錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

ぱいぬ島から福岡まで・・・

2016年10月29日 | 放浪雑記
27日、エンジンの側面に青いイルカが描かれたスーパードルフィンことBoeing 737-500に搭乗し、石垣空港を定刻の17時50分に福岡へ向けて離陸。
多良間島上空を通過し宮古島上空へ・・・
機窓からは宮古島の東平安名岬が見えてました。

続いて久米島上空。
このころから雲が少しずつ多くなり機窓からの景色は雲に覆われて見られなくなりました。


しかーし、下界の景色は雲で遮られたものの徳之島の上空付近に差し掛かると、機窓の先に虹の輪であるブロッケン現象(Brocken spectre)が現れました。

そして・・・
ちょうど鹿児島の薩摩半島上空付近を通過している頃かなぁ?
前方からキャセイパシフィック航空 Boeing 747-400が搭乗機の横を通過。
国内でも長い間、愛用されてきたBoeing 747・・・
デザインこそ違いますが、この機体は懐かしいですよねぇ。

さぁ、ここからは少しずつ高度を下げて着陸態勢へと・・・
そんな中で長崎県の佐世保港の上空を通過。
雲の隙間から着岸している米艦の姿も見ることができました。

その後、搭乗した石垣発ANA1870便は無事に福岡空港へと到着。
そして、最初の洗礼はと言うと・・・ 寒ぶっ!

早速、愛車へと乗り換えて自宅へと向かう・・・
石垣速度から一転して内地のスピードですよ。
しっかし、「帰ってきたぞーーーー」って感じの懐かしい風景です。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダメだ~ぁ! | トップ | 空飛ぶウナギ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む