気ままに戯言 ・・・

日々の出来事であったり、見聞きしたものへの感想であったり、時には不動産の知識や裏話であったり、気ままに書き綴ります。

友人は有難い・・・

2017年04月18日 | 雑談
 新事務所もやっと落ち着いてきて、訪れてくれる人も一段落。元の静か~な事務所に戻った感のある今日この頃です。旧事務所もすぐに新しい賃借人さんが決まったようで、家主さんは胸を撫で下ろしておられましたが(当方の媒介ではありません)、当方が退去したことによって御迷惑をお掛けせずに済み何よりでした。しかし、落ち着いたとは言え、まだまだ免許の所在地変更や更新手続き等はこれからなので、今月いっぱいは本業に加えての役所関係廻りが幾つも重なります。本当に落ち着くのは来月あたりからですかネ? 引越し時以降、未だに足腰に何がしかダメージが残っておりますので、ゴールデンウィークは2~3日、お休みを戴こうかな・・・とも考えています。

 さて、一昨日の日曜日のこと・・・、お客様がお越しの予定でしたので出社していると、昔からの友人Kから携帯に電話があり、「今、三島方面に来ているから後で寄っていい?」と言ってきます。Kは現在住宅会社の社長さん。久し振りだったので「勿論だよ! 待ってる!」と答え電話を切ると、小一時間経ってから事務所に現れたのは良いですが、なんと、乗ってきた車が黒塗りのレクサスLS・・・(ゲッ!)・・・思わず「おいおい! 引越し早々こんな車が事務所前に停まっていると勘違いされちゃうヨ~!」と言うと、Kは平然と「そんなことないよ~、一般車! 一般車!」とアッケラカ~ン・・・(バカ言ってんじゃないヨ!・・・ですよね )。

 Kは私が住宅会社にいた時に仲の良かった同僚です。そう、Kの話になると思い出すことがあります・・・あれは確か、ある年の正月でしたか・・・、正月だというのにKは請負契約の約束をとる為、お客様の家で明け方までねばり続け、契約を交わした事があったそうです。今の住宅営業方法とは違い基本商談はお客様の自宅でしたから、御主人が帰宅し夕食を済ませ、その後に訪問して商談を開始するのが普通でしたので当然に話は夜遅くまでになるとして、しかし、明け方までというのは後にも先にもKだけでした。今だったらこんな商談、お客様からしたら冗談じゃありませんが、良く言えばそれだけ営業マンとしての情熱と根性があったのでしょう・・・仲間内では今でも逸話として語り継がれています。

私にはマネの出来ない営業をするそんなK(マネしたくもありませんが )、前述のような話を聞くとモーレツ営業の敬遠されがちな人物に思われがちですが、実はそんなことはなく至ってシャイな面を持つ男であり営業マンでした。人の機微が分かる男といのかな?・・・だからこそ社長職まで昇りつめたのでしょう。事務所でのKとの話は仕事の話が半分、昔話が半分。Kの会社で持つ土地の販売を依頼されたりもし、昔からの友人はいつも忘れた頃に仕事を持って来てくれ、まことに有難い存在です。次月あたりに、もう一人二人、昔の同僚を誘って一献傾けようと約束し、早々に事務所を去ったKでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« またオカマ・・・ | トップ | アドバイザーです! »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。