気ままに戯言 ・・・

日々の出来事であったり、見聞きしたものへの感想であったり、時には不動産の知識や裏話であったり、気ままに書き綴ります。

頑張れYAMAHA音楽振興会!!

2017年05月16日 | off course
*****************************************************************************************
 日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料を徴収する方針を決めたことに対し、音楽教室大手・ヤマハ音楽振興会(東京都目黒区)が7月にも、「教室での演奏には著作権は及ばない」として、JASRACへの支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めた。
 JASRACは来年1月の徴収開始を目指し、教室を運営する各社に使用料を年間受講料収入の2・5%とする規定案を提示し、意見があれば回答するよう要請している。使用料規定は7月にも文化庁に提出する予定だ。
 これに対し、ヤマハや河合楽器製作所など教室側は2月、「音楽教育を守る会」を結成し、JASRACに対し「演奏権は及ばない」とする反論を各社が送付した。さらに使用料規定を出さないようJASRACに指導することを文化庁に要請し、要請に賛同する署名も約3万人分集めた。
 同会は今月30日の会合で訴訟の原告団に参加するよう約350の会員社に呼びかけるが、ヤマハによると複数社が参加を検討しているという。訴訟により、使用料率など金額の多寡が問題でなく著作権がそもそも及ばないと訴える狙いだ。
 著作権法は、公衆に直接聞かせたり見せたりする目的で演奏する「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。同会側は「技芸の伝達が目的で聞かせることが目的でない」と主張。JASRACは「人気曲を使い、魅力を生徒が味わっている以上、聞かせることが目的」と反論している。
***********************************************************************MSNニュース(朝日新聞デジタル)より

 これ、本当におかしい・・・JASRACの徴収方針。音楽教室でいろいろな曲を演奏するというのは基本、楽器を練習する為。CD等が売れなくなり著作権料が減少しているからと言って、こんなところにまで権料を徴収するというのは本末転倒でしょう。通常の教室の中では先生・生徒のみだし、たまに発表会があったって聴衆であるのは身内が殆ど、曲を聞いていると言うよりは成果を見聞きしに行っているだけなのに・・・。

 考えてみれば、あのカラオケだっておかしい・・・一人カラオケであろうが数人で行こうが、或は団体で行こうが皆で楽しんでいるだけ、「公衆に直接聞かせたり見せたり」しているワケでなし・・・。それなのに1部屋単位で当たり前に課金されているという現実は個人的にまったく納得がいかない・・・。あくまでも不特定多数である “公衆” の面前で演奏する、唄う、が対象となるのでは? 私はそう思いますが、如何なものなのでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 勝手なことばかり・・・ | トップ | 情けないリーダー達・・・ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。