四季の風景に鉄道を添えて

鮮やかで活き活きとした鉄道写真を求めて

【ロマンスカーMSE】 下り勾配でうねる編成美を捕える

2017年05月24日 | 小田急電鉄

 

周辺の道路工事に伴い、風景の変化が想定されるこの地。先送りにしてきた課題にようやく挑戦する時が来た。

10両編成向けに構図をセットしたが、シャッターポイントによって架線柱の影や反射が前面に落ちやすい印象。

こちらのMSEも架線柱の反射がフロントガラスに映り込む寸前だった。カメラマン泣かせの手強い撮影地である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【箱根登山鉄道 アレグラ号】 新形式3100形 営業運転開始 vol.03

2017年05月17日 | 箱根登山鉄道

 

箱根ならではの雄大な風景の中、3両編成の鮮やかな存在感を表現するため、出山の鉄橋を訪問した。

フィッシュアイならではのワイドな描画を活かし、新緑のテクスチャに浮遊する鉄橋を中心に添える。

雨上がりの空がぼんやりしている点が残念だが、早川が織り成す渓谷美が冴え渡る1枚に仕上がった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【箱根登山鉄道 アレグラ号】 新形式3100形 営業運転開始 vol.02

2017年05月16日 | 箱根登山鉄道

 

新形式3100形を使用した強羅行きの初列車が、溢れる新緑に包まれた険しい峠道を力強く進む。

日中、前照灯を点灯させている列車は少ないのだが、本列車は補助前照灯まで点灯してくれている。

新緑に覆われた風景に映えるレッド、そして一等星のように光り輝くヘッドライトが印象的な絵となった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【箱根登山鉄道 アレグラ号】 新形式3100形 営業運転開始 vol.01

2017年05月16日 | 箱根登山鉄道

 

 

アレグラ号の新形式3100形が営業運転を開始した。初運用の編成は3001号車との3両編成となる。

両運転台の単車である3000形に対して、新形式の3100形は片運転台の2両編成として製造された。

両形式の違いをサイドから捕えてみたい。トラス鉄橋を突き抜ける編成美を編成前後で切り取ってみた。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【ロマンスカーEXE】 新緑から飛び出すサイドビュー

2017年05月12日 | 小田急電鉄

 

新緑から飛び出すロマンスカーのサイドビューを捕える。VSEやMSEで決められれば良いが甘くはない。

そんな中、掲載レベルのポジションでシャッターを切れたのがEXEだ。やはり風景の中での存在感が薄い。

明快なカラーリングとなったEXEαならば、どのように写っただろうか。課題を残して次の撮影地へ向かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加