トルコから石灰棚を眺めながら生活する日記

ラム子のロカンタ(日本食食堂)、
ゴールデンレトリバーとカンガル犬との日常を綴ります。

幸せの図

2017-05-15 17:58:02 | 日記
今日のパムッカレ







家族......羨ましいな。
私もこんな家族に憧れたっけ。
子供は出来なかったけど、夫さえいれば、良いと思っていた。
時々、記憶がフラッシュバックされる。
幸せ気分のときに、頭を過った不吉な予感。
このまま私達は、一緒だよね?
こんなに、何もかもうまくいっているときに
抱いた不安。もともとネガティブ思考の私だからかと、
一蹴したっけ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 味覚がおかしい人達 | トップ | 嬉しい再会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幸せの形は、それぞれだと思います (rie)
2017-05-27 06:44:27
ラム子さん、いつもブログを楽しみに拝見しています。また、遠く離れた日本から、応援しています。ラム子さんの気持ちを考えると、心が痛くなり、涙が出ました。でも、幸せの形は、本当に人それぞれだと思うんです。私から見たら、トルコで素敵な方に出会い、結婚し、お店を切り盛りされているラム子さんは、憧れだし、素敵だと思います。ラム子さんの幸せをいつも願っています。人生色々あるけど、それも、楽しんでいけたらいいなあと、もうすぐ折り返し地点の私は思います。お互い頑張りましょうね!
rieさん♪ (ラム子)
2017-06-01 02:16:50
ありがとうございます。

人生いろいろですね。
伴侶を亡くしても、蚊に刺された程度だと
感じる人もいれば、私のように生き地獄を
味わっている人もいるわけです。

夫の子供が欲しかった、
夫に自分の子供を抱かして
あげたかった、
夫の夢を叶えさせてあげたかった。

苦しくて苦しくて、終わりにしたいのですが、
私には、負けられない闘いがあるので
踏ん張っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。