気ままに戯言 ・・・

日々の出来事であったり、見聞きしたものへの感想であったり、時には不動産の知識や裏話であったり、気ままに書き綴ります。

国も都もどっちもどっち・・・

2017年03月20日 | 雑談
 百条委員会で石原慎太郎前都知事の証人喚問が先程終わりました。感想はと言うと・・・強い人はいつまでも強い! 調査特別員会の尋問者の方こそが半ば気を遣い、石原前都知事の尋問に対する回答とも言えぬ強弁に抗えぬ各委員の姿が印象的でした。今後の結果はともかくとして、性根から気持ちの強い人は何だかんだと言っても得ですね。石原慎太郎に真っ向勝負を挑める人などなかなかいないのでしょう。見ていて情けなくなった次第です・・・調査特別委員会の面子に対して。

 ただ、私としては、素人ながら石原前都知事の言い分にも一理あると思っています。以前にも当ブログで述べたように、確かに一連の豊洲土地購入のプロセスには大きな疑問があるとしても、現時点で出来上がってしまった豊洲市場の使用停止は頷けません。石原氏が言うように、地下水が汚染されていようとも建物床下一面にコンクリートを放ち遮断し、市場内で利用する水は水道水を使うのですから問題ないのでは? と思います。汚染土、地下汚染水はコンクリート、アスファルトで閉ざされてしまえば食品に対する影響もないでしょう。そんな単純なものではないのですかね?

 この問題もそうですが、今の国会で論議されている森友学園問題にしてもそうです。肝心なことが蚊帳の外、安倍首相並びに昭恵夫人が学園に100万円どうやらこうやら・・・なんて問題は大したことじゃないでしょう。維新の会の足立議員が「安保情勢が厳しい中で安倍晋三首相や稲田朋美防衛相の足を引っ張るのは、北朝鮮や中国と通じているのではないかと疑われても仕方ない」「寄付してたら美談ですよ。なんでマスコミは騒いでんの? 全然わかんないね。」と民進党を批判したというけれど、大局的に物事を見れば、これこそがまともな意見です。

 都議会は一日も早く豊洲移転を実現する為に知恵を絞り賢い判断をし、その上で過去の購入プロセスに対して問題があれば責任をとらせ、国会は国会でこの大事な時期にトップリーダーをつまらぬ問題で貶めたりせず、もっと国家としての大事な問題に対して与野党が論議する場が国会であって欲しいと思います。ま、ただ・・・そんなくだらぬ問題の材料を与えてしまった昭恵夫人には反省してもらわねばなりません。あちこちに顔を出すの・・・今後はあの人、やめた方がいいですよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ちょっと忙しなく・・・ | トップ | やっと足場が外れ・・・ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。