気ままに戯言 ・・・

日々の出来事であったり、見聞きしたものへの感想であったり、時には不動産の知識や裏話であったり、気ままに書き綴ります。

プリウスとノート・・・

2016年12月20日 | off course
 11月の新車乗用車販売台数ランキングで日産の「ノート」が「プリウス」を抑えて1位を獲得し、30年振りの快挙を成し遂げたとのこと。盤石に首位を続けていたプリウスが、例え単月とは言え1位から陥落したというニュースを目にして思ったことは・・・、個人的には「それ、分っかるなぁ~!」というのが率直な感想。あくまでも個人的には・・・ですが、私の4代目プリウスに対する印象は「一見カッコ良さそうに見えるけど、よく見ればカッコ悪!」・・・ですから

 具体的に言うと、未来志向のデザインは分かるのだけれど、車高が低く、その割に足元(タイヤ・ホイール)が小さく貧弱に見えるのでバランスがイマイチなのですね。これ、トヨタの豊田章男社長も自らが言っていました・・・「4代目プリウスはカッコ悪い!」って。社長がカッコ悪いと思うデザインをよくまあ採用したモンだと首を傾げる部分が無きにしも非ずですが、少なくとも我々オジサン連中から見ると豊田章男社長同様に「カッコ悪!」・・・なのです。性能的に優れているのは誰もが認めるプリウスであっても、車というのは所詮、ファッション的要素もありますから・・・。

 とは言え、首位を獲ったノートがカッコ良いか? と問われれば、そんなこともありません。いたって平凡なデザインですし、スマートさや斬新さなど皆無です。ですが、オジサマ達はこちらの方が乗っていて無難なのでは・・・? 恐らくノートの首位はそんなに長続きしないと思われますが、それでもe-powerと呼ばれるモーターオンリーで走行するというインパクトは大きいのでしょう。如何せんリーフなどは実質走行距離があまりに短くて不安でしたからね(充電はバッテリー80%程度に抑えなければならないらしく、改良後のバッテリーでも実走行120~150kmくらいが限界と聞きます)。

 こんなことばかり言ってると新型プリウスユーザーやノートユーザーからも怒られちゃいますが(幸い、同業者仲間で乗っている人はいません。3代目は大勢いますが)、でも、しょうがないですよネ・・・好き嫌いなんだから。オジサンでも似合うような低燃費ハイブリッド車、若しくはEV車を発表してくれませんかね? ちょっと車体が大きくなるとSAIにしてもクラウンにしてもフーガにしても燃費はゼンゼン良くないし(当たり前なのでしょうが)、リッター実質20kmくらい走ってくれる車を頑張って作って欲しいですよ、落ち着いたデザインのカッコ良~い低燃費車を!・・・私は買えないけど 。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 確かに業者も人間ですが・・・ | トップ | 生ガキとカワハギ・・・ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。