錯乱坊の彷徨える日々

フィールドでの出会いに癒しを求めて…

金木犀

2017年10月09日 | 昆虫・植物

何処からともなく風で運ばれるキンモクセイの香り。
そして、この花の香りが漂うようになると季節はもう、すっかり秋なんだなぁ・・・ って。
そんなキンモクセイですが今週末の福岡は纏まった雨が降ると予想されているので、この群れ咲いた小さな花たちは散り果て足元を赤く染めるのかなぁ?
で、話は突然変わるけど・・・・
このところの朝晩は肌寒さすら感じるようになってきたので、今宵は暖かくして寝よーっと。

この記事をはてなブックマークに追加

荒尾ジャンボ梨

2017年10月09日 | 雑記(ひまつぶし)

9月も過ぎて10月へと入ると、いよいよ荒尾ジャンボ梨(新高)の季節に突入です。
と、言うことで・・・
今日は荒尾市野原の梨園まで行ってきましたぁ。
が!
奄美へ行く前にも、ここへは行っていた。
ただ、その頃は同じ梨でも新高種ではなく幸水種の最盛期でしたけどね。


そして、今日はジャンボ梨(新高)を求めて再び訪園。
って言うか、この大きな梨はお土産で頂いたもの。
いやぁ・・・
何時も何時も、ありがとうございますぅ。
で、ちょいと遊んでみた。
梨の画像だけでは、その大きさが上手く伝わりませんからね。

この記事をはてなブックマークに追加

1.4kg

2017年10月09日 | 両生・爬虫類

今日はヒョウモンリクガメの“カメキチ”を久々に体重測定をしてみましたぁ。
しかーし、前回まではキッチンスケールで測れたけれど、今では大き過ぎて一見しただけで無理って事が分かる。
だから・・・・
これからは人様用での体重計を使用することにしました。
そして、その体重はと言うと 1.4kg。
マジっすかぁ・・・ 
やっぱお外で飼うと成長が早いですねぇ。
でも、こいつは暖かい地域に生息するリクガメだけに、来月にはお家に入れてあげないと冷え込みがキツくなるかなぁ?
しっかし、一気に成長したなぁ。

この記事をはてなブックマークに追加

Cherryの鹿児島ぶらり旅(最終日ダイジェスト)

2017年10月09日 | 放浪雑記

昨日、無事に鹿児島から福岡へと帰って来ましたぁ。
が!
本来はホテルで仕事をするはずだったが、結局は気晴らしばかりに出かけて仕事は棚上げ。
大丈夫かなぁ・・・?
まぁ、どうにかなるでしょ!
って事で・・・
今日、最初の記事は鹿児島ぶらり旅のダイジェスト編です。


最終日は早めにホテルを発ち、桜島フェリーで対岸の桜島港へと渡りました。
やっば、連休と言うこともあって観光客が多かった・・・


そして向かった先は本土最南端の佐多岬。
しかーし、その前に・・・
南大隅町にある薩英戦争時に構築された砲台(台場)跡を訪ねてきました。
海へ向けられている大砲は、まぁ、イメージ的なもでしたが、生麦事件後の薩英戦争に備えて構築された石垣が今でも原型を留めているのは素晴らしい。


でも、そんなに貴重なものだから案内板など、もう少し整備に力を入れて欲しいって感じかな。
と言うか・・・
今の状況では、ここを通行する殆どの人が気付てないと思う。
けど、そんな話は、これにてお終い。

で、行きついた先は佐多岬。
その昔、ここはフラワーパークとして有料だったんだけど、今は南端までゲートも無くタダで行ける。
そして、この佐多岬では咲き誇るシロノセンダングサの花で吸蜜するカバマダラやリュウキュウムラサキの♂を見る事ができました。


そして、この佐多岬からの帰り道となる国道269から見える右手の景色がCherryは大好きなんです。
で、その理由は・・・
何処となく屋久島の景色に似ているから。


でもって・・・
再び桜島へと戻った頃には日は西へ傾く頃で桜島の後ろから伸びる後光が厳かな桜島を演出していた。


で、こちらは桜島の二俣港から市内方面を見た夕日。


その後、国民宿舎 レインボー桜島と併設された桜島マグマ温泉で汗を流し、再び桜島の昭和火口に張り付いた。


が!
当日の桜島はゴーゴーと鈍い音を立てて鳴いていた事もあって噴く気配がない。
って言うか、山が鳴くときは大抵が期待できない。
という事で・・・
たまに噴いても火口からは赤いもの一つ出ないまま時間だけが過ぎ、とうとう日付が変わってしまいました。


しかし、気付けが変わった頃から山鳴りが止む時間が長くなり火口は何となくだけど赤く染まってました。
ん・・・
噴く可能性はゼロじゃないんだけど、その可能性は半々かなぁ?
って事で、今回の撮影は、これにて終了。
夜が明ける前に鹿児島を後にしました。

この記事をはてなブックマークに追加