サチコのときどきダイアリー

お茶をいっぱいの気分でお立ち寄りくださいませ

世田谷文学館に「ムットーニ・パラダイス」展を見に

2017年05月14日 | お出かけ
5月14日 世田谷文学館は京王線の芦花公園駅からすぐです。


このあたり、緑が溢れて、気持ちのいい環境ですね。


新装なって世田谷文学館でヨーコさんと待ち合わせ。


改装された世田谷文学館リオープン企画展第1弾と銘打った「ムットーニ・パラダイス」。ムットーニこと武藤政彦さんの展覧会は電動式のからくり人形がつくりだすフシギな世界です。「ボックス・シアター」と呼ばれる箱の中で、精巧につくられた人形たちが、見る者を非現実の世界へ誘います。今日は、作者の「ギャラリー・トーク」のある日。ムットーニさんがギャラリーをいっしょに移動して説明してくれます。


アトラスが支える地球が割れて、天使が翼をひろげて天空へ。原作は中原中也の「地獄の天使」。芥川龍之介の「蜘蛛の糸」等々、文学作品をベースにしたものが多い。


ムットーニさんとヨーコさん(左)と私。おもしろかったあ! 

 ムットーニ・パラダイス ~6月25日(日)まで
 世田谷文学館は芦花公園駅から徒歩5分。Tel:03-5374-9120
 ギャラリー・トークのある土・日に行くことをおすすめ。



世田谷文学館のエントランス・ホールには、快適なフリー・シートがあります。


大きな鯉がたくさん泳いでいる池も。世田谷区って、お金持ち。


ライブラリー。若いころ読んだ懐かしい昭和の本がいっぱい。


ベビー&キッズのエリアも。絵本や紙芝居もあります。


「どんぐりカフェ」でお茶しました。どんぐりちゃん、かわいい。


ビーフ・シチューのおいしいお店発見


芦花公園の駅近くでヨーコさんが見つけたビーフ・シチューを看板にしたお店「サン・マロー」で、早めの晩ご飯。小さなお店ですが、大当たりでした。


私たちがたのんだ「ビーフ・シチュー田舎風」、おいしかったですよ。これにコンソメ・スープとサラダとご飯がつきます。「オムライスのビーフ・シチューのせ」「ウニいりオムレツ」「牛ばらのソテー」など、みんなおいしそう。35年やってるお店で、常連さんが多いようです。
 レストラン・サン・マロー Tel:03-3304-7949 月休
 

   「さぬきパスタ」だって


ヨーコさんにいただいた「さぬきパスタ」。リングイネですけど香川県産。おもしろいですね。生パスタだから明日いただきましょう。おいしそう。


   「HPのトップ頁」へ







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月に生まれて、5月に逝っ... | トップ | 青シソ植えました。虫さん、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。