錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

高病原性鳥インフルエンザ

2016年12月28日 | 雑記(ひまつぶし)
熊本県は高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたとして同県北部の南関町で飼育されていた約9万2000羽の家禽を全て殺処分したことを発表すると共に、これらに続く幹線道路などを通行する車両の消毒を24時間体制で実施されていた。

そして、この被害を被った最大の被害者はというと、高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染してしまったニワトリであるが、その家禽を適切に処理する人や感染拡大を防ごうとクソ寒い中で昼夜を問わずに車両の消毒にあたる人々には本当に頭が下がるばかりでした。
で、そんな大変な時に、お前は何処で何をやってたんだ!と聞かれると・・・
すんません、ぬくぬくと温泉に浸かってました。
『鳥』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 識別票 | トップ | 話は前後しちゃうけど・・・ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む