錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

経過観察中

2017年10月20日 | 魚(海・淡水)
石垣滞在中に鈎り外しのトラブルからアジトで経過観察を続けていた2匹のオオウナギでしたが、これらの放流を待たずして台風21号が接近するとの予想が発表されたことから、昨日の15時50分の石垣発福岡行きのANAの1870便に乗せて連れ帰ることにしました。
そして・・・
空港で待機してくれた娘のおかげもあって梱包から10時間ほどで飼育棟のタンクへと放すことがてきました。
それから17時間が経過・・・・


こちらは呑んだ鈎は難なく外せたなも関わらず、何故かドロっとした血を何度も吐く個体。
おまけに、何となく咽頭部分にあたる背部が曲がったように水に浮く傾向が見られたことから、最悪でも吐血が見られなくなるまではと石垣のアジとで経過観察を続ていました。
と、言うことで・・・
連れ帰るにあたって、このオオウナギが一番気掛かりだったのですが飼育棟のタンクへ放して17時間が経過した現在は安定しているようです。


一方、こちらは鈎り外しの際にエラを傷付けてしまい結構な出血をさせてしまった個体。
エラに傷を負っている事もあってか、自宅へと届いた時には呼吸が弱く動く事すら儘ならない状態に陥ってましたがエアレージョンを強めにかけたこと小一時間ほどで呼吸が回復し起きあるまでになりました。
そして、今では安定した状態にまで・・・
何れにしても双方ともに時間の経過が薬だとは思うのですが、当分は気を抜かずに経過観察続行ですね。
『魚』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオウナギを乗せ福岡空港へ... | トップ | あの島には夏があった・・・ »
最近の画像もっと見る

魚(海・淡水)」カテゴリの最新記事