シニア暮らしは風の吹くまま、気の向くまま

年金をもらいつつ、仕事は少し、遊びはたくさんの楽しい
シニア暮らしを目指して、極楽とんぼ的な老後を構築中

急に静かになって落ち着かない

2017年06月18日 | 日々の風の吹くまま
6月17日(土曜日)。曇りがち。早朝から子供の走る足音で起こされなかったので、目が覚
めたらもう8時半。久しぶりにぐっすり眠ったなあ。でも、ゆうべはあまりの静けさにヘンに落
ち着かないし、おまけにいつもダダダダダダっと「野牛の暴走」が始まる時間に何となく緊張
して来るのが感じられて、たまたま仕事をしていることが多い時間だから、相当なストレスに
なっていたんだなと今さらわかった。結局、これまでは騒音から注意を逸らすために1日中
かけていたラジオを静か過ぎて気味が悪いからとつけて、はあぁ・・・。

人間の感覚っておもしろいと思うけど、月曜日午後にはさっそく新しいご近所さんが越して
来るそうなので、どんなことになるか。幼児がいないことを祈るばかりだけど、たとえいても
親が良識的で思慮のある子育てができる人であればそれほど問題にならないのではない
かという気もする。だいたい高層マンションの1億円の部屋を買える若い家族はそんなにい
ないだろうし、それくらい資金があるんだったら、こんな中途半端な街中のマンションよりも
少し先の郊外に行けば、子育て世代にやさしい戸建てか少なくともタウンハウスくらいは買
えるだろうにと思うけど。ま、ともかくマンション暮らしの「ひとつの」エピソードが完結したと
いうことで、とりあえずほっとした気分。

ちょうど仕事も入っていないので、引越し以降にフォルダにため込んだ写真の整理。「空」の
フォルダには雲の写真だけでも約1300枚あるし、飛行中の(主に)旅客機の写真も400
枚近く、さらに「眺め」のフォルダに約1300枚、ニューウェストの風景写真も800枚。初め
はチビのIXYだけだったのが、去年の秋に東京でG5Xを買って来たもので、同じ連番形
式のファイル番号が重複するようになって、カードからPCにダウンロードするときに上書き
を防止する処理がめんどうだし、番号順に表示すると撮影順がめちゃくちゃ。ちょうどバック
アップする潮時でもあるから、何とかして効率的な整理方法を考えないと・・・。

長い間ベースメントのオフィスにもぐらのように籠もってひたすら仕事をしていたせいか、金
魚鉢のような新居の窓の外いっぱいに広がる空を常に形や色を変えながら流れて行く雲は
無限の自由そのものに見えるし、燃えるような夕焼けは神秘的でさえある。二度と同じもの
は見られないと、ズームでカメラを向けているうちにいつの間にかこんな数に・・・。
   
   
   
   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと引っ越してくれた | トップ | どこの国の不思議もお国柄のうち »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む