シニア暮らしは風の吹くまま、気の向くまま

年金をもらいつつ、仕事は少し、遊びはたくさんの楽しい
シニア暮らしを目指して、極楽とんぼ的な老後を構築中

3月の嵐が来る前に

2017年02月22日 | 日々の風の吹くまま
2月21日(火曜日)。晴れ(霧)。あっちゃ、明日から最低気温がマイナスになって、木曜日
あたりからはまた雪混じりの天気になって、来週いっぱいくらい続くなんていう予報。「ええ?
せっかく外に出した鉢物をまた取り込まなきゃならないじゃないか」とカレシ。俗に3月はライ
オンのごとくやって来ると言うんだけど、去年の3月も大荒れの暴風雨で始まったような気
がするな。まあ、雪がちらつく程度だったら、雨風よりはいいかもしれないけど。

きのうはせっかく遊びモードに切り替え!と張り切ったのに、また仕事モードに逆戻り。何か
みんな逆戻りなんて、いやぁねぇ。きのうは出かけ前に納品の確認と一緒に「次の仕事が入
りそうです」と予告があって、帰って来たら同じ会社の別の部署から添付ファイル付きメール。
すごいラッシュ仕事で、わわわと返信メールを書いていたら、コーディネータさんからも添付
ファイル付きのメール。どっちも1、2と番号が付いているので、どっちの1でどっちの2です
かと確認メールを送ったら、「ええっ?」という返事。結局はコーディネータさんがワタシを
「ゲット」して落着したけど、危うくダブル受注になって、へたをすると徹夜になるところだった。
あ~あ、もう「魔の3月」の波がひたひた・・・。

1週間ぶりに英語教室に行くカレシ、10日ぶりにひげを剃ったせいか口元にシェーバーの
刃に引っかかったらしい傷がひとつ、ふたつ。送り出すのにいつものように運転に気をつけ
てね~と言ったら「それから?」という反応。あっ、そうそう、足元に気をつけてね。「うん。転
ぶつもりはないけど、まじない」。あはは。じゃあ、行ってらっしゃぁい。ドアを閉めたらまずは
ベッドを整えて、床掃除をして、モップかけ。1丁先のウクライナ人のベーカリーにひとっ走り
してバケツに入ったファミリーサイズ(2人なら2日分)の肉入りボルシチを買って来て、半分
を温めてランチ。

おいしいボルシチで温まったら、先月高さと色を指定して特注したスツールが届いているの
で、コクィットラムまでトラックでひとっ走り。バーのスツールを色違いで1個足して、カレシの
園芸ルーム用に別のデザインを1個。ケベック州のTricaという家具会社がモントリオール
郊外で注文製作しているもので、座り心地が良いので気に入って買い足しているうちにこれ
で3種類、合わせて6個。さて、今日の予定が済んだから、嵐のごとく仕事と行くか・・・。

   
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予想はしていたけどやっぱり... | トップ | マンション管理組合の年次総会 »

コメントを投稿

日々の風の吹くまま」カテゴリの最新記事