錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

クロウメモドキの実

2017年06月17日 | 昆虫・植物

この植物はクロウメモドキって植物なのですが、これって余程の人でなければ知らないようなマニアックな植物なのです。
って言うか、必要のない人にとっては一生知らなくてもイイ植物ですからね。
でも、一部の蝶を育てる人にとっては必要不可欠な植物なのです。
そして、このクロウメモドキには枝先に固くて鋭いトゲあるのでCherryは裏の縁に20本ほどを柵代わり植えているのです。
と、言う事で・・・
知らずに立ち入る侵入者は思いっきり痛ーい!思いをする事になるのですが、時としてCherry自身も痛い目に合うんです。
そんなクロウメモドキですが、今年もたくさんの実を結んでくれました。
まだ若くて青い実ですが、これら暑い夏を越え、この実が黒く熟したら摘み取って用意したプラポットへパラパラと蒔く。
で、そのプラポットの傍らで“さつき”と“めい”がトトロと一緒に踊るように、このCherryもトトロと一緒に踊る。
ごめんなさい、嘘です。
でも、時期がくると、ポ・ポ・ポ・ポ・ポン!って可愛らしい葉を広げてくれるんですよ。
『虫』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コシアキトンボ | トップ | 昨日は父の日 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む