トルコから石灰棚を眺めながら生活する日記

ラム子のロカンタ(日本食食堂)、
ゴールデンレトリバーとカンガル犬との日常を綴ります。

形見

2016-10-12 21:55:19 | 日記
今日のパムッカレ

私は死別カテゴリーに移ったほうがいいのかな?

プロフィールも、変えなきゃね。
カンガル犬のエフェスも失踪中だし、
夫も死んじゃったし。

トルコ人の夫と死別し、
只今、パムッカレでゴールデンレトリバー1頭と
奮闘中♪とか?

イサの持ち物、特に洋服がやたらと多い。
私が先に死んだほうが片付けが楽だったはず。

トイレの汚物さえ捨てられなかった。
(トルコの水洗トイレは紙は流せないので、
トイレットペーパーなどはゴミ箱に入れる)

さすがに捨てたけれどね。
イサが最後に飲んだペットボトルもそのまま。

イサとの思い出が詰まった家に食堂、オフィスもそのまま。
私はイサとの思い出に浸っていられるんだ。
死別ブログなど読んでいると、私って恵まれているかも?

家賃が払えず、泣く泣く引っ越したり、
夫家族に冷たくされたり、出て行かざるをえなくなったり、
トルコでさえ、夫家族に追い出されただの、
トルコ人夫と一緒に経営していたホテルを
夫家族に乗っ取られたという話を聞いた。

私は日本に帰る家もあるし、
夫家族もここで暮らすようにと言ってくれている。

同じ村で私と同じように死別し、私より若くて、子供もいないけれど、
夫家族と一緒に暮らしているお嫁さんもいる。

イサは御墓で眠ってなんかいないよ、と
言われても、やっぱりイサの隣で眠りたい。
改宗の問題もあるけど。

日本の両親に申し訳ないので、もしも、両親を見送った後なら、
私はトルコで永眠したい。

さてさて、形見の話。
結婚指輪って、死別したら外すの?
私は外したくないな。

なんて、イサが死んでから、指輪をしはじめたくせに。
それまで、数年間、指が成長しちゃって、はめることが
出来なかったのだ。イサの死をきっかけに体重が落ち、
やっと指輪をすることが出来たのだ。

イサの大量の服、
実は、イサが亡くなる前に私は『お別れ』という
題名で記事を書いていた。

内容は、イサの洋服が大量にあって、クローゼットに入りきらず
イサは廊下に自分専用のクローゼットを作ったのだ。
その引っ越しもしていたわけ。で、題して『お別れ』

今度は私がこのクローゼットを
思う存分使える、イサの洋服を移動しながら、
ひひひひ、イサちゃん、ばいばーいと
口にしていたのだ。

義姉が、イサの洋服を貧しい人に寄付しなきゃいけないと
言い出した。私はイサのものは、義兄や近い友人にだけ
あげたかった。というより、誰にも渡したくなかった。
自分が気が済むまで、イサのすべてと一緒にいたかった。

ベッドのシーツ、枕カバー、イサの洗濯物でさえ、洗いたくなかった。
イサのアイフォンは私が使っている。

イサの指輪はネックレスにしたいけれど、
私、金属アレルギーなので、ムリ。
アレルギー用のネックレスでさえ、ムズムズするのだ。

時計は日本の私の兄に使ってもらうつもり。

一昨日、昨日と、イサが初めて夢に出て来た。
二人で仲良くドライブしている場面。
ケントの激しい息遣いで、目が覚めちゃった

ケントは家の中で寝ているんだけれど、
バルコニーに出たいときは、
要求吠えよりは、わざとらしく、ハアハアと
息を荒くして私に訴えるのだ。

最初は居間と廊下の入口、そのうち廊下で、
そして、寝室の入口で、
私に聞こえるように、ハアハアするのだ。

ドアを閉めちゃえばいいんだけれど、
ケントの癲癇発作がコワイので
開けておくんだ。

今晩もイサに会えるかな?






ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イサが日本からやって来た! | トップ | 兆候と寿命 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (noco)
2016-10-12 22:34:04
ラム子さんの気持ちがゆっくりとするまで、イサさんの服もシーツもそのままにして欲しいです。
義姉さんの言うトルコのお別れの仕方(服を寄付するとか)があるとは思うけど、
イサさんの匂いが消えてないうちは、まだまだラム子さんのそばに、ラム子さんの気がすむまで置いてて欲しいなぁ〜って思います。
急いでさよならしなきゃいけない理由ないのに…(T-T)
nocoちゃん♪ (ラム子)
2016-10-12 22:53:35
ありがとう!
一番辛かったのは、
死んだ日に埋められちゃったこと。

トルコの慣習は知っていたけれど、
あまりにも慌ただしく、事が成されるので
私には追い付けなかった。

結婚式は何日もかけて
執り行うのに!!

せめて、一晩、いっしょにいたかったな。
もっと我儘言えばよかったかな?
認めてもらえなかったでしょうけど。

イサは祖母のお通夜、葬式に参加した
けれど、祖母の遺体が自分たちが
寝ている部屋の下にいるのが
信じられなかったみたい。

ナズィレがね、
夫と両親の死はそれぞれ受け止め方は
違うと言ってくれた。
もちろん、人の悲しみ、苦しみは
比べられないけれど、私の場合は、
ケント、両親はいつか・・・と
覚悟はあった。でも、イサのことは
まったく意識していなかったもの。
だから、余計に辛いのよね。

でも、ノコちゃんが愛情いっぱい込めて
作ってくれたミニイサが
いるから、洋服も全部じゃないけれど、
手放せそうよ。
Unknown (noco)
2016-10-12 23:18:41
父の場合、お通夜、寝ずの番して告別式。
の流れで故人とお別れする準備だとか、気持ちの整理がほんの少し出来る気がしましたが、
イサさんの急死からの葬儀、埋葬は
ラム子さんのブログを見ていて、何度も読み返して、
読んでいるこっちも事の流れの早さに、『ラム子さんが見た夢の話しをしているのかな? 最後にたねあかしするのね』と思って、現実に起きているにしてはあまりに急過ぎでした。

ナズィレさんの言葉、優しいですね。
イサさんと出会い、イサさんの優しさを継いで、たくさんの人がラム子さん達を守ってる気がします。(実際はラム子さん寂しく辛いこともあると思うから、守られてるかわからないけど…)

ミニイサさん、話しが出来るんじゃない?と、オカルト現象になりますが、つい期待してしまいます。今夜も夢にイサさん現れますように願ってます。
Unknown (ソレイユ)
2016-10-13 00:34:14
ミニイサさん、本当にイサさんにそっくりですね。
寒くなる前に、革のコートまで気遣って下さって、
ノコさん、何もできない私からも、お礼を言わせてくださいね。
エフェス君も写った、ミニアルバムも、泣かせてくれます

私も、イサさんの思い出の品を急いで手放す必要はない、と思います。
イサさんの匂いと思い出に包まれて暮らしていくうちに、
いつか、イサさんの洋服が誰かを温めてくれるかもしれない、と思えた時に、
もらってもらえばいいですよ。

ミニイサさんが来てくれて、ラム子さん、良かったねぇ
私も本当にうれしいです
のこちゃん♪ (ラム子)
2016-10-13 04:38:24
ごめん、ごめん、
また、なぜか、のこちゃんに
親の死を振っちゃったね。

ちょっと記事では端折ったんだけれど、
義兄嫁がね、うちの母親が死んだときは
あーだこーだと洋服を寄付することを
言ってきたわけよ。

それで、私が、イサのものは
誰にも渡したくない!
イサのは、1年くらいは
置いておきたい!うわーんと
喚いたときに、ナズィレが
みんなに言ってくれた言葉なのよ。

私はみんなから守られているって
思っているよ。
イサがいない寂しさは
あるけれど、孤独感は無いかな?

ミニイサがみんなに内緒で
話しかけてくれたらいいね!
今、どんな超現象も受け入れられるわ。
ラム子さま。 (コスモス)
2016-10-13 07:47:28
お空からご主人さまがおやさしく見守ってくださっていることでしょう!
そして。
お空から。
エフェスくんを見つけ。
あなたのもとに届けてくださる予感がいたします。
楽しみですね。
お身体くれぐれもお大切に。
それでは。
ソレイユさん♪ (ラム子)
2016-10-13 18:49:20
ありがとうございます。

>イサさんの匂いと思い出に包まれて暮らしていくうちに、
いつか、イサさんの洋服が誰かを温めてくれるかもしれない、と思えた時に、
もらってもらえばいいですよ。

いつも、機知に富んだお言葉で
癒されます。
そうですね、いつか、誰かが必要としているかもと
自分で納得出来てからでもいいですよね。

皮のコート、色が同じなんですよ。
私が逆の立場になったとき、
こんな気遣い、出来るかな?
ミニアルバムの存在も知りませんでしたもん。
コスモスさん♪ (ラム子)
2016-10-13 19:45:08
ありがとうございます。

イサがエフェスを見つけてくれるかな?
エフェスもとっても優しくて、
男らしい犬でした。

雷はケントより苦手だったけど。

私は皆さんの御蔭で、元気になりすぎて、
また、体重が増えそうですよ。
形見 (joe)
2016-10-13 22:54:16
お友達のイサさんのあみぐるみ
素晴らしい!
イサさんのこと、ラム子さん事、想いを込めて作られたのがよくわかります(T_T)

うちは主人の形見は集めていたナイフは友人にあげて、息子たちにもきれいな柄のものを一本づつ、服は息子たちと体型がぜんぜん違うのでほとんど処分しました。

主人が使っていた牛刀が研いでも切れなくなったので今年の春、ついにさよならしました。
12年経つと、ほとんどないですね。

ある意味形見と思えるのですが、
料理人だった主人はよく友人を家によんで、料理を振る舞っていたのでが、息子たちの同級生の子に「今まで一番美味しかったのは、番父が作ってくれたアイスクリーム」とか、友人達に「あのビーフシチューが忘れられん」とか、今だに言われることです。

料理下手の私は何一つ主人のレシピを作れなくて…
もっとちゃんと聞いておけばよかったなあと。

すこし、ほっとしました(╹◡╹)


Unknown (miki)
2016-10-14 05:03:47
ラム子さん、イサさんのお人形とてもよくできてますね。服はすぐあげてしまわなくても、いいんじゃないですか?あげるのはいつでもあげられるし。うちの20年前の服だって、結構普通の状態で残ってます。
イサさんのことは、すごくショックで、ラム子さんが心配ですが、ブログを更新してるとちょっと安心します。
今日、羊飼いさんに、ラム子さんから届いた柿を分けていただきました。ありがとうございます。
干し柿ができるのが楽しみです。
Unknown (キムチ)
2016-10-15 06:46:41
ブログも色んなジャンルがあるんだね。
読者ファンとしてはこのままで、とも思うけどラム子ちゃんがしっくりいく方向で
お別れが十分惜しめなかった分、まだまだオヤジさまの物に埋もれていたいよね。
日本では遺品の整理屋さんがいるらしい。
遺品や形見を整理したら気持ちも整理できた話も聞くので、悪い話でもないかもね。
ラム子ちゃんが自然にそんな気分になる時が来てからでも良いのでは。
オヤジさまと今夜も楽しいデートができますように
形見 (いづみ)
2016-10-17 19:57:12
イサさんの形見は、ラム子さんが気が済むまで手元に置かれたらいいと思います。亡くなられた方の物は、この世への未練を断ち、早く成仏できるためにも、速やかに処分すべきだと言う霊能者もいますが、亡くなられた方も、大切にしていたものをさっさと捨てられたりしたら悲しむのではないでしょうか?イサさんとの夢のドライブ楽しかったでしょうね。また夢で逢えるようお祈りしています!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。