですが、あまりにいろいろなブログがあり正直少し驚きました。

中には管理人さんが対処し切れないほどになってしまったのか既に閉鎖されたブログ、もはや更新する必要性もなくなったのか更新が止まったままのものも実に多いようです。さかのぼって読んでコメントを残したくなるような記事にもたくさん出会いました。

このブログをはじめようと思ったのは、やむにやまれぬ自分の内なる声を、どうしても吐き出さなければやっていけないほどに苦しくなってきたからです。
もちろんそれが何の解決にもならないことはわかっています。

ただの垂れ流しといわれれば、それまでかもしれませんが、こんなヤツもいる―ということで、そっと見守っていただければと思います。

ちなみにブログタイトルの『波々日記』は、波が上がったり下がったりするように、自分の気持ちが上下して、なんとかやりすごせる日もあれば、やりすごせない日もある、そんな風に日々が進む様子をイメージしてつけました。

冷静にこうやって文章にしてみると、なんだか1日1日を無駄にしているように思えてなりません―。

それは自分の本心でもないことをやり続けているということに対しての、です。
自分はこれからもそんな生き方をしていくつもりなのか―??
答えはNOです。

これからどうやって、少しずつでも断れる勇気を持ち、組織活動から距離を置くか、これが最大の課題・目標のlanikaiであります。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

財○確認で地区婦と白ゆり長さん訪問

2017-12-20 06:46:38 | 自分のこと
財務終了、組織が示す最低額の10分の1で。

済ませた報告をしていなかったからか昨日、地区婦と白ゆり長さんがいつもながらの突撃訪問。

来年は折伏一色の年です、思い切り折伏に挑戦できる年です、
友人参加の会合が増えます、
公○新聞の大啓蒙があります、1ヶ月だけでいいので、うんぬんかんぬん、年のため購読料を聞いたら1800いくらとかなんとか。

高い!!!
あんなに薄いのに。

S教新聞だってあんなに薄くて読むとこないのに取っている、その上1ヶ月だからと取らせようと。。。

気が弱い私は、その場でははっきり断れずでしたが、引き受けもせず。
考えておきますと濁しておきました。
とても元の役職からは考えらないような対応ですが、私1人くらい協力しなくても何の痛手もないと思いますが。。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

真面目な活動からだいぶ離れて思うこと

2017-12-05 11:51:50 | 雑感
会合は出るのが当たり前、家庭訪問行くのが当たり前、手帳は学会関連の予定で埋まるのが当たり前、
そんな毎日から距離を置き、会合は全く行かないと怪しまれるので年に数回出ておく程度、この8年間家庭訪問回数0回、
手帳に学会関連の日程を一切書き込むことなく過ごしてきて、ふと思うことがあったので書いておこうと思います。

それは、よく「この信心で乗り越える」という言葉が当たり前でありながら、活動家だった頃は、
何か困ったことや悩みがあるとまず先輩に相談し、その先輩の言葉(指導)を素直に信じて、
その言葉は絶対だと思っていたなぁ、ということ。

結局、先輩に答えを出してもらって=先輩に頼って、「自分で考えること」や「自分で解決すること」をしていなかったなぁということ。

そりゃそうですよね、
活動家としてどっぷり組織に浸かっているときは、まずは先輩に指導を仰ぐ「素直(な信心)」であることが何より大切であると教えられていますから。
自分で考えて判断して何かすることは「我見(がけん)」といって、よくないことだと教え込まれていましたから。

でも今よくよく思うと、完全に先輩の言うことを知りたくて、その通りにさえしていれば絶対なんだ、正しいんだと思い込んでいたと思う。

それがちょっと崩れだして、だんだん、疑問を抱くようになったのが「役職は断れないのよ」という言葉に逆らい切れず、
不本意ながら地区の第一線を任されていた9年前に遡るのですけれど。

もっともっと純粋で、自分ひとりであった女子部のころは先輩に疑念を抱くことはなかったけれど、婦人部になっていろんなことがあって、だんだんと。。。

今は、何かあっても学会の人には話さなくなりました。
話さずに、自分で考えて工夫して、いろいろなことから学んで問題を解決するようになったなぁと。

朝、介護が必要な愛犬を連れて外に出て愛犬がチッコするのを見守っている時、なぜかふとそんなことを考えていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋も深まって

2017-11-27 17:24:01 | 雑感
PC版のテンプレが夏のまま、更新しないまま3か月が経過。
学会関係のことを何もしていないので、特に書くことが思い浮かばずあっという間に季節が変わってしまいました。

その間、夫婦(わんこも一緒)で始めた趣味にどっぷりハマっておりまして、
とにかく楽しい時間を十二分に満喫していました。

今日久々記事を書こうと思ったのは、お察しのいい方はすぐにピンとくるかもしれませんが、財務の季節到来だからです。
具体的には、超久しぶりに会館で開かれる大きな会合に最近どうなんだろうと思って(あまりに会合を欠席しているもので)行ってみたからです。

開始時刻に5分ほど遅れて到着したところ、2階の大広間は婦人部でいっぱい。タタミからあふれた人が絨毯までいっぱい。
財務の体験が3題、その後、本部長&圏婦人部長クラスによる捨て身のアトラクションは今流行りの(?)バブリーダンス。衣装もばっちり決めてノリノリです。その後は県婦人部長挨拶、最後に総県クラスの幹部挨拶。

私は、時折ハンドタオルで目頭を押さえていました。
泣いて?笑って?

いえ、そのどちらでもなく、あくびをかみ殺し過ぎて目にあくびをこらえた涙が溜まってしまったからです。

私が感じたことは、まず、退屈。足が痛い。混んでるから足をずらしにくいのがつらいなぁ。

そして、ざっと見渡してここにもし300人が来ているとして、もし1人10万財務したら、いくらになるんだろうと計算していました。
3000万でした。
たった一会場で3000万、この規模の会館があっちこっちにあって、それを何倍にしたらどうなる・・・・無限大。

お偉い婦人部のお話の中で、結婚するまで本部幹部だった方が、ご主人となる会社員の給料の方が安かったという発言が引っかかりました。
いったいいくらお給料をもらってたんだろうと。ボーナスはあるんでしょうか。きっとありそうですよね。
相当な年収だったのではと想像。


それから、毎年聞くフレーズ「真心の財務」「真心からの財務の功徳は大きい」「思いっきりやりきりました!」の連呼。
恥ずかしながら女子部時代、初めてもらった賞与を当時の婦人部長に炊きつけられて全額財務した後悔は、してもしきれません。。
しかも、苦労しながら家と家族を守ってくれた母のことを悪く言っていたことも忘れられません。

今日聞いた話の中で、覚えていること。

①退職金全額財務したS短大出の娘が後にガンを患った。治療に高額が必要になるので娘がしようとしている額の半額でいいのではと勧めたら娘は思っている分だけ財務するという。
車いすで銀行に連れてってと言われ、最後まで税務をやりきって10日後に亡くなったが、今も一緒に戦っている気がすると。
そんなにまでして財務して、助からないってどういうことなんだろう、なんでも前向きにとらえ過ぎと思わずにいられなかった。

②仕事で体調を崩したご主人が休職中、給料の7割を払ってくれた。財務の功徳です!と。
それってある程度の規模の企業なら財務しなくても7割支払うって決まってることだと思うんですが(兄の会社がそうだった)。

③高額がかかる不妊治療をしている婦人部も結構いて、そういう方のところに(指導に)行かせてもらうこともよくあるんですけど、
そういう方には、「あなたの体も傷つくし、生まれてくるはずのお子さんが、あなたに何かサインを送っているんじゃない?だったら思いっきり財務やりましょうよ」と話して、うんぬんかんぬん。

④結婚することになり家を購入しようと思ったがなかなか額が合わずどうしようと思っていたら親戚が「ぜひこの家に住んで」といってきて、そこに住むことに決めたら、婦人部の先輩が「家を買ったと思って毎月払う分を貯金して、『それを上乗せして財務しましょう』といわれ云々カンヌン・・・・

私はもう茫然。
そんなことまで口出しして財務させていることを知って、ほんとに茫然・・・。

家計のことにそこまで口出する団体って他にあるんだろうか?
いったい、誰がそこまで首突っ込んで財務させてるんだろうか・・・・?????


もう充分じゃないですかと思う。

壊す必要もなさそうな信濃町の立派な会館を壊して新しい建物を作りなおすとか、新聞で見たりするとお金が相当余ってるんだなと思わすにいられません。

私は財務してよかったと思ったことなんて一つもありません。

幹部の話を聞いて、首を縦に振ってうなずいている人の群れを見ると、数年前まではなんの疑問も持たず素直に首を縦に振っていた自分が恐ろしく、恥ずかしくなる。
目はあいていても盲目だったなと。

学会はずるいところがあるなと思う。

漠然としたもの、曖昧なところで、逃げられるから。

財務は真心が大事。

じゃあ功徳らしきものがなかったら真心がなかったことになるのか?

額の大小じゃないと言いながら、「思いっきり」させるのはなぜなのか?
退職金全額、賞与全額・・・・。

500円貯金しましょう!

スイーツなどの買い物はアウトレットで安くまとめて買いましょう!

他にも何かあったけど、、、もう忘れてしまった。。

怖い団体だなと、久しぶりの炊きつけるような会合に参加して、この中にそれを純真に受け止めて素直に出しちゃう人がいるんだろうな。。。
改めて、なんて怖いんだろうと思わずにいられませんでした。。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

眠かったぁ。。。

2017-08-26 13:25:22 | 具体的な活動で
昨日夜、2~3カ月ぶりで地区座に行ってきました。

たった1時間が長い長い・・・。

特に最後の担当幹部のお話が、眠くて眠くて・・・、睡魔との闘い。

まぶたが自然におちちゃうんです。。

昨日座談会になぜ行ったかというと、
またもやってきた「財務の申し込み」。

地区婦人部長が申込書記入してもらうため我が家を訪問したいとのことでしたが、
その連絡が座談会の2日前、わざわざ来てもらうのも気が進まないし、
友好期間の発言を、友好してなくてもいいですからと白ゆり長さんに頼まれ
たまにはしゃーないかと引き受けてたこともあり、地区座の時ではいかがでしょうと提案、
それで致し方なく出かけてきたわけでした。

しかし、退屈な時間でした。。
冒頭の体験談のようなものはちょっとおもしろかったですが。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

買う気ゼロ

2017-07-13 10:31:43 | 雑感
昨日都議選のお礼(ってなにもしてませんが)に地区婦と白ゆり長さん訪問。

目的はふたつです。
座談会で都議選の活動報告かなんだかの発言をお願いしたいということと、新聞啓蒙のこと、あ、もうひとつありました、書籍の啓蒙です。

書籍は原水爆禁止宣言の何かと、パンプキン。

「考えておきますね」と答えつつ、買う気はありません。
昔はお義理でいらない本を買ってましたが、お金がもったいなくて。。
新聞だって本当はネット購読に切り替えたいと思ってます。

座談会も、仕事で遅くなるとうそを言って断りました。
皆の前で話すことなど何もないので・・・。


昔の自分は、これと同じようなことを一生懸命やってたなぁ。
動けば福運が積めるんだと、無理やり信じようとして。

でも内心は、世間一般の普通に暮らしている人や、
非活で自由に時間を使っている部員さんがうらやましかった。

今はとっても自由で幸せです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

すっぽかしてしまった

2017-06-27 15:44:14 | 具体的な活動で
今日の午後から近くの会館で活動者会があったのをすっかり忘れて家にいました。

白ゆり長さんが券を持ってきたとき行けると思いますと行ったのに、仕事が忙しくてすっかり全く忘れていました。
13:30からの会合、気付いたのは15:30。

都○選のはっぱかけですよね、きっと。
エア報告なんてしちゃったものだから。

参加者の券は地元に戻されるから、私が来てないことがばれるのは時間の問題ですね。

面倒です、ほんとに・・・。。。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

うんざり。意味がない。

2017-05-24 16:49:38 | 具体的な活動で
今、東京のF報告とってるみたいですね。
前回報告で0と正直に報告したので、今度はエア報告しておいたんですけど、
地域を教えて下さいとまた返信が・・・。

地域?
どこの地域で報告とってるのか、活動から全く離れている私はわかりません。

そもそもエアなので・・・(汗)

しつこい。うんざり。
そして、とってる報告に意味がない。
集計している人の労力も徒労。。

F報告で票読みなんてできないと思うんですけど・・・。
できるとしたら内部票だけだと思います。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なんだか・・・

2017-05-19 16:39:32 | 雑感
行楽にぴったりなさわやかな季節になってまいりました。

またもや久しぶりの更新です。一か月とちょっとぶり?

先週だったか、地区の活動者会を欠席して、今日は座談会なのですけど、、、
なんだかもう面倒くさくて、行く気になれません。。。

会合自体、1か月?いえそれ以上参加してません~。

昔は会合に行かない日がないくらいだったのに、変われば変わる、変われるもんですね。


昔の旦那さんには、いつもいつも待っていてもらって、我慢してもらって、本当に申し訳ないことをしました。

今更直接謝ることはできないけれど、本当に本当に申し訳なかったです。

今はきっと幸せになってくれているといいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢でびっくり、夢でよかった

2017-04-10 15:30:09 | 自分のこと
昨日の夜、結構早く寝たのですが、すごく疲れる夢をみました

学会員らしき活動は、
自分の会合参加、自分の投票、新年勤行会、民音、財務(1万円未満)のみ、
んん、書き出してみると結構ありますな

上記くらいで、新聞啓蒙、F取り、仏法対話、署名活動など外への活動は一切してない私ですが、
夢の中では、何かの役職をもっている立場で活動していて、とても多忙で、これがずっと続いてきているところに、この先も続くことに対して心がすり減り辟易している、でもそれを隠して表面上は活動している、そんな夢。


時間が経つにつれて、だいぶ薄れてきてしまいましたが、とにかく、自分のことや他のことを考える隙間がないほどに多忙な自分が夢の中にいました。それはちょっと前、とはいえ約10年前の自分なわけですが、あの頃は、毎週月曜は協議会、週1~2回は唱題会、座談会、地区総会やブロック総会、セミナー、婦人部総会、御書学、グループ、新聞集計のほか何かにつけての報告(本当に必要で役に立っているのかわからないような)、週に2回の新聞代配、会合のお誘いなどの家庭訪問、年がら年中本当に忙しくて、忙しすぎて、自分や家族のために時間を使う、遊ぶなんてことまったくできませんでした。

なんでこんな夢見たんだろとびっくりですが、たぶん、今がとても自由でとても充実しているので、その反動でいやな時代の夢を見たのかもしれません。

夢でよかった。ああ、よかった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加