いくらおにぎりブログ

邦画中心の映画感想ブログです。ネタバレがありますのでお気をつけ下さい。

【映画】あゝ特別攻撃隊

2006-09-03 | 邦画 あ行

【「あゝ特別攻撃隊」井上芳夫 1960】を見ました。



おはなし
海軍少尉でパイロットの野沢(本郷功次郎)は、母校の図書館で令子(野添ひとみ)という少女に出会います。しかし、そんなトキメキもつかの間、猛訓練に明け暮れる毎日がやってきました。やがて戦局は悪化、野沢は特攻隊に選ばれます。最後の別れにと令子に会いに行った野沢は……


冒頭、母校の図書館を訪れた本郷功次郎は、受付のセーラー服少女に一冊の本をリクエストします。でも、その本は貸し出し中。たった一日の休暇に、お気に入りの本を読みに来た本郷は悄然とします。そこへ「ちょっと待っていてください」と走り出すセーラー服少女。しばらくして息を切らしながら戻ってきたセーラー服少女は、一冊の本を持っていました。聞けば、実家の古本屋からその本を持ってきたそうです。そんなセーラー服少女は野添ひとみ(23歳)。妙に濃い目のメークは、実年齢以上に野添を見せています。


(獲物を見ーつけた)

憧れの海軍士官さんを逃がすものかという、野添の瘴気は本郷を縛ります。「あらっ」と目ざとく本郷の写真を見つけた野添は、早速その写真をゲットです。まあ、ブロマイドみたいな写真を何枚も持ち歩いている本郷も本郷ですけど。



とりあえず野添の魔の手から逃れた本郷は、猛訓練の日々を送ります。とは言え、飛行場をぐるぐる走り回っているばかり。飛行機を使った訓練は、大映の特撮陣が大きく育つまでお預けです。
そんな訓練のさなかにも、ちょっとした息抜きは必要ですよね。本郷は仲良し3人組で、近所の店に出かけます。気分良く喜びの歌をドイツ語で歌うご機嫌3人組。しかし、そこにいた先輩の小笠原中尉(三田村元)が「日本語で歌えっ!」と"同期の桜"を朗々と歌いだします。静まり返る店内に響く同期の桜。負けじと"喜びの歌"を歌い出す本郷たち愉快な3人組。もう音が混ざっちゃって凄いことになっています。特に一人で歌っている三田村元は完全に声が裏返っての熱唱。お疲れさまです。でも、95分の映画で、このシークエンスに2分半も割くのは、いかにもやり過ぎだと思います。

戦況は悪化。特攻隊が編成されることになりました。三田村は第2陣の隊長に選ばれますが、海軍兵学校出身の自分が一番乗りできなかったことに不満そうです。本郷も第2陣ですが、こちらはホッとした表情。出撃前日の外出が許され、喜び勇んで野添の元に出かける本郷。しかし、訪れた工場は爆撃を受けてしまいます。避難した防空壕でキスをしようとする二人。しかし、寸前で本郷は思いとどまります。なぜなら明日は死ぬ身だから。そんな本郷に果敢なアプローチをかける野添。「私を乱さないでください」とまで言っている本郷に、「いいじゃない」と迫りますが本郷は断固拒否です。すると煮詰まってしまったのか、突然防空壕を飛び出す野添。そこに爆弾が。野添、無念の爆死です。

翌日の早朝。特攻基地では、戻ってこない本郷にみんなヤキモキしています。すると、米軍の空襲が始まりました。全員が退避している最中に戻ってきた本郷。いけません、完全にキレています。みんなが唖然とする中、ひとり飛行機に駆け寄る本郷。危ないっ、と駆け寄った三田村が止めても「貴様に俺の気持ちが分かるかっ」と聞く耳を持ちません。揚げ句の果てに、空襲中に殴り合いを始める始末です。と、そこに機銃弾が三田村の体を貫きます。

空襲が終わり、あらためて特攻機が出撃することになりました。壊れてしまった愛機の代わりに三田村の飛行機に乗って出撃することになった本郷は、三田村と固い握手を交わします。
そして出撃する飛行機をカメラは追って、「終」。

えーと、なんですかこの映画は。特攻隊を馬鹿にするにも程があります。特攻隊と言えば、外国からは自爆テロと同一のもののように思われがちですが、実際には隊員たちは決して狂信者だったわけではありません。自分が死ぬことによって、愛する家族を守れればという一心で飛び立っていった人も多いのです。そこには感情と言うより理性が多く働いていたはず。でも、この映画では本郷が飛び立つ理由は「感情」です。いや、むしろ一時の「激情」とも言えるでしょう。これは亡くなった人たちに、とても失礼では無いでしょうか。

大映の「あゝ」シリーズは村山三男監督がほとんど撮っていますが、どれも面白いです。でも井上芳夫監督のこの作品は、いくらデビュー作とは言え、ひどすぎです。がっかりしました。


(この飛行機は何でしょう?プロペラは2翅。複座です。教えてマニアの方)

 

いくらおにぎりブログのインデックスはここ
いくらおにぎり日記はここ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】13階段 | トップ | 【映画】ローマに咲いた恋 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む